⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年2月にエイダコインが公開される予定でしたが、延期になっているようです。保有者の方々は首を長くして待っていると思います。

最近ノアコインに話題を取られているエイダコインですが、私は個人的に物凄く期待しています。公開日が待ち遠しいですね。最近の情報も一緒にまとめてみました。

エイダコインとは?

未公開仮想通貨の銘柄

エイダコインという名前の前に、そもそも仮想通貨【暗号通貨】という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

日本円、米ドル、ユーロなどを法定通貨と呼んでいます。これらは国の中央銀行が発行しているお金のことですが、仮想通貨は、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せずに専門の取引所を介して、円や米ドル、ユーロ、人民元などの法定通貨と交換が出来るお金です。

仮想通貨の種類は600種類以上とか1500種類以上とか言われていますが、はっきりしないのはある程度のプログラミングの知識があったりコンピュータに詳しい人であれば簡単に発行する事が出来るものだからです。

つまり、詳しい人に依頼すればあなたの名前の通貨を発行する事も出来てしまい、尚且つ1通貨で1億円という価格設定も自由に出来るのです。

仮想通貨の価値【価格】は、需要と供給のバランスによって設定されます。そして、どの通貨も発行枚数は決まっているので、日本銀行のように増刷したりする事は出来ません。

エイダコインはその仮想通貨の中の1つの通貨であり、まだ一般公開されていないので時価総額ランキングに名前が挙がったりもしていません。一般公開後にどれほど需要が増えるかを注目されている銘柄です。

ビットコインとの比較

仮想通貨と言っても数多くの種類があり、その中で1番認知度が高いのがビットコインです。なぜビットコインが認知度が高いかというと、それはこの通貨が通貨の機能的に優れているからではありません。

1番最初の仮想通貨だからです。1番最初の仮想通貨だから基軸通貨などの言葉で修飾されたり色々な恩恵を受けていますね。ただ、最近の決済処理スピードは、正直遅いなー!と感じることが多いです。

この決済処理速度の遅さがビットコインの最大の弱点とも言われています。そして、ビットコインは送金用としての役割がメインであり、それ以外の価値はあまりありません。

しいていえば、自国の通貨がデフォルトすることを恐れ、資産を保護する目的で所持資産をビットコインに交換するという使われ方がある程度だと思います。

そうは言っても、基軸通貨としての認知度は凄くて、今(2017年2月27日)では1BTC =135,000円にまで上昇しています。日本国内でもビットコインを取り扱える店舗が急増しています。(主に東京ですが)

エイダコインとビットコインを比較した場合、エイダコインの通貨としての機能性はビットコインに負ける部分は一切ないとのことです。エイダコインを手掛けている人が有名な天才数学者のようで、何でも時価総額ランキング1位から10位までの全ての通貨が出来る機能をエイダコインは備えているようです。

通貨の機能性への開発に凄く力を入れているんでしょうね。ビットコインに負ける部分があるとすれば、後発の為に認知度が劣ることぐらいです。

プレセール期の販売状況

エイダコインはプレセール期の販売でイーサリアムを抜き、世界1位なりました。それだけでなく、3期のプレセールはあっという間に予定販売数を完売してしまい、3.5期なるものが緊急に用意されていました。

4期は完売になったという話は聞きませんでしたが、2017年1月31日までしっかりとプレセールしていましたよね。

プレセール期は最安値で交換できるメリットもありますが、勿論デメリットもあります。

何かというと、本当に公開されるのか?頓挫しないか?などの不安がよぎるのも公開前ならではだと思います。それでも、プレセール期に期間によっては即完売になったというのはそれなりの人気の秘訣があるのでしょうね。

詐欺とは思えない開発メンバー

エイダコインがプレセールから好調に販売出来る理由の1つに開発メンバーが挙げられます。実際公開されるかどうかも分からず、デジタルの通貨にお金を払う身にとっては、そのプロジェクトに誰がどのように携わっているのかは気になるポイントですよね。

チャールズホスキンソン

この方は、仮想通貨の業界では最も有名な実績のある方なんです。過去に【イーサリアム】と【ビットシェアーズ】という仮想通貨を開発しています。どちらも時価総額ランキングで10位以内に入っていますし、イーサリアムに限ってはビットコインに次ぐ2位なので後発の仮想通貨では評価が1番良いということになりますよね。

おそらくこの方が、開発に携わっていることによってエイダコインの信用度が増していることは間違いないと思いますし、このチャールズホスキンソン氏も「エイダコインが集大成」と言っているので、開発に尋常ではない力が注がれているのだと思います。

この方は、アメリカのTEDというプレゼンテーションにも仮想通貨のブロックチェーン技術について出演している経緯があります。こちらの番組はその業界でもトップ、又はそれに近い存在の人しか出演オファーは受けられませんのでこれも信頼できるポイントだと思います。

カルダノADA発行チーム

◆チェアマンFCAドバイエミレーツ銀行の創始者の1人

マイケル・パーソン

◆最高財務責任者CFOイギリスの公認会計士

ジョン・マグワイア

◆執行役員Exective Directorフィンテック専門顧問

ブルース・ミリガン

カルダノADA開発チーム

◆最高経営責任者CEOアメリカの天才数学者

チャールズ・ホスキンソン

◆チーフオペレーションオフィサーCOO物理化学博士

ニコス・ベンティニティス

◆マーケティング・ブランドマネージャー

リチャード・ワイルド

以上のメンバーを見ても期待が膨らみますし、プレせールで完売する理由も納得出来る気がします。

エイダコインの付加価値

エイダコインでないと出来ない事

仮想通貨にはその通貨でしか出来ない事があると、それがその通貨の付加価値となって価値の向上に繋がります。エイダコインの付加価値を確認してみましょうね。

ゲームプラットフォームでの専用通貨

エイダコインを基軸通貨として利用できるゲームプラットフォームがカルダノです。

通常のオンラインカジノとの違いは、仮想通貨の仕組みと同様のプログラムを用いることで不正を行うことが出来ないようになっているカジノです。

オラクルやスマートコントラクトというシステムを利用し、公平なゲームを提供できるようになります。逆に言えば、現状のカジノなどは少なからず公平ない可能性もあるという事ですね。よく、胴元が勝つようになっているという言葉も聞いたことがありますが、このシステムを使えば勝てるかどうかは別問題として、誰でも公平に遊べるということですね。

そして、このゲームやカジノの市場がとても大きくて50兆円ほどあるそうです。この市場のユーザーを取り込めればエイダコインの需要が大きくなり通貨の価値も上がりますね。

日本でも法令上「適法」が弁護士に認められているので安心して遊べます。

新興国での身分証としての役割

カルダノの設計構想にこんなものがあります。

「カルダノの目的は、ただゲームをするだけでなく身分証明書として利用できる証明書を新興国に提出」とあります。

エイダコインを交換するときに、顔写真や証明書などの提出がありました。少し煩わしいなとも思いましたが、身分証を提示することで過去の犯罪履歴なども調べてるようです。また、新興国では身分証を持つことが出来ないひとが25億人いると言われていますが、その人たちにもどうにか証明書となるものを発行したいという思いがあるようです。

日本にいると当たり前のように銀行口座や身分証を持っていますが、外国だと当たり前でないことも沢山あるんですね。では、新興国の人がカルダノに登録してもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

最初はアプリで登録してもらうしかないと考えたそうです。しかし、チャールズ・ホスキンソン氏がそれだとなかなか登録してもらえないから、という理由でゲームプラットフォームを思いついたようです。

ゲームプラットフォームが先にあるのかと思ったら、そうではないところに非常に共感が持てましたし、好感がもてましたし、私自身も保有しています。

他の仮想通貨にはない温かみのあるカルダノの理念が非常に素晴らしい上に、通貨の暗号技術も他を圧倒しているので期待できますね。

最新の情報

ノアコインとの比較

マーケティング力の違い

最近、ノアコインというフィリピン国家プロジェクトの仮想通貨のサイトが増えてきました。泉忠司氏がマーケッターを努めていることもあってかもの凄い販売数を記録しているようです。

個人販売金額としてはギネスの1日57億円を記録したようです。こちらのほうはかなり明確にマーケティングを繰り広げてます。運営元のノアファウンデーションが資本投下を行うのですが、インフラ整備や専用のウォレットを配布したり、ノアコインが全店で使えるノアシティーを都市開発したり、、と情報が満載で分かりやすいです。

それに比べてエイダコインは開発技術は凄いと思うのですが、そのネームバリューに頼りすぎているのか、公開後にどんな風に使えるのかを具体的に提示していません。結構謎に包まれている感じがします。

もう少しうまく展開出来たら公開後も需要が高まったり、保有し続けようと思う人も増えそうですが。

エイダコインの公開日

延期が多い理由

1期が始まったときはエイダコインの一般公開は2016年12月とされていました。

しかし、それが2017年2月に延期になりました。そして、今日は2017年の2月27日です。

さすがに問い合わせてみました。すると、すぐに返信をいただけました。

【お待たせした申し訳ございません。CARDANO公開日程は現在、詳細が確定しておりません。確定次第ご案内させて頂きます。なお、今後、順次AVVM(ADA還元=ADAをWeb上に反映する手続き)をご案内させて頂きますので、今しばらくお待ちください】

とのことでした。

セキュリティの安全の為、慎重にAVVMを進めているという情報もありますが、まだかかりそうですね。

まとめ

マーケティング力ではノアコインより劣っていると感じるエイダコイン。謎も多く、公開日が待ち遠しいですね。

期待値は相変わらず高いと思いますが、あまりに待たされて、時々忘れそうになるのでどうにかしていただきたいと思いますね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する