⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインの登場と普及によって幕を開けられた「暗号通貨」の世界に、全く新しい発想の新星が登場します。

「宝くじ」を全自動・全世界共通の仕組みのプラットフォームを用いてネットワーク上で提供する仕組みを、新しい暗号通貨と共に創りあげようというのです。

Quanta(クオンタ)

ブロックチェーンのテクノロジーに基いて開発された『Quanta(クオンタ)』は、すでに世界の主流暗号通貨プラットフォームとしてその技術と信頼性が市場に認められ確立されたシステム『Ethereum(イーサリアム)』上で構築された次世代の宝くじプラットフォームです。

QuantaのプラットフォームにはEthereumによって実現された最新技術『スマートコントラクト』が装備されています。

スマートコントラクトの採用により従来の社会・経済の制度や仕組みの枠内では保証が難しかった金銭や事業プロセスについての透明性や公平性が、「人為的な操作の及ばない」システムによって担保されることになります。

開発陣

この新暗号通貨『Quanta』の開発には、ベトナムのホーチミンシティ(Ho Chi Minh City)を本拠とする研究開発機関『CARDANO Labo』が開発パートナーとして名を連ねています。

CARDANO Laboは東南アジア最大規模のブロックチェーン及び暗号通貨技術の専門研究開発機関で、ベトナム以外にも日本、、カナダ、ポーランド、カザフスタン等から参加した約50名の研究員を擁する国際的開発組織です。

マーケット

Quantaの担うマーケットは、2019年には年間40兆円を超えると予想される宝くじのマーケットに加え、世界人口をも上回る75億回線もの契約数を誇る携帯電話ユーザーのマーケットも視野に入れています。

今後世界の人口増加の割合について、新興国、中進国の中間所得層が先進国を遥かに凌駕する時代になっていきます。それらのすべてを最先端のブロックチェーン技術で、世界中の誰もが参加できる新たなる新経済(ニューエコノミー)の創造を目指します。

独自のトークン「QNT」

Quantaのネットワークではでは独自の通貨(トークン)である「QNT」を発行する予定です。QNTは暗号通貨技術を用いた暗号トークンとして発行され、様々な権利が付与され、QNTを所有することで、全世界に広がる暗号通貨宝くじQuantaの利益が分配されます。

また、一定以上QNTを所有することで、クジの販売店として活動できる権利を得られます(ただし、宝くじの適用国でのみ)。

「QNT」には多くの特徴や用途があり、 全ての権利は分散型自動組織として機能し人の手を介さず確実に付与されることになります。

従来の宝くじの問題点を解消する仕組み

低い還元率

現行の宝くじの実効還元率は50%を下回ります。その主な理由としては人件費と広告費が挙げられます。

また日本の場合、宝くじの発行による収益は各自治体の財源の一つとしての位置づけなので、収益を確保し自治体の財政の充実を図る目的で還元率が売上げの5割を超えることの無いよう制定されているという事情もあるようです。例えば、2008年度の宝くじの払い戻し率は約46%だったということです。

人件費

宝くじの発行から金銭管理に至るまでの全ての作業工程に膨大な数の人員が関わっている現在の仕組みでは、どうしても多大な人件費がコストの大部分を占めることになります。

広告費

宝くじの発行と販売には毎年膨大な金額が広報宣伝に費やされています。

マスメディアを通した広告宣伝だけではなく、各地でのイベントやアトラクション、印刷物に至るまでの、あらゆる広報手段がそのまま大きなコストになっています。

Quantaが実現する新しい「宝くじ」のかたち

宝くじの販売から抽選、払い戻しや配当までのあらゆるプロセスを、全てイーサリアム上のスマートコントラクトで実行してしまうQuantaはコンピュータよる全自動制御の仕組みによって運営されます。運営プロセスに人間の手が介在されることがないので、人為的ミスも不正も起こる余地がなく、透明性に富んだ仕組みがオンラインで実現されます。

世界中の人たちがインターネットを通して、安全で公平なQuantaの宝くじに参加することが出来る様になるわけです。現在世界第2位の流通量を誇る暗号通貨プロトコル『イーサリアム』を採用したプラットフォームの仕様で、ブロックチェーンの技術に支えられたシステムが人為的なミスや不正、プログラム改ざんなどのリスクを極限まで小さくしています。

圧倒的な還元率

Ethereum (イーサリアム)に裏打ちされたシステムにより全自動で作動するQuantaならば宝くじの運営のための人件費はほとんど不要になる訳ですので、運営コストの大幅な減少が可能になり、その分還元率は高くなります。

目標とされる還元率はなんと85%とされています。

不正の抑止・防止効果

この新しいオンラインシステムでは宝くじの販売から抽選、払い戻しに至るプロセスに人の手が介在する余地が殆どなく、その各工程はBlockchain上に自動的に記録が保存されるため、抽選プロセスへの作為的介入や横領、抽選結果などの記録の改ざんなどの人為的な不正行為は実質的に出来なくなります。

世界中の全ての人に平等なチャンスが与えられる、透明性・安全性の高いオンライン宝くじが実現されることになるのです。その運営に人の意思を一切介さず、国境も経済格差も関係なく世界中の誰もが自由に購入することのできる新しい形の宝くじを、Quantaは圧倒的な規模で実現します。

Ethereum(イーサリアム)が実現する全自動処理システム

Quantaは、発券から販売、抽選、払い戻しに至るあらゆる工程をイーサリアムのプラットフォーム上で自動的に処理することができます。

この仕組みにより運営元と参加者の間の信頼関係と取引の安全性とを、ブロックチェーンの分散型のデータベースを構築する世界中のコンピュータ・ネットワークが極限まで高めています。

P2P(Peer to Peer)の考え方

ネットワーク上で互いにつながった端末同士の間で、個人と個人が直接データをやりとりする方式で、取引内容の認証に第三者機関を必要とせず、文字通り二者間の直接取引が普通に行われるようになると予測されています。

Blockchainブロックチェーンによる台帳の分散管理

ブロックチェーンの採用により、取引台帳にあたるデータベースがネットワークに連なる端末全体で分散的に保持・保管されますので、中央管理型の台帳と比べてシステムダウン等のリスクもなく、取引と記録の安全性・信頼性が担保されます。

Quantaのプレセールと公開日

2017年2月現在、Quantaのプレセール期間が継続中となっています。目下の予定では、このまま2月末までプレセールが行われ、その後2017年3月に市場で一般公開されることになるようです。

実はQuantaの「プレセール」ならびに「市場での一般公開」の予定に関しては昨年の段階から先行き不透明な要素が多く、予定変更も度重なったことでこの新たな宝くじシステムに対する期待とは裏腹に、その実現性に対する不安や疑念を表わす情報もネット上に散見される事態となったことは事実です。

全く新しい技術と制度設計上のコンセプトに基づくシステム開発と、プラットフォームの円滑な稼働の検証には実に多くの時間と多大な労力が必要とされ、様々な困難もつきものです。開発の過程においては様々な要因でもたらされ或いは明らかにされる課題も次々と出現することが考えられます。

そうした一つひとつの課題や状況の変化に柔軟かつ臨機応変に対応することが、開発段階では最も大事なことと言えます。そのような、新システム開発のもっとも重要な局面においては、無用な疑心暗鬼や根拠のない流言飛語に惑わされることなく、しっかりとした視点と明確な目的意識を持って、正しい情報を取捨選択し求めてゆくことが大切です。

世界中のあらゆる階層の人々にとって、より公平性が高く還元率も高い「夢の次世代宝くじ」の開発と普及のプロセスについては、引き続き冷静な目で注目してゆきたいものです。

まとめ

「ブロックチェーン」と「スマーコントラスト」という最新のテクノロジーによって支えられた新世代の宝くじのプラットフォームが、国境や経済格差も関係なく世界の宝くじ市場に技術革新をもたらし、新しい全世界共通の暗号通貨によるオンライン宝くじプロトコルQuantaを実現させてゆきます。

これらの最新技術によって、世界中の利用者の間で交わされた取引の記録を人為的なミスや不正、システムの破綻リスク等から守り、コスト削減と安全性・信頼性の向上を実現した“究極の公平性”を持った新世代の宝くじの仕組みが、まもなく実現されます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する