⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回はビットコインの購入方法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

仮想通貨に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ビットコインとはどんなコインなの?

ビットコインは暗号通貨

ビットコインはリアルなお金ではなくインターネット上に存在し流通するお金。暗号通貨であり世界共通通貨です。日本では仮想通貨やデジタル通貨との呼ばれています。

仮想通貨やデジタル通貨という言葉として聞きなれないし意味もわからないと思いますが、実際には馴染みがあり、毎日のように使っているのです。

例えば、電車に乗るときに使うスイカや自動車のETCカードやTポイントカードなどもそうです。また、複数の電子カードは互換性を持ち、たった一枚で交通機関の利用、コンビニや飲食店、薬局などの店舗などで使うことができます。これらもデジタル通貨と言えます。

今デジタル通貨は社会に馴染み、わたしたちの生活を便利にしてくれるなくてはならない存在になっているのではないでしょうか。ちょうどインターネットや携帯電話がなくてはならないのと同じようですね。

ですから、仮想とか暗号という言葉だけで判断するのは得策ではないと思います。

なぜビットコインが普及してきたのか?(特徴)

送金コストが低い、安全性が高い、便利

国境を超えて個人間でも直接取引ができるので送金手数料が安い。その上、速度も銀行のように時間がかからず速い

匿名性が高い。つまり、個人名ではなくビットコインアドレスで取引出来る。送金などの取引は多数の第三者が監視するの仕組みになっているので偽造できない。

各国の通貨と交換できる。

発行上限枚数がきまっているので、インフレの心配がない。自国の法定通貨は安定していないと破綻の恐れがある。

電子マネーなどの特定の企業が発行するものではないので倒産のリスクがない。

日本のみならずネットショッピングや店舗での買い物、飲み会でのわりかんなどができ、ポイントとの交換、日本円でのビットコインの売買などもできる。

この仮想通貨の世界に名だたる大企業が参入しよとしています。それは、Google、アップル、マイクロソフト、IMG、ナスダック、そして日本では楽天やNTT、リクルートなどの誰もが知る大企業です。

なぜでしょう。

その1つはカード手数料が安いからです。およそ5%かかる手数料が仮想通貨ではほぼゼロです。

Amazonを例にすると今期の売り上げは231億ドルでした。その5%、約11億ドル以上もの利益が増えることになるのです。しかも、即時決済されるので銀行振込のように金融機関の都合でタイムラグが発生することもありません。企業にとっては大問題ではないでしょうか。金額が半端ではないのですからね。

投資として期待できる

投資対象としても注目をあびている。

現実に去年の2月と比較すれば2倍は優々超えている。多くの予想では2017年には1ビット200000円には達するとも言われています。

ゼロ金利が長く続いていますが、長い目で見ると、上がり下がりはあるものの銀行よりはいいのではないかと思います。銀行だから安心とも言えない時代になっています。また、インターネットバンキングであれば、システムが破られれば、データだけのお金はすぐに盗まれてしまいます。

でも100%ではない

法的責任を持った主体がなく保証がない。何があっても全て自己責任。

資金洗浄や薬物取引に悪用される可能性がある。その防止のための対策もアメリカなどでは国をあげて考えらているが、簡単ではない。

国によっては規制する動きもある。2015年6月時点ではインドネシア、ロシアでは禁止、中国では2014年4月中旬に取引所や口座を閉鎖し始めた。

相場の変動が激しい。2月の初めも1日で6000円位上昇していた。また、逆も可能性はある。

ビットコインを購入する大まかな流れ

取引所と呼ばれる仲介業者で円やドルと交換する。coincheck,BTCBOX,Bitflyer他にもあり、少しずつ内容はちがっている。

仮想財布(ウォレット)を作成します。登録するとIDが発行され、ビットコインの管理や運用ができる。

アカウントを作成します。作成に必要な書類は、Facebook認証orメールアドレス+SMS認証。それに銀行口座振込が必要なところもある。

かかる手数料は0円のところもあれば、0・2%、取引量に応じて加算されるところもあります。購入にかかる時間は最短10分〜1日というところもある。

取引営業時間は24時間365日というところもあれば9時〜19時というところもある。

ほとんどのひとが昼はどこかへ勤めてよるに作業にかかることが多いと思うので24時間365日が絶対便利だとおもいます。

Coincheckの場合

購入時の支払い方法

1:銀行口座振込

指定口座に日本円を入金するとビットコインが買える状態になる。

2:アカウント登録

メールアドレスやパスワードを入力することにより、アカウントが作成完了となる。

入力した自分のアドレスに確認メールが届くので、文中のURLをクリックする。

3:日本円の入金には電話番号の登録が事前に必要となる。

電話番号を入力して送信ボタンを押すと、携帯電話にSMSメールが届きます。メールに記載されている認証コード6桁を入力して認証を完了させる。

4:指定口座への振込

ビットコインを買うために日本円を指定口座に振り込む。

5:入金の確認

coincheckにて支払いの確認が取れて入金金額が反映される。

6:購入するビットコインの数量を入力する

購入額は日本円でも確認できます。

最後に、ホーム画面上に購入したビットコインが反映されたら購入が完了です。

クレジットカード支払いでビットコインを購入する場合

1・2は銀行口座振込と同じです。

3:本人確認書類提出。

電話番号の登録と合わせて、本人確認書類の提出が事前に必要となります。

本人確認ページから必要な書類を提出してください。

4:クレジットカードでビットコインを購入する

さて、いよいよ購入です。今までと同じ画面に、「クレジットカードで購入する」から入り、5000円分、10000円分、50000円分、100000万円分のどれかを選択する。または任意の金額を入力して「購入する」をクリックする。

5:別ページにてクレジットカード情報を入力

6:入力が終わったら「決済開始」をクリックして購入完了

ビットコインの保管

取引所はあくまでも「取引所」であって「保管所」ではありません。

保管は誰かにしてもらうのではなく自分で保管します。ビットコインウォレットというビットコインのお財布です。

普通のお財布であれば、お金を入れて持ち運びますね。でも100万円という大金を財布に入れて持ち運ぶ人はあまりいないでしょう。

だから、用途目的の違った2つのお財布が必要になってきます。

利用(決済)に適したお財布

保管に適したお財布は家に置いて必要な時に出していきます。見かけはメモリースティックのようなものでパソコンに装着して使います。パソコンが壊れても何ら心配はありません。たたし、購入には何千円かの費用がかかります。

パソコンのセキュリティーは絶対条件ですが接続していない限りはオフラインでビットコインを管理し、危険性はほとんどありません。利用(決済)に適したお財布です。

多くの人は普通にスマホなどの端末にアプリをダウンロードするモバイルウォレットを使用しています。

ウォレットの怖いところは、水につけたり、落としたり壊れてしまったらバックアップしてない限り一瞬でビットコインが無くなってしまうところです。

再度ダウンロードすれば復元できるような機能のついた商品もあるようなのでここだけは確かめてから選ぶのがいいと思います。

まとめ

私の体験談です。わたしはビットコインの代理店になっています。その会社の話です。

将来、インターネットや携帯電話や電子マネーが急激に普及したのと同じように仮想通貨とりわけビットコインがオリンピックを目がけて同じような普及が見られると睨んでいる人が少なくありません。

であるなら、今必要なのはアクティヴな人材です。そのためネットワークを利用して美味しいボーナスを与え一定数の人を集めようと努力をしています。

でも、一定数に達した時には、一般ユーザーに向けてコインの売買やATM設置などの本来業務による収益を期待しています。

自分が紹介する、またはアップが紹介した人を自分につけてもらうなどして2桁や3桁の収入を得ている人もいますが、紹介が苦手な人は苦しいかもしれません。やはり運もあるように思います。

私はコインを少しだけ持っていて、もっと増やそうかなと思って思案している間に運悪く価格が跳ね上がってしまって買いづらい思いをしています。

今回は誌面の関係上書けませんでしたが、2017年には1ビット2000ドルにはなるだろうという予想がされているということは既に書きましたが、外人が続々とやってくるオリンピックまでには、想像もつかない事になっているかもしれません。

私はコインを少しだけ持っていて、もっと増やそうと思って思案している間に運悪く跳ね上がってしまい買いづらい思いをしています。

2016年のノーベル賞にはノミネートされましたが、受賞までは届きませんでした。2017年はどうなるか楽しみです。

何れにしてもチャンスを逃して後で悔しい思いをすることのないようお互いに検討してまいりましょう
 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する