⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の中でも少し変わった特性を持つ【リップルコインに】ついてまとめていきたいと思います。

また、2017年に投資しても大丈夫なのか?と迷っているあなたに少しでもアドバイスできれば幸いです。

リップルコインとはどんな通貨?

リップルコインは通貨自体に資産価値を持っているわけではない点で、ビットコインを初めとするその他の仮想通貨とは特徴がかなり異なっています。

では、一体どんな通貨なのかを探っていきましょう。

他の仮想通貨とは使われ方が違う

名前の由来

まず、リップルコインという名前です。実はリップルというのは【金融商品の決済・送金システム】のことでコインの名前ではありません。

時価総額ランキングでは【XRP】と表示されているのがリップルのコインです。ただ、既にリップルコインという名前で知れ渡っているのでリップルコインという名で話を進めていきたいと思います。

仲介通貨としての役割

この通貨は他の通貨とは違う特徴があります。

通貨間のやり取りをする時に、通常の海外送金では中継の銀行を通しますが、【リップルの決済システム】を使えば、スピーディなーは送金をほぼ手数料無しですることが出来ます。

そもそも、仮想通貨の特性として海外送金手数料が安く、しかも送金スピードが早いというメリットが挙げられることが多いですが、実際にあなたがその事を行う時に想像してみてくださいね。

あなたがアメリカに出稼ぎに行ったとします。仕事での給与をビットコインでもらえるとします。日本にいる家族になるべく安い手数料で送金したいと考えたからです。ビットコインで日本にいる家族に送金します。

銀行を介する送金と比較すると、とてもスピーディーに送金出来ました。家族もすぐに受け取れて喜んでいます。そして、日本の国内ではあちこちの店で仮想通貨が使えるようになっていて、円が必要なくなっています。だから、ずっとビットコインを初めとする仮想通貨で生活しよう!もう円はいらないし、銀行も必要ないね!

これは仮想通貨を保有している人々が描く未来です。こうなればいいな!の世界です。実際にこうなるにしてもやはり時間はかかりますし、そこには多数問題も発生してくるでしょう。

ずっとビットコインで生活するような未来を夢見つつも、やはり現実を見なければいけません。

送金するのがあなたとして、安く送金するにはどういうプロセスで送金しますか?

ドル→仮想通貨に交換して送金→着金した仮想通貨を円に交換→円として使用する

これが現実的ではないでしょうか?

しかも、これが【ドル】や【円】のような有名な通貨ならすぐ仮想通貨に交換出来ますが、マイナーな通貨だと交換回数が増えて、手続きも複雑になってきます。

【仮想通貨も含めあらゆる通貨の決済を一瞬で処理できるリップル社の決済システム】を利用するときに使うのが仲介通貨としての役割を果たす【リップルコイン】ということです。

リップルラボ社

リップルの仕組みをつくっているアメリカのベンチャー、リップルラボ社のクリス・ラーセンCEOは『既存の金融業界と強調し、新技術の普及を目指す』と発言しています。

◆我々はビットコインなどとはビジネスの領域が違う。リップルを使った取引が増えれば、媒介としてのデジタル貨幣の資産価値も高まる仕組みである。

◆国際送金市場はJPモルガンやシティなどの巨大金融機関により独占されている。既存の取引で2日以上かかっていた取引がリップルを媒介すれば5秒で終わり、24時間受付可能だ。仲介機関を介さず、最もレートがよい金融機関に繋ぐので、送金手数料も安くなる。

このことは、取引量が少ない通貨であればあるほどコスト削減につながる。金融機関にとっても高付加価値サービスを提供できるので、利点は大きい。海外送金では、毎日数十億ドルが動き、9千の銀行が決済処理サービスを行っている巨大な市場だ。

上記からも分かるように、決済システムを売りにしている企業で、【既存の金融機関と仮想通貨の新技術】の共存の橋渡しを狙っていると言えますね。また、ターゲットは金融機関などの法人です。

リップルコインの価格推移

発行から今までの軌跡

発行されたのは2013年です。当初の価格は0.6円/XRPでした。この通貨の特徴としては、通貨自体に資産価値を持たないので価格変動は外部環境の影響を受けます。

2013年の12月に最も価格が高騰しました。6円/XRP、当初よりも10倍の高騰です。

(変動要因)ビットコイン側で発生した中国マネーの流入バブルの影響と言われています。

その後は下降して、2014年には0.6円/XRPに戻っています。2014年年末には再び高騰して3円/XRPになっています。(変動要因)大手企業がリップルと提携した事が発表されたなど噂がありますが明確な要因はわかっていません。

2016年6月0.6円/XRPに下降して、現在(2017年2月9日)では、0.7円/XRPで安定しています。

今後の動きと予測

リップルの発行数量は1,000億枚で決められています。これ以上増えることもありません。また、ビットコインのようにマイニングで発掘していくわけではなく、既に1,000億枚流通していますし、管理はリップルラボ社が行います。

つまり、仮想通貨は発行数量が決まっている為、その需要が大きいほど価値は大きくなっていきます。そういう意味で、リップルコインそのものに資産価値はなくてもリップルラボと提携した金融機関の数が増えて、取引量が増えた場合は価値も上がることが想像されます。

ただし、あくまで仲介としての通貨なので、金融機関がリップルコインを長期保有するのかしないのかでも需要は大きく変わってきますね。

リップルラボ社の提携企業

リップルの本質的価値

アット東京が初のValidator運営事業者に

アット東京が2017年2月1日から、SBI Ripple Asia と共同で、日本初となる、仮想通貨XRPのブロックチェーンであるRipple Consensuses Ledger上の【Validatorノード】の運営を開始した。

仮想通貨XRPは【仲介通貨】としての利便性、つまり円やドルなどの法定通貨や仮想通貨も含めた両替を簡単・円滑に出来る機能に特化した仮想通貨である。

仮想通貨であるXRPの運営においては、ブロックチェーンによって分散管理している取引台帳の信憑性、安全性を【Validatorノード】で確認して、承認することが必要になる。Validatorとは、正当で正しく行われたかの検証を行う機能です。

XRPに参加し、Validatorを運営する事業者は、信頼性の高い設備を保持し、公正・中立であることが求められます。今回アット東京はその信頼性を認められ、日本初のValidator運営事業者となった。

アット東京ならびにSBI Ripple Asiaは、この取り組みをはじめ、ブロックチェーン技術を活用したFin Techなどの新しい社会サービス基盤において、革新的なサービスを提供していきたいとしています。

みずほとSBI、Rippleを利用した国際送金実証実験へ

みずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスが、スタートアップであるR3CEV社が主導する分散型台帳技術のコンソーシアムでRippleを利用した国際送金の共同実証実験をスタートすると発表しました。

この実証実験で、日本企業が主導するプロジェクトは初です。

両企業は共同して、R3の他の金融メンバーとの国際送金も視野に入れていて、みずほ銀行のリリースによれば、既にグローバル銀行上位50行のうち12行に導入されて、30を超える銀行が実証実験を終えている。

出資企業

上記の例の他に、リップルラボへの出資企業として有名なのが【グーグル】です。グーグルが出資したことで、信頼性が増したのは間違いないでしょう。

まとめ

2017年にリップルコインに投資しても大丈夫なのか?という事ですが、私の個人的見解では【大丈夫】というところです。

1,000億枚の発行数量があり、リップルラボ社が最初そのすべてを保有していましたが、少しずつ市場に流しています。言い換えればレートはリップルラボ社がレートを完全にコントロール出来る状態にあるということです。

ただ、先にも述べた通り、リップルとは決済システムのことでありリップルラボ社は、これから仮想通貨が世界で広まる時に【既存の金融機関と仮想通貨の技術】のブリッジ役を行おうとしていて、リップルラボ社の【XRP】の価格上昇はその付随効果に過ぎないということです。

とはいえ、【XRP】を取り扱う金融機関は増大するでしょうから需要は高まると思います。

もともと、【仲介の為の通貨】【ブリッジ通貨】と呼ばれていますので、長期保有するための通貨ではありませんが、今後の流れを加味すると下がりはしないでしょう。リップルラボの方針に左右されますので、ある程度緩やかに上昇させるのではないかと思います。(あまりにレート変動が激しいと送金で使用しにくい為)

個人的には、【XRP】よりもリップルラボ社の決済システムの方に興味があります。私も、仮想通貨と金融機関の共存は避けれれないと思うのでリップルラボ社の戦略は応援したいです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する