⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今の日本では「仮通貨は怪しいからやめた方がいい、詐欺である」と言った考えが浸透しています。確かに詐欺であるといった考えに対しては、詐欺通貨も存在しているため否定できません。

しかし、やめた方がいいというのは違うな、と思いました。その理由として…

仮想通貨には今や日本を代表する企業や銀行、ついには日本政府までもが目をつけ始めている

といった事実があるからです!またそういうことから私は、必ず仮想通貨法が今年2017年に施行されると推測しました。

日本は仮想通貨に翻弄されている?

皆さんは、仮想通貨であるビットコインを政府が貨幣として認めた(閣議決定された)という話と2016年に仮想通貨法が決定された、という話を聞いたことがありますか?これは紛れもない事実です。

しかし、なぜ日本政府は仮想通貨に対してここまで慎重に審議を行っているのでしょう。気になる答えは、日本の企業たちの動きに隠されていました。

仮想通貨を導入する企業と政府の関係

仮想通貨を導入している企業というのは年々増え続けているというのが現状です。

例えば仮想通貨の1つでもあり、最も人気のあるビットコイン。これを導入している企業の数は何と世界で80000以上あるといわれています。

(大手企業でいえば「apple」「Microsoft」「楽天」などが導入しているらしく、昨年の3月には「DMM.com 」がビットコイン決済の受付を開始。また、大手ではないものの電力自由で参入したガス会社の公共料金にも採用された)

しかし、このようにたくさんの企業が導入すればするほど仮想通貨は広まっていきます。つまり、今の日本政府は仮想通貨の法律を作らざるを得ない状況下にあるのです。

まぁこれだけだと、日本政府がただの臆病者に見えてしまいますよね。そういった人は…んー…マリー・アントワネットを思い浮かべてみてください笑 彼女は自国のことを考えずにお金を大量浪費してしまったがため、民衆の反感を買い、フランス革命中最後を迎えたといわれてるフランスの王妃です。

そして彼女の「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」は名言?として今でも語り継がれています。

フランス革命時代だからこそ彼女にくだされた刑罰はひどいものでしたが、もし仮想通貨を政府が認めなかったら日本も同じように国民の不満で溢れかえっていたかもしれません。

そうすれば否が応でも政策を立てるしか道はないでしょう。(因みにマリー・アントワネットに関しましては噂が一人歩きしただけであって、そこまで自己中な人間ではなかったらしいですよ)

仮想通貨が使われる理由、政府だけでなく…?

仮想通貨が使用される理由とは?

例え話で話がズレてしまいすいませんでした。話を戻しますね?主に仮想通貨が使用されるようになった理由は仮想通貨のメリットにあると私は考えています。

仮想通貨のメリット

国境がない

仮想通貨は基本的にどの国でも使用可能であり、両替も必要ありません。仮想通貨=その国の法定通貨という風に思っていただいて結構です。また仕組みでいえば、EUの共通通貨(ユーロ)みたいなもの。

24時間365日自由に送金できる

この制度のおかげで私達は時間や時差、銀行の営業時間などを気にする必要がなくなりました。これは忙しい方にかなり役立つ制度ですよね。仕事で送金できなかった、または送金しに行くのに時間がかかり仕事が進められなかったといった時間的問題の解決にも繋がっています。

手数料がかからない

この理由は個人取引だから。もっと簡単にいうとこんな構造↓

日本円→銀行の人が頑張る(ここで生じる人件費などが手数料)→他国のお金に変化!=一般的な方法

日本円→電子メール(何も失うものがない)→他国のお金=仮想通貨を使用した方法

つまり一般的な方法のように助けをかりていないので誰にも払う必要がない、ということですね♪

誰でも簡単に使用できる

そう、スマートフォン、もといスマホがあれば私たちは簡単に誰であっても仮想通貨を使用することができちゃうんです!

銀行口座がない方もこれで安心!ただ、それと同時にデメリットも存在しているので注意が必要ではありますが。

銀行に影響はないの?

正直これに関しては全く影響がない、と言ったら嘘になるでしょう。銀行にとって仮想通貨は脅威そのものですし…。(特に手数料がかからない、送金がいつでも可能になってしまうといった点で)

それはなぜか、なんて説明されるまでもないとは思いますが一応説明しますね。理由は銀行の必要がなくなってしまうから。まぁ、低価格で24時間営業のお店に行くのとそこそこの価格で営業時間が決まっているお店ならばどっちを選ぶ?ということです。

仮想通貨に対する銀行の行いとは?

今や日本の3大銀行ともうたわれる「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」もついに動きを見せ始めています。それは、ファンティックに着手すること。といってもファンティックがわからない人もいると思うのですこ~し説明を。。。

ファンティック…IT技術を使った新たな金融サービスのこと

ビットコインをはじめとする暗号通貨だったりスマホ1台でカード支払い対応ができるモバイル決済だったりケータイに電子マネーをチャージできるおサイフケータイだったり…その他、ネットで振り込みが行えるネットバンク、カードの利用履歴などから自動的に家計簿を作成してくれるクラウド家計簿など様々。

また、日本銀行の動きとしては

・ビットコインについて分析の公開

・日銀ファンティックセンターを設立

リップルを使う銀行も増加中

リップルはビットコインよりも早く決済、送金できるように作られたシステム仮想通貨のことです。リップル=XRPというものを使うことで通常よりも速くその国の紙幣などに変換されます。メリットの時に

日本円→銀行の人が頑張る(ここで生じる人件費などが手数料)→他国のお金に変化!=一般的な方法

日本円→電子メール(何も失うものがない)→他国のお金=仮想通貨を使用した方法

私は手数料がかからない理由をこう表現しました。リップルの場合はこれが

日本円→銀行の人が頑張る(マイナーすぎてわからないため時間がかかる)→マイナーな通貨に変化!=一般的な方法

日本円→リップル=XRP(XRPに変換されるため時間がかからない)→マイナーな通貨に変化!=リップルを使用した方法

こうなるだけです!!!また、リップルは他の仮想通貨とは違い、別の仮想通貨にも変換できるのが特徴。例)リップル→ビットコイン

はい。長くなってしまいましたが、仮想通貨に対する日本の動き、というものが理解できたでしょうか。こういった出来事があるから今年中に、仮想通貨は広がるといわれていますし、仮想通貨法が施行される日も近いといわれているのです。

仮想通貨法

初めの方に私は政府がビットコインを政府が貨幣として認めた(閣議決定された)ということと2016年に仮想通貨法が決定した、ということを書きました。でも仮想通貨法って具体的になんなんだろう、と普通ならば思いますよね。

説明が後からになってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいですが、今からしっかりと説明していきます!!

仮想通貨法の目的

仮想通貨法にはまず、

・テロ資金、マネーロンダリングに利用されるのを防ぐため

・ユーザー保護のため

・取引所での犯罪を防ぐため

という3つの目的があります。全て仮想通貨のデメリットの改善に通ずる物を感じる。。。

そしてこの目的を見て思い出すのはあれですよ…。そう、マウントゴックスによる「ビットコイン消失事件」

この事件は2014年2月、マウントゴックスからビットコインが大量に消失したということから始まり、仮想通貨は危険なものであると日本人に認識させた事件でもありました。

マウントゴックスはもともと、トレーディングカードの交換所として設立された会社でしたが、1年後ビットコイン事業に転換してから、見事に成功をおさめています。しかし成功したのもつかの間、会社は破たん。

結果的に「ハッカーにやられた」と証言していた会社の元社長、カプレス容疑者が逮捕され、事件の謎は解き明かされました。なんともお騒がせな社長ですよね。この事件もかなり目的に関与しているように思われます。

施行された後仮想通貨はどうなる?

もし仮想通貨法が施行されたら仮想通貨に関するルールが増えます。

取引所が登録制になる、金融庁が監督官庁になり、停止等の命令を出せるようになる…など

しかしここで勘違いしてはいけないのは、通貨として認めるまでにはまだいたってないということ。つまり、物としてみることはやめるし、機能的には通貨と何ら遜色ありませんが、同扱いする気はない、ということです。あくまで支払い手段の1つ笑

まとめ

今回の記事はわかりにくかったかもなんでまとめてみます。さいごにリベンジ!笑

まず仮想通貨は世界中に広まっている。が、日本はとある事件により、仮想通貨に対して不信感を抱いていた。しかし様々な利点から一部の人間が使用しだし、それは企業にまで広がる。また、銀行もその危険な仮想通貨の影響力を感じ取り、導入しだした。

政府は徐々にだが普及しだす仮想通貨を見て、また事件が起きないよう政策を立てざるを得なくなってしまう。そうして出来上がった政策がこれから施行されるであろう仮想通貨法なのである。

ざっくりまとめてみたのですが、どうでしょう。まとまってるかな…?

まぁ、なにはともあれ私は必ず年内に仮想通貨法が施行されると思ってます。何か事が起きてから訴えられてもこまるのは政府ですからね(^-^;)

あ、因みに最後の仮想通貨法の詳しい内容を見たいという方はぜひ検索してみてください!私は自分なりの要約をしてしまったので。。。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する