⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

liskコインは、2016年5月に開始されたイーサリアムの次世代の仮想通貨として注目されています。

Microsoft Azureとパートナーシップを結んだことが話題になり、現在時価総額約40億円に成長しています。そんな投資としても有望なliskコインについて説明したいと思います。

liskコインとは?

liskコインは2016年5月頃に誕生したビットコインの技術を応用した次世代の仮想通貨の一つで、現在イーサリアムの子分のような立ち位置です。

lisk(リスク)とは、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps:Decentralized Applications)という意味です。DAppsは、リップルのような中央集権型仮想通貨ではなく、ビットコインやイーサリアムなどの非中央集権型=分散型仮想通貨で用いられていて、ブロックチェーン技術を駆使して中央主体なしにどの場所からでも送金が可能な仕組みです。

また、liskコインは、Microsoft Azureとパートナーシップを結んだことで話題になりました。

このDAppsを「Lisk」、DApps内の仮想通貨名を「LISK」と表記され、その通貨の単位は「LSK」で、総発行枚数に制限はありません。

liskコインの特徴、イーサリアムとの比較

liskコインの特徴として主に2つ挙げます。

言語にJavaScriptを使用

liskではスマートコントラクトの記述言語に、「Javascript」を採用しています。「Javascript」とは、様々な環境で動作する軽量なプログラミング言語です。

主にWebブラウザ上で使われており、Webページに動きをつけたり、計算をさせたり、時刻を表示したり、さらにはゲームまでできたりします。「Javascript」を採用することで、webエンジニアにとっては開発に参入しやすい利点があります。

サイドチェーンの使用

liskはDAppsの基盤にサイドチェーンを使用しています。

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーン間で仮想通貨のやり取りを双方向で行い、様々な機能等を実装しようとする技術・プロジェクトのことであり、特にビットコインのブロックチェーンを「親チェーン」としたとき、その他のブロックチェーンをサイドチェーンと呼びます。

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンのスマートコントラクトのコードを書くのではなく、それぞれのDAppsにひとつずつブロックチェーンを用意し、その上にコードを書いて動作させるようになります。

つまり、すべてのプログラムを一つだけのブロックチェーンだけで動かすよりも、サイドチェーンを使った複数のブロックチェーンを使って別々に処理することで、処理速度の速さで他の仮想通貨より優位に立っています。

これは分散処理と呼ばれるネットワークを通して負荷を分散し、より高速で処理できるシステムを構築しているからです。

イーサリアムとの比較

イーサリアムはマイクロソフトとの提携が発表されたことで一気に注目を集めました。

イーサリアムは仮想通貨としてだけでなく、そのプラットフォームの将来性が高く評価されています。

イーサリアムのプラットフォームの特徴として「スマートコントラクト」(契約の自動化)が挙げられます。ビットコインのブロックチェーンは通常、ビットコインの移転の情報しか書き込めませんが、イーサリアムのブロックチェーンにはより複雑な内容を書き込めるようになっています。

例えば、誰にいくら借りて、担保はどれで、いつまでに返済するといった契約内容をブロックチェーンに書き込むことができます。その契約は特定の認証機関を通さず、ネットワーク参加者全員で管理されます。

 

Liskは上記のイーサリアムとほぼ同じ機能を有しながら、イーサリアムではメインチェーンなのに対し、liskはサイドチェーンがDAppsの基盤になっており、バグなどの不測の事態にも対処しやすい拡張性の高さと流通の小回りの良さが利点です。

またイーサリアムでは、ブロックチェーン専用のプログラム言語を使うのに対してLiskは、世界で最も波及しているプログラミング言語である「JavaScript」をサポートした唯一のプラットフォームですので、既存のプログラミングコミュニティにダイレクトに参入していくことができると予測されています。

liskコインの価格

coincheckの価格チャートによると2017年2月14日現在1liskは、約17円となっています。ここ90日間の相場を見ると、15円~20円の間で推移しています。時価総額は46億円くらいで、それ以外にも流動性や注目性など鑑みたcoincheck独自の仮想通貨ランキングでは、11位にランクインしています。

1~20位近辺の仮想通貨は、十分安心して取引されている部類に含まれているので、より上位に上がっていく期待ができます。

liskコインの購入方法

現在liskは、coincheckウォレットで売買や送受信ができます。

coincheckは、lisk だけではなく、ビットコインやイーサリアム、DAOなどの様々な仮想通貨を扱っている月間の総取引金額が数百億円という大手の取引所です。

簡単に説明すると、自分のウォレットを作成した後、日本円でcoincheckに銀行振込で送金した上で、liskを購入していきます。

「ビットコインを買う」ページからliskを選択し、購入したい個数を入力し、その日のレート換算で購入できます。

liskコインへの投資

liskは、イーサリアムの後発的な仮想通貨であり、まだまだ知名度が低いのが弱点となっています。

「Javascript」という言語を武器に伸びしろは大きいものの、似たような特徴を持っているイーサリアムが先行していることもあり、成功するかどうかは期待値も大きい反面、未知数の部分もあります。

その点を考慮して投資や利用を見極めることになると思います。

個人的な意見ですが、liskはイーサリアムを抜くのは難しいと思いますが、イーサリアムと連動してさらに上位に上がっていくと予想しています。なぜなら、一番仮想通貨のリスクであるプログラム上のバグを引き起こす可能性が少ない、あるいはバグが仮に起きても短時間で容易に修正することができる仕組みを採用しているからです。

ビットコインは匿名性が高い利点がある一方で、取引データの記録には不向きで、契約との紐づけが難しいと言う弱点があります。これは資金の流れの不透明さにもつながるため、マネーロンダリングや不正な取引にも使われやすいと言う欠点にもなっています。イーサリアム及びliskは、契約情報や財産情報を記録できるようになっており、証券や債権として利用可能な仕組みになっています。

Liskのサイドチェーンは現在Liskのプラットフォーム(DApps)上でしか動作しませんが、ビットコインとLiskの互いのブロックチェーン同士が通信可能になるような新たなブロックチェーンができることも期待されています。こうなるとliskは、仮想通貨市場全体が活性化していく引き金的な存在にもなりうる仮想通貨です。

さらにLiskは、イーサリアムよりも拡張性の高さや処理にかかる負担の少なさが売りで、よりそういった機能を生かしたサービスが充実し、有力企業が採用し、実際に使用できる場所や環境が整ってくれば、より投資的にも魅力的な仮想通貨だと思います。

まとめ

liskは分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)でプログラム言語が「Javascript」であるというのが大きな特徴ですが、分散型アプリケーションプラットフォームの分野ではイーサリアムが現在先行しています。

Liskは、サイドチェーンを利用した承認スピードの早さや、より多くの人が利用できるような承認システムのカスタマイズ機能や人気の言語を使用するなどの利点をさらに広め、より充実したサービスやプロモーションが展開できれば、Liskの新規利用者の獲得につながっていくように思います。

また、東京五輪で急増する外国人観光客のために仮想通貨を活用する動きも耳にします。そうなれば仮想通貨全般の値上がりが期待できるし、技術的な優位性のあるイーサリアムはビットコインよりも値上がり率が高くなりそうだと思います。

そのイーサリアムと連動してliskも値上がりするだろうと予想ができます。現在ならイーサリアムより価格が低く、大量に購入することも可能なので、中長期的に10倍、さらには100倍を狙える注目の仮想通貨の1つだと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する