⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨という話題がここ数年活発になりつつあります。ビットコインのように価値が何万倍に跳ね上がったドリームな仮想通貨もあれば、公開後すぐに価値がゼロ近くになってしまったり、そもそも公開されずに消えてしまった詐欺コインといわれるものも存在しています。

今回は仮想通貨が詐欺といわれることが多い理由やその見極め方などを考えてみたいと思います。

仮想通貨とは?

「仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価として送金や支払いの手段として使用でき、中央銀行などの公的な機関の代わりに専門の取引所を介して、現実の通貨(円、ドル、ユーロなどの通貨)と交換できる貨幣価値」のことです。

また現在、1000種類以上という仮想通貨が存在する中で約90%がビットコインの価値でシェアされています。

マウントゴックス事件

仮想通貨が「詐欺」だと思っている人はこの事件の印象が悪いからだと思います。

2014年2月に発生した「Mt.Gox(マウントゴックス)」という仮想通貨「ビットコイン」の取引所が起こした事件です。

具体的には、システム上の不具合を悪用した不正な取引により、利用者が取引用口座に預けていた約75万BTCと同社保有分の約10万BTC、合計約85万BTC(当時のレートで490億円程度)が消失し、倒産してしまったという事件でした。

この事件のニュースはメディアで大きく取り上げられ、「ビットコイン」という言葉が世間に浸透していく最初のきっかけになりました。

しかし、ビットコイン=詐欺のツールというのは誤りで、問題なのはマウントゴックスという取引所そのものだったといえます。実質民間会社で多々起こる横領事件の1つだと思います。

つまり、メディアを通して、ビットコインというワードが一人歩きして悪い印象を植え付けられてしまったと思います。実際には、ビットコインそのものは何の問題もないのですが、「初対面の人は第一印象で決まる」というように悪い印象だけが残ってしまいました。

国内の仮想通貨詐欺事件

2016年に公表された国民生活センターのHPを見ると、仮想通貨への投資という名目で、「必ず値上がりすると言われて仮想通貨を購入する契約を結び、代金を支払ったが解約できない」のような投資詐欺が疑われる事例が急増しているようです。

という注意喚起がされていました。

実際に高齢者を狙った仮想通貨の詐欺被害が急増しているという公的機関からの警告や報道が多数出ているようです。

しかし、相談事例では、仮想通貨の取引価格が将来必ず値上がりするかのような事実と異なる説明が行われ、こうした説明をうのみにした消費者が、仮想通貨の価格変動リスクを十分に理解せず契約してしまったケースが目立っています。

このようなニュースが出てくると、仮想通貨をきちんと理解していない人やそもそも知らない人にとっては、当然仮想通貨の印象は最悪です。

こういう事件が仮想通貨が詐欺などのではないかといわれる原因の1つだと思います。

しかし、現在大抵の仮想通貨は決して詐欺目的で作られたのではなく、投資や利便性の上で急速に拡大しています。

仮想通貨をきちんと理解すべく正確な情報のみに目を向け、根拠のない安易な投資詐欺に手を出さないことが大事かと思います。

詐欺コインが増えている背景

仮想通貨をネタにした詐欺だけではありません。

ビットコインの急速な高騰がニュースになる一方で、詐欺コインと呼ばれる仮想通貨も中には出てきました。理由は簡単、仮想通貨を開発する側が「儲かるから」です。

近年の日本での仮想通貨ビジネスと呼べる動きは、安く仕入れることが可能な仮想通貨を、単純に何倍という価格で売るというものでした。また、独自の仮想通貨を自社で作ることもできます。この場合、売上すべてが利益になります。

その仮想通貨を、あたかも担保性や安全性があるかのようにインターネット上で見せて販売を行えば良いわけです。

しかし果たして、そのようなコインに価値を持ち続けることができるのかどうかは非常に疑問に思います。

一方、仮想通貨に投資する側は、ビットコインのように公開され実績がある仮想通貨や公開される前だが、投資家の間で期待値が高い仮想通貨を選ぶことで投資リスクを分散、減少させることができるのではないかと思います。

詐欺コインと真っ当なコイン

一応、ここではビットコインやイーサリアムのような時価総額が高く、市場に占める割合の高いコイン(ランキング20位以内)を真っ当なコインと呼ぶことにします。

ビットコインは売り出し当初1BTC=8セント程度でしたが、最高値は昨年年末から今年の年明け辺りに記録した1250ドル(約15万円)にまで跳ね上がり、数々のビットコイン長者が誕生しました。

他の仮想通貨でも同じようなことが起こっていまし、将来的にはあなたが仮想通貨長者になる可能性もあります。

現在確認されている仮想通貨の種類は1000種類以上あると言われています。

しかし、その中でビットコインのようにメジャーに使われている仮想通貨はほんのわずか5%程度です。一方残りの95%程度は、詐欺目的で作られた仮想通貨かもしれません。つまり必要とされなかった、ビットコインがあれば事足りる詐欺コインであるということになります。

また公開前の仮想通貨を投資することもでき、公開後に買うより格段に安く手に入れることができます。その期間を「プレセール期間」と呼び、その期間は主に1~4期に分かれており、その通貨の発行者がそれぞれの期間で自由に価格を決めることができます。

公開前の仮想通貨を購入するときは、公開後より安く買えるメリットがある一方で公開されないリスクや公開されてもすぐに底値になるリスクも大きくなります。

それは、発行する側がいくらでもコインを勝手につくることができ、価格も意図的に高値にコントロールすることもできるということです。また、お金が集まっても開発が十分に進んでいなかったり、公開が遅れるのも当然詐欺コインになるリスクが高まります。

では、あくまで投資ですので明確な基準はなくともどういう宣伝や内容のものが詐欺コインと言われやすいのか、次で簡単に説明したいと思います。

詐欺に引っかからないためには?

個人的な詐欺コインと真っ当なコインの見極め方として以下5点挙げます。よほど信頼できる投資家からの情報でない限り買うのは控えておいた方が無難でしょう。また必ず詐欺にあわないという指標ではありませんのでご了承下さい。

①セミナーや友達からの勧誘

セミナーで宣伝したり、投資をしている友達にその聞いたこともない仮想通貨を勧めるのは、公にならない場所で勧誘する必要があるからです。勧誘する人がペアリングボーナスを手に入れるために働きかけることが多いからです。

②最低購入価格額が大きい

10万円からといった最低投資金額の単位が大きいものです。なぜならそのくらい買ってもらわないと大きな利益がでないためだと思います。

本来仮想通貨は、少額で購入できます。ビットコインは、多くの取引所で1億分の1ビットコイン単位で購入可能です。

③価格保証がある

価格は、当社が保証して買い支えるので大丈夫という安心を強調している仮想通貨があれば、怪しいです。

普通に考えると、価格保証をしてくれると安心にように思えますが、これは一般には違法行為です。

例えば株の場合、下がったら当社が買い増すといって株を販売すると証券取引法違反です。

金融商品は値下がりリスクも当然あって、リスクを事前に理解して購入する必要があり、価格を保証するといった無リスクの説明は違法行為で、詐欺に近いと思います。

④得した話のみで宣伝する

仮想通貨を含めた金融商品は得したり、損することもあります。「確実に儲かる」とか「みんな購入した」といった文言は、普通に怪しいです。

これは勝手に発行したコインを、購入者に売りつけること自体がビジネスになっていると思われます。

また、「有名人の○○が買った」などといって宣伝している仮想通貨も危険です。

有名人の人はあくまでもプロモーションの一端というだけの担当なので、そのコインが詐欺か否かは保証していません。あくまで仕事の1つということです。注意しましょう。

⑤日本だけの独占先行販売、プレセール中の価格差が激しいもの

「日本だけで独占販売」、「今だけといった先行販売」という購入チャンスを強調している仮想通貨があれば、怪しいです。

通常詐欺でない仮想通貨は公開後、全世界同時に販売しており、世界中の誰でも許可無く購入できます。

また公開前のプレセール中の期間は価格の調節をコインの開発側で決定することができます。このためこの期間中の販売価格は要注意です。

個人的な意見ですが、判断基準としてはプレセール開始時の販売価格とプレセール最終販売価格の差が2倍以上ものは危険性が高いコインと判断しています。なぜなら本当にそのコインが必要とされたくて世界中の多くの人に使われ普及させたいなら、プレセール中の価格差に差がない方が公開後に一挙に売る人が少なくなるからです。

つまり、公開後のコインの価格の暴落リスクが軽減されることにつながるからです。

将来的な仮想通貨の詐欺リスク

仮想通貨を広く定着させるには、現在の基軸通貨であるビットコインを越える何かが必要です。その機能にインパクトがあり、誰もがそのコインを使いたくなる理由がなければ定着しません。

仮想通貨が出てきた頃は猛烈なスピードで開発されて普及されている一方で、成熟した市場になると新たなものが普及しにくくなります。ネタが尽きるといったことが起こりうるのです。

またどんなに優れた仮想通貨であっても、その優位性を広げるプロモーション活動をしなければ、まず知られることすらありません。まして、仮想通貨の認知度の低い日本ではしっかりとその利便性を知らせる必要があります。

さらに、優れた仮想通貨を使うインフラがなければ現実的に使えません。仮想通貨で支払えるお店やネットショップなどがないと、その仮想通貨が定着することもありません。

その仮想通貨の独自性、プロモーション、インフラ設備などを私たち自身が見極めた上で、その仮想通貨に投資することが求められていると思います。

仮想通貨市場はまだまだこれから大きくなっていくと予測されており、その中で詐欺コインも数も増えると予想されますが、私たち自身が詐欺かどうか見極めることのへの比重が重くなっていくと思います。

将来的に、仮想通貨の中でのリスク分散ということも考える必要が出てくると思います。

まとめ

投資したい仮想通貨がどういった目的で作られたのかが重要で、ビットコインのような既に流通しているコインと比較して独自性があり普及しそうなのか最終的に自己判断しなくてはなりません。

 しかし、仮想通貨の未来は無限の可能性を秘めています。それを利用、応用していくことで数年後、世界は劇的に変わっていくと思います。

だからこそ正しい情報を入手し、正しい判断基準、リスクを熟慮した上で新たな仮想通貨に投資していくのが良いと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する