⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は仮想通貨のメリットについて解説していきます。2016年は仮想通貨の幕開けと言われています。特に興味のなかった人でも、テレビなどのメディアで話題になってきているので、耳にしたことがあるとでしょう。

もう少し詳しいところを是非興味を持ってほしいと思います。

仮想通貨とは?

日本では「暗号通貨」のことを「仮想通貨」と呼ばれています。日本人はこの「暗号」や「仮想」という言葉から連想されるイメージはとても悪いようです。

でもわかろうという気持ちで話を聞けば考えは変わるかもしれませんね。

仮想通貨とはこんな通貨

仮想通貨はその名の通り「仮想」通貨であり、通常の通貨と違って、物理的に「通貨」が存在していません。存在しないものに価値をイメージすることは至難の業だと思います。これから少しづつイメージしていってください。

インターネット上の世界共通通貨

アメリカはドル、日本は円、ヨーロッパはユーロというようにそれぞれの国には国内のみ共通する通貨がありますが、仮想通貨はどこの国にも影響を受けないインターネット上の世界共通通貨です。

海外送金が早く、手数料が安い

一般的な銀行と比べて24時間、365日決済が可能なのです。日本では時間外や日曜休日などは手数料がかかります。銀行は手数料で成り立っているようなところですから止むを得ないです。

しかし、仮想通貨では手数料は数円です。

海外送金の例で言えば、日本からアメリカに送金するとします。送金先のアメリカでは円を自国の通貨ドルに換えます。逆の時も同じで交換しなければそこでは使えません。でも仮想通貨であれば共通通貨なので交換の必要はありません。

手間がずいぶん違います。

その上、何千円という手数料が送り主も受け取り主にも取られます。わずかだから我慢できるというような金額ではありません。

クレジットカードより安心・便利

実際の通貨を使わず金銭のやり取りをしているところは仮想通貨と似たところもありますが、電子マネーは使える範囲がエリアや企業企業に限定されているのに対して、仮想通貨は全世界共通の通貨であるというところが大きく違います。

キャッシュレス時代と言われ、クレジットカードやデビットカードの利用率は年々世界に広がってきています。

現在、各店舗ではカード会社に払っている手数料が半端ではないと聞いています。

決済面でいえば仮想通貨はクレジットカードより低コストで高い信頼性を可能にしています。また、利便性の面ではクレジットカードはチャージしたものは換金することはできませんが、仮想通貨はコインを購入という形になるのでいつでも、換金、送金が自由自在になりますので利便性でも優位に立っているといえます。

仮想通貨にはたくさんの種類がある

仮想通貨と聞けばすぐに思い描くのはビットコインではないでしょうか。でも、この世には信じられないくらいたくさんの仮想通貨があります。

ビットコインと同じ内容のコインであればあまり存在の意義はありません。でも約80%のシェアを持つビットコインに対抗するだけの特徴や特性を持って出現してきているコインがいっぱいあります。

新しく考え生み出されている仮想通貨にはしっかりとした存在意義や特性や利点などが強調されています。

例えば取引履歴が記載される以外に権利関係が明確に証明できる「イーサリアム」。面倒な換金のステップを省いた送金システムを実現した「リップル」。送金が格段に速い「ライトコイン」。記事を投稿して報酬をもらうシステム導入の「Steem」。匿名性に優れた「Dash」。など数は知れないです。

仮想通貨でない通貨との違いは?

一番わかりやすいのは、今現在私たちが使っている通貨と仮想通貨とを比較することですね。

法定通貨との違い

管理者がいない

仮想通貨は貨幣を増減をする管理者がいないですが、法定通貨は日本銀行つまり国が紙幣を発行、調整している。ですから、必要と考えればいくらでも貨幣を増やすことも可能です。

利用場所

仮想通貨は全世界が取り扱い店となるが、法定通貨は主に日本国内利用可。欲しいものがあれば換金などの手間はなくすぐに買えます。

保管方法

電子財布(ウォレット)。これは主にスマホなどに入れて持つ財布です。それとも、取引所の口座に預けますが、法定通貨は自分の財布それとも、銀行の口座に預けることになります。

送金手数料

仮想通貨は一律ほぼ数円ですが、法定通貨は海外送金は数千円(送り先や送金金額によって変わる)で比較にならないくらい安いです。

税金

現在は税金がかかりますが、2017年春を目途に非課税になる見込みで、ますます貨幣としての存在感を発揮しそうです。

安全性

仮想通貨は価格の変動が大きいため投機対象になりやすい。一方銀行の預貯金には金利が付く。(ただし、ゼロ金利)。安全性では両極端そうに見えますが、世界で経済破綻しているニュースなどを知ると不安が募ります。

仮想通貨のメリット

広がり続ける仮想通貨

日本での流通は世界での比ではない。

海外での広がりはすごい

日本では遅々として進んでいない仮想通貨ですが、世界のたくさんの国々で仮想通貨の流通が進んでいます。

世界の国々のあらゆる分野でビットコイン決済ができる

英国カンブリア大学で学費の納付。マレーシアアメリカニューヨークではタクシーの乗車。アメリカ、ケンタッキー州の警察長がお給料をもらう。ドイツのエネルギー会社が公共料金の支払いを可能に。カリフォルニア州では不動産取引もできる。ニューヨークでは駐車違反の罰金を支払える。インドネシア、バリ島の旅行会社の彫金。アメリカ赤十字社が寄付を受け付け開始。

世界のコンビニでは台湾のコンビニ、メキシコのセブンイレブン全店、インドネシアセブンイレブンが10000店舗以上。

ラスベガスのホテルやカジノで利用可能。

誰もが耳にしたことのある大手企業がその可能性と利便性を研究し導入を決定しています。

WordPress(世界最大のホームページ作成企業)

Expedia(世界最大の旅行予約企業)

DELL(世界最大のパソコン販売企業)

Ebay(世界最大のオークション運営企業)など。

カルフォルニア大学ロサンゼルス校bhagwan chowdhry教授がノーベル省委員会から2016年受賞者の候補の推薦を求められビットコインの発明者サトシ・ナカモト氏を挙げていたそうです。

今年はノミネートのみでしたが、この調子で普及していけば来年は期待できるかもしれませんね。

これだけ話題になり広がりを見せているということはそれだけたくさんの人が将来性に期待しているからだと思います。

日本における広がり

日本では公共料金をビットコインで支払える初のが電力会社が出現したことが大きく話題になりました。今後はガスや水道などへの拡大も検討されているらしいです。

また、日本ではレストランやバーなどの飲食店のほかに美容室やネイルサロン、ネットショッピングなど様々な業種に広がり、ビットコインでの決済事業に参入する事業者も相次いでいる。

とはいえ、対応店舗の数が少ないです。2016年で4.5倍に増えたといえども4200か所です。先ずは使える店が少ないので、ビットコインの必要性を感じる人が少ないのは当然のことです。

しかし、2017年の対応店舗目標は20000店舗です。ビットコインが使える店舗が増えるということは将来の普及に大きな影響を与えると考えられます。

日本でたくさんの人に認知されるまでは、日常的な利用というよりも今現在は投機目的の人も多いようです。

金融庁が資金決済法を改正してビットコインを貨幣と定義すると報じました。これは貨幣と認定されれば購入や売却にかかる消費税が非課税になる可能性が高くなることを意味しプラス材料になります。

それでも、仮想通貨は日本人に認知されるのはなかなか困難です。それは「理解できない」「わからない」という人が多いからです。

もしかしたら、正確に仮想通貨のことを知ったとしたら、使いたいという人も増えるのではないでしょうか。

もし、テレビなどのメディアで大々的に報道するようなことがあったとしたら、インターネットや携帯電話の普及の時と同じように急激に跳ね上がるという道筋をたどるのではないかとも考えます。

専門家はビットコインは身近な支払い手段として利用する機会が増えていくとみています。

ただし、投機目的の人に対しては価格が変動するリスクに注意することが重要であるとも話しています。

まとめ

海外でこれほど流通している仮想通貨が日本で遅れている原因としては日本では金融危機や国家破綻に対してそれほど深刻には考えられていないということでしょうね。

日本は借金大国であり、信用不安が起こる可能性は高いにも拘わらず、日本人はどこか楽観主義のところがあるのですね。

どの世界であってもいいものが残っていきます。人々はいつも何かを比較し、取捨選択して生きています、そうなれば、いまこのように世界で認められ流通していることが仮想通貨イエスという答えではないでしょうか。

東京オリンピックに向けて半端なくたくさんの人が海外からやってきます。その時には通貨の両替などの利便性や安全性を考えると外国人が仮想通貨を利用する環境の整備は不可欠になってくると思われます。

日本人の多くは”世界の常識は日本の非常識”だったことに気づくかもしれません。

今後ますます流通を拡大して私たちの生活に浸透していくことは間違いないと思っています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する