⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

モナーコインは、P2Pを用いた日本産で国内初の仮想通貨である。

今回は具体的にモナーコインの購入方法と個人的な意見ですが将来の予測について説明していきたいと思います。

モナーコインとは?

「モナーコイン」は、2014年1月1日にモナーコインプロジェクトによりできた日本産で国内初の仮想通貨である。

モナーコインは渡辺氏らにより開発されたコインで、日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」より誕生し、そのコインデザインはモナーになっています。モナーは「2ちゃんねる」で有名なアスキーアートのキャラクターです(下の画像参照)。

no title

また、コインの通貨単位は「MONA」となっています。

後述で紹介しますが、このコインで他のサイトのいろんな商品と交換することができます。

モナーコインの特徴

①コインの発行元なし

モナーコインプロジェクトにより作成・公開されていますが、ビットコインと同じく管理者がいるわけではなく、コインの発行や運営はしていません。これはオープンソースで誰も不正な行為を行えないような仕組みを作っているからです。

②取引手数料が安い

コインの取引手数料がほぼかかりません(Zaifという取引所で買うと無料)。P2Pにより、世界中のどの人にも即急にコインを送金することができます。

③日本初!国産コイン

日本語のコミュニティやサービスが充実していて日本から世界に発進する仮想通貨です。これがモナーコイン一番の魅力的なところだと思います。仮想通貨に投資したい初心者の方にオススメです。

④「投げ銭」としてのコイン

「投げ銭」とは、一般的にシンガーソングライターや大道芸などの方が公共の場でよくパフォーマンスし、終了後に見たり聞いたりしたお客さんが感動し、演者に任意で渡すお金のことです。

従来は、匿名性の高い2ちゃんねるで面白い投稿やシュールな投稿などをしても何もインセンティブがありませんでした。

しかし、モナコインが誕生し、モナコインアドレスを一緒に投稿することで、投げ銭が可能となったのです。

これはモナーコインならではで、「youtuber」で広告料をもらってお金稼ぎする人々がいるように、「2ちゃんねる」の「投げ銭」だけで生活できる人が出てくるかもしれませんよ。

ビットコインとの比較

またモナーコインとビットコインの違いを挙げるとすると、大きく2つあります。

①コイン発行数

  • ビットコインが2100万枚であるのに対し、モナーコインは1億512枚と非常に多いです。
  • ②ウォレットの作成の容易さ

  • ウォレットの作成に自分のツイッターアカウントだけでできるなど、ビットコインと比べ簡単に作れることです。

モナーコインの価値

リップルコイン

過去、現在の価格推移

2017.2/8現在1MONAは、約3.1円です。

昨年11月からの90日間で2.5円~3.2円の間で推移しています。

公開された「モナーコイン」は、2.5円ほどで推移していたが、2014年3月21日に公開後最高値17.3円をマークし、その後わずか1日で9.9円まで下落して以来、モナーコインはその価格を徐々に下降し、現在は多少の増減はあるものの3円程度で横ばい傾向になっています。

これは当時本物の長野の別荘地(野尻湖グリーンタウンさくらヶ丘)の一区画を5000MONAで売りたいという人が現れたり、ホリエモンがモナーコインについて話すなどメディアに取り上げられたことが上昇した理由と考えられています。

モナーコインの購入方法

ウォレットの用意

実際にモナーコインを購入するにはまずモナーコイン用のウォレットを用意する必要があります。現在以下の2種類があります。

①Monacoin-Qt(ver.0.10.4):モナーコイン公式のウォレットで「Windows・Mac・Linuxなど適用しています。(https://monacoin.org/ja/download.htmlからダウンロードして下さい)

②Monappy:オンラインウォレットの1つ。①のようにPCにウォレットツールをインストールする必要がなく、スマホなどからも気軽に利用できます。
またMonappyユーザー同士の送金ならば、瞬時に行える利点があります。(https://monappy.jp/から登録して下さい)

公式用を用意するとダウンロードする時間などがかかるので簡単に始めたい方は②のMonappyを使用した方が良いと思います。

購入する取引所

2017.2月現在、モナーコイン/JPYを購入できる取引所はZaifです。

Zaifは、ビットコインの取り扱いもしていて、利用者数や取引高も多いので安心な取引所だと思います。一般的な取引所では0.1〜0.5%の手数料が発生するのに対して、現在手数料無料です。日本円を入金するとモナーコインとの取引が行えるほか、モナーコインと日本円での両方で引き出しができます。

Zaifでの購入方法

取引所Zaifのアカウントを作成し、入金

ZaifのHP(https://corp.zaif.jp/)から自分のメールアドレスを入力し、送られてきたメールの中のURLにアクセスし、個人情報等(免許書の写真も必要)を入力するとアカウントを作成することができます。

マイページから入金ボタンをクリックすると、「振り込み名義書式」と「振込先」が表示されます。振込先を指定して、自分の名義名を「振り込み名義書式」通りに記入して振込み下さい。 ※不正送金等防止のため1日5万円を超える銀行振り込みでの入金手続きには本人確認が必要です。

その後、日本円をZaifに入金すると、すぐにビットコイン/モナコインの簡単売買に利用できます。また既にビットコイン/モナコインを持っている場合は、Zaifに直接入金することもできます。

段階認証の設定

またハッキングのリスクを軽減するために2段階認証の設定をオススメします。スマホのアプリケーションを連動させて、様々な動作時にワンタイムパスワードの入力を要求するように設定されます。

2段階認証を設定しておくことで、本人以外の第三者に出金をされるといった被害を未然に防ぐことができます。

モナーコインを扱っている主なサイト

作成したアカウントのマイページから、商品をモナーコインで購入するとき、各々ウォレットのアドレスを介してコインを送金します。いくつかモナーコインを使って実際に取引が行われているサイトをご紹介します。

amaten

アマゾンギフト券などを個人間で割安で売買しているサイト(https://amaten.com/)

まず登録した上で、ギフト券など購入する場合チャージ残高に入金をしておく必要があります。チャージには銀行振込、ビットコイン、モナコインの3種類の方法が用意されており、仮想通貨であるビットコインとモナコインはその時の取引相場で日本円に換金されてチャージされます。特に価格変動が激しいので、換金時には相場をきちんと見てからチャージした方が良いです。

コインギフト

アマゾンギフト券やiTunesカードを購入できるサイト(https://coingift.jp/)

コインギフトでは、欲しい商品を選び、万が一返金が必要なときに必要になる自分のウォレットアドレスを入力した後、送金アドレスが表示され、そこへ自分のウォレットから支払い、商品を得るという流れになります。

Monappy

ギフト券や同人誌やその他の商品を購入できるお店のサイト。(https://monappy.jp/)

オンラインウォレットでありながら、Monappy公式の商品やユーザー間で取引される商品の売買もできます。

monacoinショップ

モナ屋:金券などがモナコイン払いで10%OFFなどで購入できるサイト。(https://monacoinmonaya.jimdo.com/)こちらのサイトは、ビットコインにも対応しているようです。

モナ堂

ハンドメイドのアイテムやゲームや雑誌、CD・DVDを販売しています。このサイトでは、ビットコインは扱っておらず、すべてモナーコインのみで購入可能のようです。(https://monadou.jimdo.com/ )

他にもいくつかあるみたいですが、それなりに取引されているみたいです。

モナーコインの最新情報と将来予測(買い時)

どうやって新しい情報を収集すればよいか?

部分的な情報は、他サイトに出てくることもありますが、モナーコインのメインサイトとしては、以下の2つをご紹介します。

①モナーコインの価格チャート

モナーコインの現在の相場や過去の振れ幅を正確に見ることができます。

②モナーコインプロジェクトサイト

モナーコインに関しては実際取引されているサイトを俯瞰的に確認したり、ニュースとして取り上げられることもあるのでそういった情報をこまめにチェックしておくことが良いかと思います。

モナーコインの買い時

モナーコインを通貨として使うオークションサイト「モナオク」などのサービスも登場していて、コンテンツも充実しているので今後活発になる要素はあります。

また国内外で2ちゃんねるネットビジネスの地位がより確立、認知されていけば、利用者数かつ取引数が増え、メジャーな仮想通貨に肩を並べることができるかもしれません。

他の未知数な仮想通貨を買うよりは、日本国内産の「モナーコイン」に投資した方が価格も安定していますし、無難だと思います。

個人的な意見ですが、価格チャートをご覧になれば分かる通り、現在約3円で、公開されてから最高値が17円、底値が2.5円くらいなのでご自身の投資金額に余裕があればモナーコインを今買っておくことで、再び増える可能性の方が高く将来的にリスクの少ない投資ができるのではないかと思います。

将来的なリスクは?

ビットコインなどのメインな仮想通貨に比べると毎日の相場が激しいので、脆弱さは感じられると思います。

また将来「モナオク」などで詐欺まがいの事案やなんらかの理由で利用者数の激減となった場合、モナーコインの流通や信用がなくなるので価値が暴落するといったリスクは考えられます。

これは、どの仮想通貨にも潜むリスクなので考慮の上、投資していただければ良いかなと思います。

まとめ

モナーコインは、やはり日本初、日本発の通貨として実用面でも投機面でも将来性があります。大きな取引所Zaifでも取り扱っており、モナーコインを使って商品を売買するサイトも多数あります。

ギフト券に換金するといったリスク回避もできる手段も備わっているので、急に無価値になる不安や心配する必要が他の仮想通貨に比べて少ないので、仮想通貨を始めてみたい方にお勧めできる通貨です。

最後にモナーコインは、価格チャートでは買い時にあたる時期なので、長期のスパンで投資を考えられている方には今買っておくのはありかなと思っています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する