⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

暗号通貨は、いま1,000種類以上あると言われています。その中でも特別の暗号通貨がリップル(Ripple)です。というのは、ビットコイン(Bitcoin)をはじめ、その他の暗号通貨は、すべて「決済」のための通貨ですが、リップルは「決済サービス」のための通貨だからです。

決済サービスのなかで使われている「リップルXRP」というブリッジ通貨の価格が、2017年、どういう動きをするか予想してみました。

リップルコインの特徴

リップルコインとビットコインの違い

リップルコインを投資の対象として考える場合、一番重要なのはリップルコインの特徴をおさえておくです。暗号通貨といえば、すぐにビットコインになりますが、暗号通貨の取引高の第1位であるビットコインに対して、リップルコインは2017年1月現在、第3位の取引高になっています。

今後、リップルコインの取引高が伸びて、暗号通貨の取引高のランキングを上げていくのか、その見通しをたてるためにも、リップルコインの特徴をおさえておく必要があります。

リップルコインはビットコインとどう違うのか。分かりにくいところもありますが、簡単にいえば、送金などの決済手段として、直接に使われているビットコインに対して、リップルコインは「決済サービス」のなかで一時的に使われるコインです。

簡単にいえば、AさんからBさんへ、さらにBさんからCさんへと送金をするときに、早くて手数料も少ないビットコインをそれぞれ使います。

この送金で、AさんからBさんへ、BさんからCさんへの送金を途中のBさんを経由するのを省略して、AさんからCさんに送金することもできます。

これをネット上で実現したのがリップルなのです。このとき、AさんからCさんへの送金において、円からドルへの両替が必要になります。通常は、この両替は銀行内部で行われますが、手数料や時間がかかります。

皆さんも、銀行で円からドルに両替するときにかなりの手数料をとられた経験を持ち合わせているのではないでしょうか。

この両替をネットワークシステムで行う暗号通貨がリップルコイン(XRP)です。ですから、一時的にしか使われないコインなのです。円からドルへの橋渡しを行う通貨であることから、リップルコインはブリッジ通貨と言われています。

リップルコインは上限が決まっている

さらに、ビットコインと大きく違う点がもう一つあります。ビットコインの新規の発行は、採掘(マイニング)というビットコインのやりとりを記録する作業に携わる人への報酬として、新規のビットコインが発行されています。

ただし、発行枚数の上限が定められていて、2,100枚となっています。一方、リップルコインは1,000億枚とはじめから発行枚数が決まっています。これ以上、発行されることはありません。

そのため、決済サービスが実行される場合、リップルコインが使われますので、どんどんリップルコインが減少することになります。当然、減少すれば価値があがる可能性もあります。

リップルコイン(XRP)の価格の上昇

リップルは、ネットワーク上の「決済サービス」で、リップルコインはその時に一時的に使われる暗号通貨ですが、「決済サービス」の利用者が増えば、当然、リップルコインもどんどん消費されます。

1,000億枚と発行枚数がすでに決まっていますので、その消費が進めば、リップルコインの残数は減少し、リップルの決済サービスを使いたい人は、リップルコインを確保しようと購入をしようとします。

暗号通貨も、需要と供給の関係で価格が決まりますので、リップルの決済サービスを必要とする人が増えれば増えるほど、リップルコインの価値も上がることになります。

注目されるリップルの決済サービス

世界の大手金融機関の参入

リップルの決済サービスは、企業にとっても金融機関にとっても、きわめて利便性の高いネットワークサービスです。

例えば、服を仕入れて販売する場合を例にとれば、販売店Aは仕入れ先Bに必要なお金の支払いをします。仕入れ先Bは、また、材料等の支払いに必要なお金を生産者Cに支払います。

仕入れ先Bは、お金を納品した販売店Aから支払ってをうけ、それを材料の仕入れ先Cに支払いますが、この取引を引き受ける銀行が、販売店Aから材料の仕入れ先Cに支払ってくれれば、販売店Bは途中の手間や手数料を省けるだけでなく、時間もいっきに短縮されます。好都合ですよね。

銀行の顧客であるA社やB社、C社が、このネット上の取引の利便性を評価してくれれば、積極的にリップルでの取引を活用してみたいと考えるはずです。銀行もこのシステムを活用できれば、顧客をいっそう取り込むことができます。

この効率の良さなどに注目した大手金融機関が、顧客を囲い込み、取引を増加させるために、リップルと提携しはじめました。

代表的な企業に、世界の60ヵ国以上に資金決済サービスを提供しているアースサポート(Earthport)、アメリカ銀行(Bank of America)、アメリカンエクスプレス(American Express),世界最大の送金サービス会社といわれるウエスタンユニオン(Western Union)があります。

今後、リップルと提携する金融機関は、確実に増えていくことと思います。

日本政府も注目しはじめた暗号通貨

日本政府が、仮想通貨(暗号通貨)の法的な規制を検討しています。暗号通貨の普及が一気にすすむなかで、政府としても放置できない事態となり、今までは単なる「もの」でしかなかった暗号通貨を「貨幣の機能」をもつものとして認定していくことがあきらかになっています。

この規制案によれば、暗号通貨を決済手段や、円やドルなどの通貨との交換に使えると正式に位置づけるようです。暗号通貨の取引所がたくさんありますが、それを登録制として、金融庁が監督する官庁になって、詐欺や倒産などで被害をもたらさないように目を光らせるわけです。

リップルコインの価格の動き

公開後のリップルコインの価格

2013年にリップルコインは公開、発行されたのですが、当初は1リップルコイン(XRP)が0.6円でした。その後、ビットコイン関連で中国マネーが大量に流入した影響もあって、2013年12月には6円の値をつけます。およそ10倍まで上昇しました。

その後、リップルコインの価格は下落し、2014年初めには公開当初の0.6円まで下がりましたが、大手金融機関との提携が発表された2014年11月~12月にかけては3円程度まで上昇しました。

それ以降は、ふたたび価格が下落し、2016年6月には公開当初の0.6円に戻りました。

coingeckoという取引所のチャートをみると、2013年以降の価格の変動がグラフになっています。参考にしてみてください。

2017年のリップルコインの価格の動き

2017年に入っても、リップルコインは急騰・急落することなく、ほぼ0.7円前後で推移しています。2016年に比べ、多少上がってはいますが、わずかです。

2017年2月上旬は、0.73円です。年明けからほとんど動いていません。2015年10月あたりから0.7円から1円以内の間で推移しています。

リップルコインの価格の動きをどうみるか

リップルコインの価格の動きをみると、2013年12月の10倍に急騰した時期を除いて、大きく変動していないことがわかります。

公開当初の5倍になった2014年11月から12月にかけては、大手金融機関との提携が発表されたときでした。

2017年のリップルコインの価格予想

参入する金融機関が増えるか

2017年のリップルコインがいままでと同じように、ほとんど価格の変化がなく推移するのでしょうか。

リップルコインの価格の上昇が、提携する金融機関などの増加にかかっていることがあきらかですから、金融機関次第かと思います。

特に、日本の大手金融機関が日本政府の暗号通貨への介入に伴って、リップルとの提携を次々と発表することになれば、価格の上昇は見込まれます。その意味では、金融機関次第ともいえます。

リップルの決済サービスの効率性、利便性に金融機関が注目しはじめていますので、金融機関のリップルとの提携がすすむ可能性は高いです。

急騰するタイミングを見逃さない

リップルコインを購入しておいて、金融機関との提携のタイミングを見逃さないことが重要です。提携が発表されれば、必ず値が上がります。そのときに売却するわけです。

チャンスを逃さないこと、これがリップルコインに投資するポイントかと思います。そのためにも、リップルに関する情報収集を怠らないようにしてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する