⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回当サイトで紹介するのは、ビットコイン、イーサリアムなどと同様に世界中で使用されている「リップルコイン」の購入方法と買い時についてです。とは言ってもさすがに購入方法を全部書くわけにはいかないので一般的かつ初心者でも簡単にできるような方法を何個か紹介させていただきます(;・∀・)申し訳ない…

あ、勿論全ての人のことを考慮したうえで記事を書くつもりなので丁寧に目的や仕組み等も説明しますよ!!なので初心者の方も気兼ねなく見てください♪(必要ない方は飛ばして結構です)

仮想通貨に関して知っておくべき基礎知識

皆さん、物事を知るためには過程を知ることが必要であり、大切なことというのは知っていますか?

そう、道の途中を知る者こそ、その本質を見抜き成功をおさめることができるのです!ですからまずは仮想通貨とはなんなのかについて学んでいきましょう。

電子マネーとは違う?暗号通貨とは?

暗号通貨=仮想通貨、というのはインターネット上に存在する電子的な通貨のことです。しかしこれだけを聞いても電子マネーとの違いがはっきりとわかりません。ですから補足を少々。

暗号通貨は法定通貨に換金可能!

つまりためた暗号通貨を日本で使うお金などに戻して使うことができる、ということです。便利な世の中になってきてますなぁ…

暗号化などの技術で守られている!

暗号化は高度な科学セキュリティとでも思っていただいて結構です。

これらのおかげで仮想通貨は安全性を保ててるといっても過言ではないでしょう。例としてビットコインの技術を上げておきます!ご参考にでもどうぞ笑

・ブロックチェーン技術
・P2P分散化技術
・ブルーフオブワークシステム

・特定の場所に依存していない

銀行や国家に依存していない、というのも暗号通貨の特徴ですよね。まぁ価値として保証する場がない分、2のシステム技術に対する信頼性で補われているのですが。

次は仮想通貨のランキングについてです!何が1位を獲得しているのか…

仮想通貨のランキング

仮想通貨は多少の知識があれば誰にでも作成が可能なため、少なく見積もっても約700種類あるといわれています。一体どれが信頼できる仮想通貨なのかわからなくなってしまいそうですよね。

しかし、考えてもみてください。それだけ種類があるということは裏を返せば人気もはっきりするということ!!その証拠に仮想通貨の人気ランキングはほとんど変化を見せていません。↓

2016年8月

1.ビットコイン

2.イーサリアム

3.リップル

4.ライトコイン

5.steem

2016年9月

1.ビットコイン

2.イーサリアム

3.リップル

4.ライトコイン

5.モネロ

以下現在まで変化なし。

やはりビットコインは断トツトップですね。これがいつまで続くのか気になるところでもあります。

仮想通貨のメリットデメリット

さて、暗号通貨の説明、ランキングときたら次くる見出しは当然メリットデメリット。何が魅力的にうつるのか疑問を持っている方もいるでしょうし…。ね?

仮想通貨のメリット

国境が存在しない

暗号通貨は全世界のどこにいても詐欺でない限り使用することができます。ようするに、国境がないためどの国とでも取引することが可能。

また、送金手数料もほぼかかりません。例えば私が日本から海外へ10万円お金を送金するとしましょう。普通、日本の銀行を通して送金する場合の手数料は5000円かかります。(海外の銀行であってもそれは同様)しかし、それが仮想通貨ならば、全くかからないのです。

理由としては個人取引だからだと思います。人が作業する場合って、どうしても人件費とかがかかるんですがメールにはそういった費用がかからないので、手数料を安く抑えられる仕組みになっているのかと…。

24時間好きな時に送金できる


暗号通貨は電子メールで送られ銀行にも左右されないので、四六時中送金が可能なシステムとなっています。時間を超越し24時間365日送金できるので超便利!!

時差や銀行営業終了時間とかを気にしなくていいということは、社会人の方々からしたらなんともありがたーい機能ですよね。時間泥棒をされることももうなくなります笑

簡単に使用できる

スマートフォンさえあれば、暗号通貨は誰にでも使用することができます。もし興味が湧いた方がいるならば、さっそくアカウントを作成し始めてみましょう!もしかしたら億万長者になれるかもしれませんよ!!

この3つが主なメリットだと私は考えています。

暗号通貨のデメリット=改善点

保証されていない

暗号通貨は先ほどメリットでも申し上げた通り、基本的には安全性が高いです。しかし、100%の確率で安全とは何に対しても言えません。だからもし、パソコンがウイルスに侵されたり、サイバー攻撃を仕掛けられたりしたら私たちは…、とここまで言えばさすがに察することができますよね。

他にも急激な暴落、送金先を見誤るなどすべてが自己責任、自己負担。たぶん最大のデメリットといえるでしょう。

相場が不安定

こればかりは個人的にしょうがないと思います。が、かなりリスキーですし、考え方は人それぞれかも。でも以前に比べ極端な変動がしなくなったぶんマシと考えるのが妥当かと(^-^;)

どちらにせよ成功すれば何を言っても勝者ですし、ポジティブ思考で行きましょう。

なんとなくでもいいのでメリット、デメリットはつかめましたか?これは仮想通貨全てに対して言えますので、これから説明するリップルでもつながってきますよ。

リップルコインのすべて

リップルコインの目的と役割

まず皆さんリップルコインというのは仮想通貨自体のことではありません。勘違いされてる方も多いのですが、「リップル」というのはアメリカの会社「RippleIns」が開発している決済、送金システムのことをいいます。

物と物、お金とお金などの仲介をして、やり取りをスムーズにする、それがリップルの役割なんです。もっと簡単に説明してしまえばそう、銀行のようなもの。と、ここで説得力を増させるために一例。。。

日本のお金はアメリカでは使用できないものなので、一度米ドルにかえる必要がある、それは聞くまでもありませんよね?では、その変更処理をどこで行っているのか。その場所が他でもない銀行なんです。

しかし、いくら銀行でっても経営者、労働者は人間。そのため有名ではない通貨だと変換に時間がかかってしまいます。それを解決したのが仮想通貨リップルでした。

つまり図式で表すと…

日本紙幣ー銀行がお仕事→米ドル =それほど時間はかからない

日本紙幣ー銀行がお仕事→マイナー国の紙幣 =時間がかかる

この2つが銀行の取り組み方です。次にリップルを仲介した図式

日本紙幣ーリップル→米ドル =それほど時間はかからない

日本紙幣ーリップル→マイナー国の紙幣 =時間がかからない

ということ。銀行の必要性をここまで感じなくなるとは、おそるべしリップル。こんなものが日本に出回ってしまえば日本の銀行は大赤字もいいところ。だからこそ銀行も仮想通貨に参入してきているのです。

仲介通貨「XRP」?

前回の見出しで仲介役にリップル、と表示しましたがリップル=「XRP」という言い方をする場合もあります。といっても金融商品の橋渡しが本目的のリップル(XRP)は私たちでなく銀行に使われることが多いため、使用する機会は限られていますけど笑

なぜビットコインの方が人気で、価値が上がらないのか?

実はこのリップル、ビットコインのように保管することも一応できるんです。ただ、もう1度言いますがリップルの本目的はあくまで仲介。また、私達では使用が限られている、と記述しました。長期保管目的ではないし、安全性は非常に低いといえるでしょう。

だから、ビットより不人気なんです。これは私の推測になってしまいますが、銀行がバックにいるためランキングも上位なのかも…。価値が上がらない理由としてはビットに流れちゃってる、というところかと。。。

まぁ、それと購入しないは全く別物だと思いますが。因みに購入する側としては、すでに爆発してるビットの陰に隠れ大きく跳ね上がるという期待を持っているから購入するらしいです。

購入方法と買い時

買い時はいつ?

リップルに関しては年内に跳ね上がるとか期待してる人は少ないと思います。少なくとも2020年のオリンピック、外国の人々が日本に来た時。もとい仲介役割として重要性が高まったとき跳ね上がることが期待されています。

ですからもし買うならば、買い時は2020年より前がいいでしょう。

リップルのおすすめ購入方法

リップルの購入方法は購入できる取引所を見つけること。因みに

1.CoinCheck

2.Mr.Ripple

3.東京JPY発行所

この3つが現在リップルを購入できる3つの取引所です。

それぞれ詳しく説明しますね!1

CoinCheck

国内3位 日本円入金0円 出金400円  プレゼントは特になし

Mr.Ripple

国内2位 108円+銀行振込手数料+トランザクション手数料0.2% 会員登録で100XRPプレゼント(30000円以上入金で677XRP)

東京JPY発行所

国内1位 入金・出金額の0.498%(出金時は振込手数料もかかる) 会員登録で40XRPプレゼント(10000円以上の入金で25XRP)

ん~正直かなり迷いますが、私は手軽に登録できるコインチェックですかね。普通の取引所より手間なく簡単に購入できるうえ、リップル以外の仮想通貨にも対応しているというのが魅力的…

(まあ単純にもらえるリップルだけでしたらMr.Rippleなんですが。。。)

東京JPY発行所につきましては出来が一番高く、無難に取引をしたい方におすすめできる取引所らしいです。

まとめ

今回ちょっとざっくりしすぎてしまって申し訳ないです。取引所に関しましてはサイト検索からアカウント登録をすることで購入できるようになる仕組みです。やはり難しいのが苦手、いろいろな仮想通貨に興味を持っているというひとにはチェックコインをお勧めします!!

リップルの命運が決まる(かもしれない)2020年がとても楽しみですね!!!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する