⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ライトコインはどんな通貨なのか?ライトコインのマイニング方法は?

難しい専門用語の意味も調べてみましたので気軽に読んで頂ければ幸いです。

ライトコインはどんな通貨?

ライトコインを検索されているあなたは仮想通貨についての知識も既にあるのではないでしょうか?ビットコインの説明は不要かと思いますのでここでは割愛させていただきますね。

ビットコインとの違い

開発者

ライトコインはビットコインとほとんど同じ機能を備えた仮想通貨です。明確な違いと言えば、ビットコインに明確な開発者がいませんが、ライトコインには開発者がいます。

開発者の名前はチャーリー・リーという方で、【ビットコインを金とするならライトコインは銀を目指す】という目的で開発したようです。

時系列的に見ると、ライトコインの方がビットコインよりも公開されたのは遅いので、いわば改良版のようなイメージだとわかりやすいと思います。

『打倒!ビットコイン!』リーさんのそんな声が聞こえてきそうです。笑

ライトコインを使うメリット

◆発行枚数が多い

◆発掘難易度が高くない

◆決済スピードが早い

大きな違いは上記です。ビットコインの基本的な機能は備えてあり、上記が改良部分ですね。発行枚数はビットコイン2100万枚に対して、ライトコインは4倍の8400万枚です。マイニングに関しては比較的容易で、一般的なCPUで行える難易度にされています。

決済スピードはビットコインの5倍のスピードです。ビットコインは平均10分間かかると言われていますが、ライトコインの場合は2分程度で決済されると言われています。ビットコインはひどい時は2時間くらいかかりますよね。

P2Pとは何か?

また、ライトコインを説明する際に【Peer to Peer型の決済網】というワードを目にします。Peer to Peerは対等の者同士が通信することを特徴とする通信方式や通信モデルを指します。

Peerとは【対等の】という意味があります。両者がクライアントになったり、サーバーになったりして立場を変化させることが可能です。

つまり、巨大サーバーは不要になり、パソコンA・B・Cそれぞれがクライアントの役目も果たし、サーバーの役目も果たすということで負荷が1つのサーバーに集中しないようになりますし、円滑に運営出来ます。

それがP2P技術であり、ブロックチェーンと言われています。この点に関してはビットコインと同様の決済ネットワークです。

アルゴリズムは何か?

ライトコインは、採掘時のアルゴリズムに【Scrypt】を使用します。採掘できる量はパソコンのCPUに依存します。

ライトコインのブロックチェーンは、ビットコインよりも多くのトランザクションを取り扱うことが出来ます。その為、ビットコインの4倍の速度で記録を生成することが可能です。

記録生成が4倍速いという事は、トランザクションの認証速度も4倍速くなりますので、ストレージの効率性も優れているという事になります。ただ、取引の認証速度が短くなるという事は、安全性が低下するという懸念もあります。

ライトコインのチャート

時価総額ランキング4位

ビットコインに対抗してチャーリー・リーさんが開発したライトコイン。

ライトコインの価格推移を確認してみましょう。ライトコインはリップルを抜き、時価総額2位になった事もある通貨です。

現在(2017年2月4日)はビットコイン、イーサリアム、リップルに続き4位になっています。

半減期の影響

ライトコインは2015年に初めて半減期を迎え採掘報酬が25LTCとなりました。同じタイミングでポンジスキームにも使われ、その時期には8倍も上昇した。

そもそも、半減期とは何かと言うと、マイニングへのコイン報酬が定期的に半減するということです。ビットコインとライトコインはこの半減期が4年ごとに起こります。

コイン報酬が半分になったら何が起こる?

供給量が減少し、希少価値が上がり、価格の上昇

コインの希少性が高まることで、価格が上昇。マイナーはコイン報酬が減っても、今まで通り利益を出せるようになります。

マイナーの報酬が半減し、希少性による価格上昇がみられない場合はマイニング離脱し、コインの価値低下へ。

希少性が高まって、上記の例のように価格が上昇しない場合はマイナーの利益が半減するので、マイニングを離脱する人も増えてくるでしょう。こうなるとマイニングの寡占化が進み、ネットワークの価値が薄れ、コイン価値が低下する恐れがありますね。

マイニングについて

マイニング【採掘】とは?

マイニングというのは、新たな通貨を得ることです。金の採掘に例えられますが、イメージはそのような感じです。複雑な計算式をスーパーコンピューターが解いていき、仮想通貨を発掘していきます。

マイニングにはプールマイニングとソロマイニングがあります。初心者向けはプールマイニングです。

プールマイニング

プールマイニングはマイニングを1つのサーバーで他のマイナーと協力して行う場所です。

手順

①ウォレットをダウンロードする

②プールマイニングサイトに登録する

③ワーカーを設定する

④マイナーを準備する

⑤マイニングを開始する

ウォレットのダウンロードは、各暗号通貨の公式サイトから出来ます。

ソロマイニング

ソロマイニングは高い能力の設備がなければ採掘できないので初心者には難しいと言われています。

ソロマイニングにはdifficulityが大きく関連してくるので、自分のハッシュレートとdifficulityとの兼ね合いをよく考えることが重要です。

手順

①ウォレットとマイナーを準備する

②.confファイルを配置・設定する

③.bat(バッチファイル)を作成する

④ウォレットのサーバーモードで起動する

⑤マイニングを開始する

ビットコインのマイニング

ビットコインの人気の秘訣

ビットコインは現在、仮想通貨時価総額ランキング1位で大きく2位イーサリアムを引き離しています。

そんなビットコインの人気の秘訣にマイニングがあります。ビットコインのマイニングは【発掘プログラム】をインストールすれば誰でも行うことが出来ます。起動するだけで、後はコンピューターが計算し続けてくれる仕組みになっています。

ただ、一気に【発掘】されてしまうと、世の中にビットコインで溢れますので価値がなくなります。

そこで、ビットコインは10分に1度出題されて、先着1名にビットコインがもらえるようになっています。

無限にマイニングすることは出来るのか?

10分に1度の出題を巡って、マイニング専用の高性能コンピューターが使われるようになっています。また、高性能スーパーコンピューターは消費電力も発熱量も大きいのでエアコンで冷却する必要があります。

最近では、元をとることが難しくなってきており、ビットコインのマイニング会社も倒産することが起きているようです。

ビットコインの発行枚数は2,100万枚と上限も決まっていることから、無限にマイニングをすることも不可能であり、採算が見合わない状態となっています。

ライトコインのマイニング

では、ライトコインのマイニングの現状はどうでしょうか?

GPUマイニング

ライトコインもビットコインとよく似た仮想通貨で、難しい計算式を解くことでマイニングすることが出来ます。競争が激化しているビットコインと比べると、まだ採算はとりやすいのかもしれません。

ただ、ライトコインそのものの価値がどうなるのかなどの問題もありますので、試したい方は自己責任でチャレンジしてくださいね。

プールへの登録

GPUマイニングするまでの手順は以下の通りです。

①ライトコインに対応したマイニングプールにアカウントを作成する

②マイニングプールの支払い先アドレスに自分のライトコイン支払い先アドレスとPayout thresholdを設定します。

③マイニングプールにワーカーを登録します。

④マイニングソフトをPCにインストールします。

⑤マイニングソフトを起動し、File→New CG minerを作成します。

設定は以上です。

お勧めソフト→cgminer  GUIMiner

まとめ

稼働通貨のマイニングはいかがでしょうか?

ビットコインなどのマイニングは個人で行うには莫大な資金や高性能な設備が沢山必要なので、個人で行うには割が合わないですね。マイニング会社に投資することをおすすめします。

また、ライトコインに関しましては、マイニング作業自体はビットコインよりも比較的容易になるかもしれませんが、通貨の価値がどうなるかの問題も拭えませんよね。

自分が、【この通貨は将来もっと価値があがるぞ!】と確信して初めて取り組むべきなのかなと思いました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する