⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ここ数年、急速なインターネット普及により現実通貨に取って代わる新しいインターネット上で取引される仮想通貨が誕生し、猛烈なスピードで開発されており世界中から注目されています。

これからも期待値が高い仮想通貨について簡単に説明したいと思います。

仮想通貨とは?

定義

仮想通貨とは、確立された定義はなされていないものの、

「仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価として送金や支払いの手段として使用でき、中央銀行などの公的な機関の代わりに専門の取引所を介して、現実の通貨(円、ドル、ユーロなどの通貨)と交換できる貨幣価値」のことです。

仮想通貨の代表例としては「ビットコイン」です。ビットコインは、不特定多数との交換でき、決済・取引管理にはブロックチェーンという「分散型元帳」が使用され、取引が暗号化されています。

仮想通貨の種類

現在仮想通貨の種類は700種類以上あるといわれています。次から次へと開発されているので追いつかないのが現状です。

その中でも、「ビットコイン」は仮想通貨の王様です。その時価総額は、約7000億円にも達しています。

現在、仮想通貨市場の90%がビットコインの価値で占められているほどの存在で、一強多弱の世界で、時価総額を100万円以上超えているのはそのうちの約300種類となっています。

仮想通貨の特徴、メリット

仮想通貨のメリットを主に3点挙げます。

①取引・決済手数料が圧倒的に安い

中央銀行などの公的な通貨の発行元を介さず、専門の取引所がインターネット上ので処理するので、手数料が安くなります。

②個人間で直接取引可能

仮想通貨の場合には、銀行を介さず個人間で直接支払うことができます。つまり直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、仮想通貨を使えばインターネット上のブロックチェーンで、直接相手にお金を支払うことができます。

仮想通貨を利用するすべての人はインターネット上に個人のウォレットを持ち、そこに通貨を保存し、取引や決済に利用します。

ウォレットとは、個人に割り振られるメールアドレス(ID)のようなものです。かなり文字列が長いので、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換しています。

③制限や監視されない

仮想通貨での決済には、上記の理由から手間がかかっていた手続きや制限が存在しません。

ですので、お金の流通がより自由に行えるようになります。

また国によって通貨の単位が異なるといった点もないので、仮想通貨を使えば世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。もちろん、仮想通貨で支払いができる店などがこれからより拡充していくことが必要になります。

仮想通貨への投資

多種多様な仮想通貨が登場してくる背景には、自国の通貨以外の通貨に資産を分散させてリスクマネジメントとしている投資家が増えていることが考えられます。

例えば、自国の国家財政が悪化し、自国の通貨の価値が下がることになれば富裕層の投資家は海外へ資産逃避させたいと思うはずです。さらに、制限や監視のない仮想通貨に投資することでより安心してプールさせておくことができるからです。ビットコインに関しては、価格が上昇しているニュースも多く出ていますし、より世界中の投資家の注目を浴びています。

もちろん各仮想通貨は、投資以外にも様々なサービスや機能があります。例えば日本初の仮想通貨モナーコインは、「2ちゃんねる」で投げ銭と呼ばれるサービスがあります。コメントを投稿した人に、その投稿を見た人が任意でモナーコインを支払うといったユーモアあふれる機能もあります。

こういう他の仮想通貨にない付加価値をつけていくことでより世界中の人が信頼して使ってもらえる通貨にすべく仮想通貨内にも競争が激化しています。

個人的には、投資目的で仮想通貨を購入したり、その仮想通貨が持つ機能やサービス目的で購入したり動機はなんでもありだと思います。

世界中の富裕層や投資家が仮想通貨に投資、資産運用している点を鑑みても、これから益々仮想通貨市場が大きくなり普及していくと予想されます。ですので、ビットコインを始め、興味が沸いた仮想通貨を購入してみるのもありだと思います。

仮想通貨への投資リスク

もちろん投資にはメリットもあれば、リスクもあります。主な投資リスクとして主に3点挙げます。

①価格の乱高下

株や証券も同様に仮想通貨もまた需給の関係から、その仮想通貨の為替レートが日々変動していきます。

ですので、購入した時点より将来値下がりするリスクがあります。

その点をご理解頂いた上、仮想通貨のご購入をお願いします。国や銀行よりはるかに価値の裏付けがないので、もし信用が失われてしまったら、あっという間に売られて価値が0に近くなってしまうリスクがあります。

②ハッキング

仮想通貨を扱う取引所にDos攻撃やD-Dos攻撃などサイバー攻撃が行われる事は十分に考えられます。もちろん、サーバー以外にも、ウォレットに直接ハッキングを仕掛けてくる可能性もあります。

仮想通貨という性質上、国はもとよりインターネット上にも補償をしてくれる機関はなく、仮にハッキングに合ってビットコインが全額消えてしまっても、泣き寝入りをするしかありません。怖いですね。

例えば2014年、仮想通貨ビットコインの取引所である「マウントゴックス」が経営破たんし、破産手続きの際に顧客の約82億円が消滅しました。仮想通貨の取引所は中小企業が運営していることが多く、破たんに備えた資金の蓄積や預金保険法など資産を守るルールがないため顧客の資産が消滅する事態となりました。

自己資産と分別管理している取引所も少なく、仮想通貨取引が突然停止するケースもありました。

③ネットワーク障害

仮想通貨は、インターネット上に存在する暗号化されたデータのため、インターネット環境がちゃんと整っていないと、取り扱うことができません。

何らかのトラブルでインターネット接続が遮断されると、仮想通貨の売買や決済、自分のウォレットへアクセスができなくなります。しかし、インターネット接続ができない状況でも、データが消えてしまうことはありません。

ウォレットのデータはP2Pの仕組み上、インターネット上に残ります。ご安心下さい。

仮想通貨の将来性

国や銀行などの中央機関が金融基盤をコントロールする仕組みは「中央集権化」と呼ばれており、それに対して仮想通貨のように中央機関の支配を直接受けない仕組みは「非中央集権化」と呼ばれています。

この仮想通貨は、中央機関を信用できない人々が次々に購入し、政情や治安が比較的不安定な国々ほど多く広まりました。ビットコインなどの仮想通貨の世界では、急激なインフレなどによる貨幣価値の損失リスクが小さいので、ネット環境さえ整っていれば資産を安心してプールできるわけです。

また現実通貨はユーロなどを除き国ごとで違います。例えば海外で経済活動を行うには、その国の通貨に両替する必要があります。その際には手数料が発生します。また出稼ぎで海外から自国に住む家族にお金を送金する際にも、送金手数料がかかります。

その一方でビットコインなどの仮想通貨には国境がなく、相手さえいればどこの国の人々でも決済したり売買ができます。手数料に関しても、金額に関わらず一定で、圧倒的に安いです。また24時間365日取引が行えるので、決済の利便性においても優れています。

それから円やドルなどの通貨は、理論上発行量に限りはありませんが、ビットコインなどの仮想通貨には上限が決まっています。ビットコインに関していうと、現在のペースで採掘が進めば、約120年後に全ての発行が終わるといわれています。

このことからも需要が増え、将来的に価値が上がるのではないかと期待されています。

仮想通貨には、価格変動の不安定さ、ハッキングリスクなど資産を守る上でまだまだ問題が多々あるのですが、日本国内では早速ビットコインで決済できる飲食店や病院、サロン、インターネット通販などが着実に増えてきていますし、使い勝手も良くなれば投資する人も増えていくと予測できます。

また今年政府も法整備をして仮想通貨の利用者保護を図る方針であるといわれています。

これから仮想通貨のニュースは活発に取り上げられると思います。みなさんも早いうちに正しい情報を入手し投資してもらえればと思います。

まとめ

現在もある問題点ですが今後の日本を考えたとき、国の莫大な借金や消費税増税、少子高齢による労働力の低下、公的医療費の増加や年金受給額の減額がさらに見込まれます。

そういった観点から、将来的にある程度自分自身で資産を管理、増やしていく必要がでてきていると思います。また全ての資産を円で持っているよりも株や証券以外の分散先として適しているのが仮想通貨であると思っています。
 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する