⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

日本では遅れを取っている仮想通貨ですが、海外では投機面や決済通貨としての利便性の良さで注目を浴び、普及も進んでいます。

まだまだ、一部の人にしか認知されてはいないですが、1年前と比べる大手銀行や大手企業が参入することによって日本でも少しづつ大きな市場に向けて変わりつつあります。

最近ではビットコインをはじめ、ほとんどのアルトコイン(ビットコイン以外のコインの総称)も急激に価格を上げているので、興味を示す人も増えてきているようです。

その人たちが仮想通貨の購入や売却をするときには主に仮想通貨取引所で行います。たくさんある取引所の中で何を基準に選べばいいのか迷う人も多いと思います。

いくつかのポイントがあります。手数料もその大きな要素の一つですが、手数料のみで決めることはできないですね。ビットフライヤ―の手数料は本当に高いと言えるのでしょうか。見ていきましょう。

ビットフライヤー取引所

ビットフライヤーは世界でも第二位を誇る取引所です。取引量もダントツで国内最大です。

ビットコイン取引所では過去に、取引所がユーザーを騙したり、取引所がハッカーに盗まれたりしてユーザーの資産が奪われるという事件もあって、悪いイメージがついてしまったのも事実です。これから先も起こらないとは限りません。

だからこそ、ビットフライヤーは最近この安全管理にこそ力を入れ、セキュリティー面での充実を図っています。

海外の企業が採用しているMulti-signatureを国内でいち早く取り入れており、セキュリティー面では国内販売所の中で一歩抜け出ているかもしれません。

仮想通貨はインターネット上で取引するデジタル通貨ですので、このセキュリティ面が甘いとハッカーからの攻撃を受けやすくなります。

特に重要な機能は『コールドウォレット』『マルチシグネチャウォレット』『2段階認証ログイン』の3つです。、ビットフライヤーではこれらのシステムを採用してより強固なセキュリティーを実現しています。

取引所選択ポイント

国内にもいくつかの取引所がある中でどこを選択すべきかは迷うところですね。そこで、選択の手掛かりになるポイントをいくつか挙げてみます。

先ほどのセキュリティーの問題の他に、サイトの使いやすさ、手数料の額や会社の安全性などが挙げられます。それから、保有したいと思う通貨によっては取り扱っているかどうかを調べておくことも欠かせませんね。

ビットフライヤーは資本金だけでも他の取引所と比較できない程で、企業規模としてはダントツです。さらにリクルートや三菱UFJなどのからの出資を受け、バックの面々も大手企業が並び安心感を与えてくれます。日本でのビットコイン関連会社の中でも最も資金力のある企業です。

これはビットコインを取引するうえで最も重要な安定性、信頼性に値します。

使いやすさというのは全く分からない初めての初心者であるユーザーにとって取引の仕方が簡単で分かりやすいかどうかが基準になってきます。

取り扱い通貨はコインチェックやザイフは種類が多いですが、ビットフライヤーはビットコインとイーサリアムのみです。今後は広げていく予定はあるそうです。

ビットフライヤ―の手数料は高い?

国内最大手の取引所であるビットフライヤーは、どのくらいの手数料が発生するのでしょうか?

取引所における手数料と言っても色々な種類の手数料があります。取引方法によっても手数料がそれぞれに代わってきます。また、手数料が高いか安いかは他社との比較でしか評価できないのではないでしょうか。

国内ではビットフライヤーを筆頭に三大取引所と言われている、コインチェック、ザイフ及びその他の取引所も手数料について比較してみましょう。

他社との比較

口座開設手数料及び口座維持手数料

口座開設・維持手数料は全取引所で無料です。

日本円入出金手数料

取引をはじめようとすれば、必ず取引所へお金を入金しなければなりません。その時に日本円の入金手数料がかかります。いつかそれを日本円に交換するときにも出金手数料がかかります。

ビットフライヤーは三井住友銀行と提携しているので、他の銀行の場合と少し違ってきます。銀行によっても額によっても少し変わってきます。

どこの取引所でもほぼ同じ位の額と言えますが、ビットフライヤーで三井住友銀行を利用したの場合は一番低額となり割安と言えます。ビットフライヤーを利用する場合は必ず三井住友銀行の口座を作成しておくことをお勧めします。

日本円出金に発生する手数料は他社とほぼ同じです。

ビットコイン現物取引手数料

  •  

ビットコイン売買において発生する手数料ですが、ビットフライヤ―は取引額により手数料が変わってきます。額が多いほど手数料は安くなります。

いくつかの他社と比較すれば0%の取引所もあり、それ以上にマイナス手数料のところもあります。マイナス手数料は取引すればするほどユーザーに手数料が入るという仕組みです。

利用者からすれば手数料が安いに越したことはないですが、反面、手数料分安定した売上を上げていることになります。それだけ破綻リスクは低く安心感の面では大きいという側面は十分に考えられます。ですから安心と手数料とどちらを選択するかは個人の価値観によって変わってきますので何とも言えません。

信用・先物取引関係手数料

信用取引や先物取引にかかる手数料です。証拠金取引ではレバレッジを効かせてより大きな金額の取引ができますが、実質資金を借りていることになるため借入手数料(金利)が発生します。売買手数料は無料ですが、この金利が実質必要となります。

従って、現物取引よりは結果的には高くなる傾向があります。証拠金取引で発生する手数料は他社とほぼ同じです。1日単位で0.04%程です。

BTC出金手数料

ビットコインの外部ウォレットへの送金時にかかる手数料です。これは取引所側の利益ではなく、送金時につかわれるマイナー(採掘者)に支払われる報酬となります。ビットコインの送金においては一般にこの手数料が大きいほど取引の認証が速く行われる傾向にあります。

手数料は取引時に表示される

売買時の取引画面に手数料が表示されます。手数料は日本円ではなくBTC表記となっています。BTC表記だとわかりにくいかもしれませんが、例えば10万円以内の取引だとすれば、手数料の0.0015BTCと現在のレートを掛けると日本円でいくらかかるか算出できます。例えば1ビットコインが30万円だとすれば、0.0015BTC×300000円となり、手数料は450円となります。

ビットフライヤーを利用する際に発生する手数料を紹介しました。

結果的に言えば、証拠金取引や日本円・ビットコイン出金で発生する手数料は他社と差がありませんが、現物取引では取引金額に応じた手数料が発生するところが他社と違うところです。。

まとめ

取引する際には手数料の安い取引所を選ぶのは当然ですが、比較してもそれほどの大きな差はありませんので、手数料で取引所を選ぶメリットはあまり感じられませんでした。

でも、ビットフライヤーの場合は取引額により多少手数料が高いと思うかもしれませんが、その手数料で安全を買っていると考えると逆に割安だという考えも成り立ちます。

取引所にいわゆる安定感、安心感のようなものを求める人にはビットフライヤーが一番相性がいいかもしれません。

 現在はビットコイン利用者をどんどん増やしたいという段階なので、手数料を無料にしている取引所が多いですが、いずれは有料化になるでしょう。

ただ、今なら無料の取引所もあるのでそこと比べると確かにビットフライヤーは高いということになりますね。

ただし、予告もなくいきなりきますので、心つもりはしておいた方ががいいですね。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する