⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨のなかでも特異な存在のリップルコイン。それ自体としては、決済や送金の手段として使われるわけではないのですが、通貨と通貨の両替を即座に行う、便利な仲介通貨がリップコインです。

取引高では、ビットコイン・イーサリアムについで、このところ3位にランクしているリップルコインの買い方や送金方法についてまとめてみました。

2017年は仮想通貨元年

改正資金決済法の施行

2017年は、仮想通貨元年と言われ、仮想通貨の急速な流通が広がっています。

そのきっかけになっているのが、4月1日に施行された改正資金決済法です。この法律で、取り扱う仮想通貨の承認制が実施され、仮想通貨の売買を行う取引所に登録制が導入されました。

また、不正な資金の取引を防止し、顧客の資産の保護をはかる観点から、取引の開始にあたっては、身分証明書などの本人確認書類の提出が求められることになりました。

一見すると、面倒な法的規制がスタートしたと思えますが、この法改正によって、仮想通貨が正式に通貨として承認されることになったのです。

通貨にとって、信用はもっとも大事な価値です。これまでも仮想通貨が流出して資産がなくなってしまうような事件がおきていますが、そのたびに仮想通貨への信頼が揺らぎ、通貨としての評価が落ちました。

それが、円やドルなどの法定通貨と同じように、通貨として認められるようになったのです。これをきっかけに、仮想通貨の評価が一変し、急速な仮想通貨の普及が始まりました。

仮想通貨ビジネスの急速な広がり

仮想通貨を使ったビジネスが広がっています。

ご存じのように、家電量販店のビッグカメラは4月5日から、都内2店舗でビットコインを購入した商品の支払いに使えるようにしました。いずれは全国のビッグカメラのお店でビットコインによる支払いを採用する予定です。

2020年の東京オリンピックで訪日する外国人観光客を顧客として囲い込むことが一つのねらいです。

日本ではまだ仮想通貨の普及がいまひとつですが、すでに欧米ではビットコインなどの仮想通貨がショッピングの決済手段として日常的に使われています。

新聞の報道によれば、昨年(2016年)までは4,500ヵ所でした。それでも前の年に比べて約5倍増えたそうです。2017年は、2万店をこえると予想されていますが、おそらくそれ以上に広がることでしょう。

急騰する仮想通貨

仮想通貨ビジネスが急速に拡大するなかで、仮想通貨の相場に大きな変化が生まれました。2017年に入って、主要な仮想通貨は軒並み、急騰しています。3月から5月にかけての急騰です。

5月31日現在で取引高第1位のビットコインは、3月はじめは15万円弱でしたが、5月24日に273,247円になりました。2位のイーサリアムは、2200円台が5月31日に25,911円です。

3位のリップルコインは、0.7円が45円(5月17日)、4位のライトコインは、464円が3,891円(5月24日)に上がっています。5位のドージコインは、0.025円が0.398円(5月23日)に急騰しています。

ビットコインは2倍弱ですが、イーサリアムの12倍、リップルに至っては64倍、ライトコインで8倍、ドージコインで16倍です。いかに仮想通貨元年の2017年に急騰したかがお分かりかと思います。

仮想通貨の取引所

仮想通貨の売買

これだけ軒並みに急騰した仮想通貨ですので、仮想通貨への投資を考える人も多くなるでしょうし、何よりもショッピングなどで仮想通貨を支払いの手段として使いたいと思う人も多くなるはずです。

いろいろな理由で、仮想通貨を購入したい人は、友人からもらうこともできますが、ほとんどが仮想通貨の取引所で購入することになります。

日本の主要な取引所

日本の主な取引所ですが、よく知られているのがbitFlyer、bitbank、btcbox、coincheck、kraken、Quoinex、Zaifなどです。

それぞれに取り扱っている仮想通貨が違ったり、手数料に差がありますので、そうした違いを見極めた上で、仮想通貨の購入をする必要があります。

日本の取引所で取り扱っている仮想通貨は、世界で流通している仮想通貨のすべてではありません。そのなかでも取引高のもっとも多いビットコインは、ほとんどすべての取引所で購入することができます。

取引高第2位のイーサリアムを取り扱う取引所も少しずつ増えています。リップルを取り扱う取引所は多くはありません。

ドージコインに至っては、日本での購入はできず、海外の取引所でしか購入できません。

取引所coincheckの特徴

日本の取引所のなかでは、取り扱う仮想通貨の種類がもっと多いのがcoincheckです。2012年8月に設立され、今年(2017年)2月に現在の名称に改名されました。

Coincheckが取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、イーサリアムクラシック(Ether Classic)、リスク(Lisk)、ファクトム(Factom)、モネロ(Monero)、オーガー(Augur)、リップル(Ripple)、ジーキャッシュ(Zcash)、ネム(Nem)、ライトコイン(Litecoin)、ダッシュ(DASH)の12種類です。

これだけの仮想通貨を扱っている取引所はありません。リップルコインの取り扱いは、2016年9月から始めています。

リップルコインの買い方、送金方法

リップルコインを扱っている取引所は、限られています。日本では、3か所です。そのうちの一つがcoincheckですが、ほかにMr.Rippleと東京JPY発行所があります。

この3つの取引所のなかでは、もっとも最近になってリップルを取り扱っているのがcoincheckですが、使いやすさでは一番との評価が高いです。

そこで、coincheckでのリップルの購入の仕方を説明します。まず、リップルの購入にあたっては、アカウント(銀行口座のようなもの)を作成する必要があります。

特に、改正資金決済法の施行により、本人確認が必要なため、身分証明書の提出など、アカウントの作成にはちょっとした手続きが必要になります。しかし、パソコン上でもできますので身分証明書のコピーや画像を用意しておけば、簡単です。

後日、アカウント作成の承認のメールが届きますので、それから取引が可能になります。

取引が可能になったら、coincheckのサイトを開け、「ウォレット」と「取引所」の二つのメニューから「ウォレット」をクリックします。

リップルの購入には、あらかじめ日本円などを入金しておく必要があります。

メニューのなかに「日本円/USドルを入金する」がありますので、それをクリックします。すると、「銀行振込」「USドルを入金」「コンビニ入金」「クイック入金」の4つの入金方法があることが分かります。

このなかでも手数料が安いのは銀行振込で、指定された銀行口座に振り込みます。その際、振込人名義の記載の仕方が書いてありますので、その指示にしたがって、口座に振り込みます。

クイック入金の場合は、24時間、土日も可能ですし、クレジットカードでも入金できますが、手数料が多少高めです。

銀行振込の場合ですと、15時を過ぎれば翌営業日の入金ですし、土日は入金できません。

日本円を入金し、ウォレットに反映されてから、いよいよ購入になりますが、まず「コインを買う」をクリックします。すると、右側に12種類のコインが出てきますので、そのなかからRipple(リップル)をクリックし、レートを参考にしながら数量を記入し、「購入する」をクリックすれば完了です。

日本円の範囲内で購入できる数量を書き込むのですが、手数料は特別キャンペーンで7月31日まで無料になっています。

購入履歴がその画面の下に表示されていますので、それで確認してください。

送金について簡単に説明します。まず、同じ画面の左側のメニューから、「コインを送る」をクリックします。すると送金可能な仮想通貨が書かれていますので、そこから「XRPを送る」を選びます。XRPはリップルの通貨単位です。

次に、画面下の、宛先(暗号化されたアドレス)、宛先のタグ、XRPの額を打ち込んで「送金する」をクリックすれば、送金が完了です。手数料は自動的に表示されます。下に送金履歴が出てきますので、送金が完了しているかどうかを確認してください。

まとめ

通貨と通貨の両替を即座に行い、送金や決済サービスの仲介通貨のリップルが最近、高く評価されています。

リップルの取引高も次第に増加し、2017年5月31日現在(coingecko調べ)で第3位に上昇しています。

円やドルの両替には手数料がかかりますし、金融機関側の手間もかかります。それをかなり少ない手数料で、しかも短時間に行うリップルの需要が増えるのは当然のことのように思います。

今後も、リップルの需要は増えていくものと思われるますので、この時期にcoincheckで多少ともリップルを購入しておいてはどうでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する