⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

Daoは、昨年(2016年)5月にリリースされた新しい仮想通貨です。開発資金として集めたイーサは約156億円というとてつもない資金でした。

それだけ、daoを使ったプロジェクトであるThe DAOへの評価が高まっていたのですが、1ヵ月後には約52億円相当のイーサ(ETH)がもちだされるという大事件に巻き込まれ、一気に暴落してしまいました。仮想通貨daoが持ち出された事件についてまとめてみました。

持ち出された52億円相当のdao

daoとは?

daoの暴落事件を説明する前に、daoとはどんな仮想通貨なのかをまず述べてみます。

daoは、The DAO というプロジェクトで使われる通貨です。

The DAOは、「Decentralized Autonomous Organization(分散型自律組織)」の略称で、イーサリアムのスマートコントラクト(契約)の機能を活用して、運営元がいない、投資ファンドを立ち上げ、その運用によって収益が上がれば、一定のルールにしたがって、daoの保有者に利益を分配する、これまでにない画期的なプロジェクトです。

通常、投資ファンドは、運営元がいて、その運用によって収益が上がれば、資産を預けた人たちがその一部を配当金として受け取ります。

株や投資信託の場合、ファンドの運営を証券会社などにおまかせてしているのですが、The DAOの場合、daoの保有者が投票できめた投資事業に投資して、資産の運用を自動的に行い、その収益を一定のルールにしたがって配分します。その意味で民主的で、誰もが運営に参加できるのです。

当初、予定された投資事業は、自動車や不動産を購入し、購入した資産を暗号化した上で、人手を介さずにリースして、リース料を手にいれるという事業でした。

何を購入するのか、どこに投資するのかは一定のルールにしたがって、daoの保有者が投票で決めますので、賛否が分かれることもあります。賛成できない場合は、daoの保有者の承認があれば新しいプロジェクトを立ちあげることができます。

イーサリアムの契約機能を使えば、これが可能となるのです。「ファンドマネージャーなきベンチャーファンド」と呼ばれた、革新的なファンドの立ち上げを目指したのがThe DAO なのです。

dao Attackとは?

この革新的なプロジェクトに、イーサリアムの関係者が賛同し、The DAOの開発者たちが出費を募ったところ、あっという間に約156億円ものイーサ(ETH)が集まったそうです。

それだけ注目された仮想通貨でしたが、5月にリリースされて1ヵ月後の6月17日に事件が起きます。

なんと、当時のレートで約52億円分のイーサが持ち出されたのです。この事件のことを「dao Attack(dao HACK)」と呼んでいるのですが、集めた約156億円分の1/3にあたるイーサが、アタッカーのアドレスに送られました。

その手口は、まず、The DAOを勝手に分割して、子会社みたいな「子DAO」をつくり、このアドレスに何度も送金して、持ち出したのです。

この持ち出しに対して、アタッカーは不正なやり方ではない、正当な送金だと言い張りました。

というのは、The DAOのプログラムのなかには、Split機能と、報酬の送金機能という二つの機能があるのですが、この機能が狙われたのです。

Split機能は、The DAO の運営に納得がいかない場合、自分が保有しているDAOをそのプロジェクトから分離することができるというものです。もちろん、勝手にできるのではなく、The DAO のプロジェクトに参加している人の承認が必要なのですが、承認さえ得られれば新しいThe DAO を作れるわけです。

アタッカーはまずその機能を使って、新しいDAO をつくり、自分の資金をそこへ移す前に、何度も送金して持ち出したのです。

この送金機能ですが、プログラムの上では「特定の報酬を特定のアドレスに1度だけ送金する」ことができるというものでした。しかし、実際は1度の指示に対して、何度も送金ができることになっていました。

このプログラム上の欠陥が突かれて、資金が持ち出されたのです。

daoの暴落と対策

このことが明るみになると、The DAO への信頼は一気に失われ、dao の価格が暴落します。

当然と言えば当然のことですが、2014年1月のビットコインが大量に横領されたマウンドゴックス社事件以来の仮想通貨の流出事件です。イーサリアムの評価も落ち、イーサリアムの価格が急落しました。

この事態をうけて、開発者たちとイーサリアムの関係者は、収拾策を検討し合いました。

幸い、The DAO には、分割して新しいDAOに持ち出した資金は、27日間は使えないというプログラムが含まれていました。27日間以内に何らかの対策を講じる必要があったわけです。

その対策として、1)資金を明け渡す、2)ソフトフォークを行って、取引を無効にする、3)ハードフォークを行って、取引の履歴を抹消する、の3つの方法が上がりました。

そのなかから、選ばれたのがハードフォークの荒業です。つまり、資金が持ち出される前までさかのぼって、取引がなかったことにするのです。

このやり方には、他のイーサリアムの関係者たちからも激しい反対が出ました。というのは、仮想通貨の信用は、誰も勝手に取引記録の改ざんをできないことにあるのに、その取引記録を抹消するという、一種の記録の改ざんを行うからです。

アタッカーも、こうした収拾策が実施されれば、持ち出した資金が使えなくなるので、この方法に反対するように、dao の保有者に働きかけます。反対した人には、100万ETHを提供するとまで発言しました。

結局、資産の保全をはかることが最優先され、ハードフォークが実施されます。2016年7月20日、午後10時27分のことです。

ただ、このあと、ハードフォークという仮想通貨の信頼性を損なうリスクをかかえた方法に反対したイーサリアム関係者は、もとのイーサリアムから離れていきます。

イーサリアムの分裂です。これをきっかけにイーサリム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分裂したのです。

ついに取引廃止したcoincheck

The DAOの流出事件をうけて、イーサリアムはじめ主要な仮想通貨も影響をうけ、価格が一時的に急落しました。

しかし、この事件の原因は、ブロックチェーンそのもの技術に欠陥があったわけでなく、また、イーサリアムのスマートコントラクトという契約機能が問題だったのではありません。

The DAOのプログラムに欠陥があったのです。

そのこともあって、時間の経過とともに、イーサリアムの評価も戻り、価格が次第に上昇していきます。

しかし、The DAOのプロジェクトについては、失った信用は戻ることがありませんでした。

日本では、The DAOのプロジェクトの話題性、革新性に注目して、2016年5月には、coincheckという取引所がdaoの取り扱いを始めましたが、とうとう2017年4月30日 00:00:00をもって、売買を停止し、取り扱いを廃止しました。

調べられるかぎりでは、daoの取引記録で残っているのは、2017年1月19日までです。このときの価格が1dao=11.3489378円で、取引高0円、時価評価額0円です。この時点で、daoの取引が終わっていたと推測されます。

なお、coincheckは、0円になったdaoを保有している人々への救済措置として、1dao=0.01ETH(当時のレートで日本円にして88.8円)で変換するとのことでした。

まとめ~dao事件の教訓~

「ファンドマネージャーなきベンチャーファンド」と評されたThe DAO のプロジェクトの革新性には、イーサリアムの機能を高く評価していた人々が共感し、夢をいだきました。

残念ながら、プログラムの脆弱性から、夢はやぶれ、あっという間に姿を消してしまいました。

一方で、イーサリアムでできる仮想通貨ビジネスの可能性がひろがってきたことも明らかです。

誰かが中央集権的に統括、運営しなくても、プログラムで自動的、自律的に運営できるシステムが、ブロックチェーンとスマートコントラクトによって可能になることがハッキリしたわけです。

まさに経済のシステムの常識を覆すようなビジネスの世界が、The DAOの失敗から見えてきました。

一方で、仮想通貨のリスクも垣間見せてくれたことも事実です。

その点では、The DAOの暴落事件が残してくれた教訓は、少なくなかったのではないでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する