⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

 仮想通貨を通貨として認められた「改正資金決済法」などの法整備が進むにつれて徐々に仮想通貨に興味を持つ人も増えてきています。

そうなれば必然的に仮想通貨を売買する取引所が必要となってきます。既に存在していますが、これからもっともっと増えてくると予想されます。

取引所選びについてはいろいろな基準がありますが、今回はzaif取引所の特徴あるマイナス手数料について話を進めて行きたいと思います。

zaif取引所について

zaifの名称の由来は、財布に「」をつけた「財布(ざいふ=zaif)」から付けられているそうです。ブロックチェーンやビットコインなど次世代のテクノロジー、通貨に対応した次世代の財布という意味です。

zaif誕生

zaifはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所サービスです。

2015年3月4日 、テックビューロ・ラボは、国産のビットコイン・モナーコイン取引所の老舗であるetwingsを買収し、「zaifExchange」(ザイフ)として誕生しました。

日本円を入金すると仮想通貨との取引が行えることのほか、仮想通貨と日本円での両方でも引き出しができます。

ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、技術アドバイザーを務めたことから、特に力を入れて応援している取引所でもあります。

zaifの特徴

国内の取引所では唯一アルトコイン(ビットコイン以外のコインの総称)の取引が可能なことが魅力的と見られています。

販売所と取引所があり、コインチェックは販売所であるため価格が割高になっています。

また、他の取引所にはない、仮想通貨の銀行引き落としによる積立投資を実施しています。(後述)

中でも、一番インパクトのある特徴はマイナス手数料です。(後述)

積立投資

zaifはビットコインに興味があって買ってみたいけど、売買のタイミングがわからないという人のために銀行の自動引き落としによるコインの積み立てができるシステムステムもあります。この制度を利用すれば、売買のことが分からなくてもコインを買うことができ、初心者にはありがたい制度と言えます。

人間が投資をすると、意に反して高い時に買って安い時に売るような、結果的には損失となってしまう傾向があるので、定期的に資産を買いつける積立投資が有効と言えます。

長期的な積み立てでは最も手がかからずローリスクな投資手法です。

積み立てたコインは、好きなタイミングで売買することが可能です。

ビットコインの積み立て投資ができるこのシステムは国内で初めてです。

取り扱いコイン

zaifは国内の取引所では唯一アルトコインの取引が可能で、日本で最も多い量となります。

他にアルトコインを扱っている取引所にはコインチェックがありますが、取引ではなく販売のみです。つまり、通貨をコインチェックから購入という形になるので価格が割高となります。

現在世界的に知られているアルトコインは5種類ですが、「zaifコイン」など独自の仮想通貨も発行していたり、一風変わった色々なものがあります。それも含めると数十種類となります。

Zaifでは、以下の通貨の取引が行なえます。

ビットコイン:仮想通貨の代名詞的存在です。

NEM(ネム・XEM):NEMは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称。

モナーコイン(MONA):日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の日本発の仮想通貨です。(後述)

ZAIF:Zaifが発行したオリジナル仮想通貨です。

カウンターパーティー(XCP):ビットコインのブロックチェーン上に作られた分散型金融プラットフォームで使用される仮想通貨です。

ビットクリスタルズ(BCY):仮想通貨と融合したゲーム「スペルズ・オブ・ジェネシス」の独自通貨。日本での取り扱いは少ないです。

Storj(ストージ、SJCX):分散型ファイルストレージサービス Storj(ストージ) で使用される仮想通貨。日本での取り扱いは少ないです。

フィスココイン(FSCC):金融情報を配信する株式会社フィスコ発行する仮想通貨です。

モナーコインとは

モナーコインは日本で生まれた国産暗号通貨の1つです。ほかにも国産暗号通貨は複数ありますが、海外の取引所でも継続的に扱われている中では時価総額が一番多く有名です。

巨大掲示板の「2ちゃんねるから生まれた日本発日本初のアルトコインです。(ビットコイン以外の仮想通貨)です。

購入できるのは国内取引所の中では、ザイフのみです。日本円またはビットコインで購入できます。モナーコインを買いたい人、トレードしたい人、興味がある人にはzaif以外に取引所の選択肢はありません。

モナ―プロジェクトなるモナーコインを開発する有志がオープンソースによりプログラムを作成し公開されています。

マイナス手数料について

zaifで一番インパクトのある特徴は、マイナス手数料でしょう。取引をすればするほど、手数料がユーザーに返ってくるという仕組です。手数料の0.01%分が安く売買ができることになり、とてもお得感がありますね。

要はトレードすればするほど、zaifからボーナスがもらえるわけで、取引コストにとらわれることがないので自由で手軽に取引に集中できることになります。このような有利な点があるので他の取引所よりは選ばれやすいと言えます。

仮想通貨取引所zaifでは、20173月も売買においてマイナス手数料を継続して実施しています。

 ビットコイン:円 手数料(BTC/JPY):maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01%

ネム: 円 手数料(XEM/JPY):maker手数料 : 0% taker手数料 : 0.1%

 ネム:ビットコイン 手数料(XEM/BTC):maker手数料 : 0% taker手数料 : 0.1%

 モナコイン:円 手数料(MONA/JPY):maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01%

 モナコイン:ビットコイン 手数料(MONA/BTC):maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01

 これは、例えば、国内最大手のbitFlyerが取引手数料0.01~015%のところ、zaifは取引の手数料がマイナス0.01%で、初心者でも売り買いがしやすい環境にありますね。手数料がかからなければ取引の手軽さが全く違いますね。

 現物取引以外にもマイナス手数料は有効です。

 ビットコイン現物取引手数料 マイナス0.01

 ビットコイン信用取引手数料 マイナス0.01%

 アルトコイン取引手数料 コインにより変わってきます。

銀行の入金にかかる手数料は銀行によって変わってきます。出金手数料は 50万未満=350円、50万以上=756

 ビットコイン送付手数料 0.0005BTC

 アルトコイン送付手数料は コインにより変わってきます。

ここでも、 銀行の振り込み手数料などは必要となってきます。

 ユーザーにとって手数料が入ってくることは何にも勝るメリットであると思います。

手数料ゼロの取引所は他にもありますが、マイナス手数料を導入しているのはzaifだけです。

最先端のセキュリティ技術を導入しながら、日本で最も簡単にそして安全に、さまざまの仮想通貨がグローバルに取り扱えるサービスがzaifのビジョンでもあります。

日本での仮想通貨に関する正しい安全性や利便性のイメージ定着とその流通の拡大、普及に尽力し、それらの達成のため、まず、ユーザーの利便性を考えた取引手数料を「無料ではなくマイナス手数料」にすることを継続するなどの経営努力もしているようです。

その甲斐あってマイナス手数料のキャンペーンにより、zaifは急速に取引量を伸ばしています。

今後の方向性

Zaifは今後もあくまでテックビューロのプラットフォームの為替エンジンとして機能し、Mijinなどのエンタープライズソリューションとのシームレスな連携などが今後は重要になるとのことでした。

また、今後はレバレッジ取引を強化したり、ペイメントの分野でも構想があるとのことなので、取引所を中心とした他社にないようなユニークな周辺サービスとの連携、充実化が期待されています。

今後もユニークなキャンペーンやエンターテイメント性、トレードする楽しさのようなものを追求していきたいとのことです。

また、利益度外視ということで、zaif単体での収益性は特に考えないでマイナス手数料をもうしばらくは続けていくようです。

まとめ

取引すればするほど得になるというマイナス手数料は他社にはない、この特別な取り組みがザイフのの魅力であると思います。

暗号通貨に将来性を感じるので、取引もしてみたいけど取引所でのやりとりはめんどう。売買のタイミングがわからないという人たちの希望を叶えるもので、一定金額を、毎月自動的に積み立てが行える積立投資は初心者にとってとても有望なものと思います。

このように、zaifにはユーザーに有利なまた初心者に優しいシステムが多いといえるでしょう。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する