⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨という言葉は日本でもよく聞くようになりましたが、店舗などで実際に利用されているところはあまり見たことがありませんね。そもそも通貨として機能しているのかなと首をかしげる人もいるかもしれません。

しかし、海外を見ると仮想通貨を決済方法として利用できる企業や店舗がたくさんあります。ただし、これはビットコインの事で、他の通貨についてはまだまだ利用できるところは少ないです。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)であるリップルも同じです。

でも最近、リップルは目を見張るような高騰ぶりを見せています。世間ではこのリップルについてどのような受け止め方をしているのでしょうね。

リップルコインってどんな通貨

リップルって通貨の名前?

ビットコイン、イーサリアム、リップルと他の通貨と並んでいれば、ほとんどの人が当然通貨の名称だと思いがちですが、厳密にいえばそうではないのです。

一般的にはそのように使われているのですが正式には Ripple, Inc.(リップル株式会社)」という会社の名称であり、会社が提供する「リップル・トランザクション・プロトコル」というサービスの全体の総称なのです。

〇暗号通貨リップル( XRP

〇リップルネットワーク(電子記録)

〇電子ポイント( IOU

〇暗号通貨間トレードシステム

これらのサービスをまとめてリップルと呼ばれています。 

仮想通貨としてのリップルはリップルコイン(XRP)で、送金などの色々な場面で必要に応じて円やドル等の法定通貨と交換して利用されています。

リップルはブリッジ通貨

送金をするときに1リップル(XRP)を支払えば相手の通貨に両替することなく送受が可能なのです。

1リップルと言えば数円ですが、通常であれば大きな手数料が必要となってきます。

これは「送金銀行→日本中央銀行→送金コルレス銀行→受取コルレス銀行→アメリカ中央銀行→受取銀行」と送金と受け取り間にいくつもの銀行が入っているからです。

しかし、リップルのシステムを利用することで「円→リップル→ドル」となるのでかなり短縮できています。これによって通常の取引に発生する「手数料・送金手数料」などの余分なコストが大幅に縮小されることになります。

このシステムはどこの国の通貨であって可能ですが、マイナーな通貨においては時間がかかる場合があるそうです。

法定通貨、仮想通貨に関係なくすべての通貨の両替を行うことができるという、このシステムがリップルの特徴であり、それぞれの通貨の橋渡しの働きをするのでリップルは「ブリッジ通貨」と呼ばれています。

ビットコインや他の通貨にないこの利便性がグローバル間の取引においても金融の土台になっているだろうと期待されています。

銀行などの後ろ盾がいっぱい

グーグルが出資することによりグーグル関連企業の決済方法にリップルが採用されることが決まり各方面からその期待値について言及されています。

「リップルは始まったばかりだけど、既にビットコインを上回っており、未来の成功は約束されたものになっている。」

「さよなら、3~5日もかかる送金システムたちよ!リップルが世界を変える」

などリップルの後ろにはグーグルが控えているという安定感が漂っています。

  • 3月31日の記事

 

「三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。高止まりしていた手数料も引き下げる見通しだ。新技術を通じた世界連合で、銀行システムの利便性を高める。」

三菱UFJ銀行が参加したのは、GPSG(グローバル・ペイメント・ステアリング・グループ)と呼ばれるリップルが主催のプロジェクトです。

同グループへ参加している銀行は、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、サンタンデール、スタンダード・チャータード、ウエストパック・バンキング・コーポレーション、ロイヤル・バンク・オブ・カナダなど名だたる銀行がリップルを銀行間取引に使用することを発表しました。

リップルにとっては日本最大の銀行、三菱UFJ銀行が参加を表明したしたことにより、その存在感と価値を一気に上昇させました。

  • 4月27日の記事

 

みずほフィナンシャルグループやりそな銀行、横浜銀行などが参加する新送金システムの連合体が、仮想通貨を使った新たな送金実験を始める。複数の参加者が取引記録などを共有し、相互に認証し合う「ブロックチェーン」を活用。銀行間の送金に仮想通貨という共通基盤を設けることで、これまでより低コストで利便性の高い新たな仕組みを探る。

今後も銀行間の両替機能を持つリップルが実用化に向けて、多くの仮想通貨の中でもより実用的な通貨として注目されていくことがまず間違いないと思われます。

リップルの推移

主要なほとんどの仮想通貨が値上がりする中で、唯一横這いを保っていたのがリップルでしたが、最近のリップルの動きには目を見張るものがあります。

価格が上がる時には必ず何らかプラスのニュースで影響されることが多いです。今まで小さな動きしか見せなかったリップルがこれほど上昇しているのはなぜでしょう。理由らしきものを探ってみます。

既にリップルには色々な後ろ建てがいることを述べましたが、そのような好材料のニュースが出るたびに価格はな値上がっています。

SBIホールディングスとは合弁で「SBI Ripple Asia」を設立し、日本、中国、台湾、韓国、ASEAN諸国で、リップルラボが提供する銀行間国際決済サービスの営業活動を行うことや、それに加えて両社は、SBI証券などでのXRPの取り扱いを検討することでも合意しています。

少し前の大きな値上がりのきっかけとなった大手「東京三菱UFJ銀行」のリップルネットワーク参加が口火となり、これまで安値で推移していたリップルが大きく高騰するきっかけになりました。

5月12日より、韓国の仮想通貨取引所がリップルの取り扱いを開始しました。その影響もあるのではと考えられています。

リップルの評判

リップルの信頼性と透明性、そしてグーグルをはじめとする出資会社の高い信頼性がこれからも、いかに受け入れられるかによって、大きく飛躍するのではないかとの期待の声が多いです。

今までほとんど動きのなかったリップルですが、ここへきて一気に価格変動が起こっています。

長い間リップルを根気よく持ち続けていた人にとってはやっと日の目を見たという喜びがいっぱいですね。「リップルをもう少し買い増ししよー」とつぶやいています。

長い間リップルの推移を見守りつけていた人は「やっとリップル買いがきたぞ」という感じですね。

また、他の通貨に関心を向いていた人からは「ちょっと見ないうちにリップルの話題が多くなってる(笑)」「リップルはいまからでも遅くないかも」と感想を述べています。

「今年は仮想通貨元年です。既に上がりきってしまったビット以外は上がるので、今がチャンスですよ。」と呼びかけている人もいました。

前に述べた大手銀行や大手企業の後ろ盾を持ったリップルには、みんな今は期待感であふれているようです。

ビットコイン以上の利便性を持っていて、バックには大企業のグーグルが控えているという莫大なメリットを持ちながら、あまりにもリップルコインの価格は低いと言えるのではないでしょうか。

日本の大手銀行がリップルを決済手段として取り入れる意向を示し、更にそれを機にリップル社が本格的に日本に参入する意向を示したということで、損をする確率がゼロ二なったとまで分析する人までいます。

これほどの伸びしろを持ったリップルは注目の仮想通貨として今後も一瞬たりとも目が離せません。

 まとめ

ビットコインは暗号通貨業界での基軸通貨としての座を手にしましたが、リップルは「全通貨の橋渡し」の通貨「ブリッジ通貨」のとしてのポジションを勝ち取ったと言えるのではないでしょうか。

リップルは価格が安定しやすく設計をされているので過去のビットコインのように今から価格数万倍認る可能性は低いかもしれませんが、安定的な上昇で数倍になる可能性は十分にあるとみられています。

投資家の間では今では仮想通貨と言えばビットコインではなくリップルといわれるほど、これからのリップルは期待感が大きくなっている。

銀行や企業から信頼を得ている一連の報道からリップルの価値は、VISA と同レベルにまで引き上げられたと評価する人さえいます。

今からが有望なこのリップルコインを今のうちに少しだけでも保有しておくと楽しみが増えるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する