⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の売買についてですが、海外の取引所しか利用できなかった数年前は言葉の壁などもあり、かなりハードルが高かったのですが、現在は日本の取引所がツールやサービス面でも充実しています。トレーダーたちにとっては素晴らしい環境がすでに整ってきていることは喜ばしいことですね。

ビットコインなどの仮想通貨を購入したいなあと思ったときにも、特色を持った取引所がたくさんあるので、自分の目的に応じて選択でき、ユーザーにとっては買い手市場なので、ありがたい状況と言えるでしょう。

日本語対応をしている取引所も12社ありますが、その一つであるzaifex change取引所(以下zaif)について紹介します。

タイトルの通り取り扱いコインについて書かせていただきますが、取引所によって扱う通貨も違っています。

仮想通貨取引所について

取引所と販売所

取引所は仮想通貨の売買ができるところです。取引所と販売所があります。

ユーザーが買いたい、または売りたいという値段と数量を提示して、それに応じる人がいると売買が成立します。つまり、ビットコインを売りたい人と買いたい人が取引をする場を提供しているところと言えます。

販売所は、ユーザーと取引所との売買取引になります。すぐビットコインが必要であったり、すぐに手放したい時には便利です。その分少し価格や手数料も高いです。

主要国内取引所

現在、独自の特徴を持ったビットコイン取引所は国内にいくつか存在します。その中でも積極的に活動している代表的な取引所の特徴について調べてみました。また、ビットコイン取引所といえども、取引所によって取り扱う通貨もちがいますので、併せてご紹介させていただきます。

「bitFlyer」  取引量世界一で資本金は国内最大級です。10万人を超えるユーザー数は国内最大です。取り扱い通貨はビットコイン・イーサリアムです。

「coincheck」 ビットコインペイメント(決済手段としてのビットコイン)特に力を入れている点です。取り扱い通貨はビットコイン・・イーサリアム・リップル・モネロ他全11種類です。

「Zaif」『ビットガールズ』等、楽しめる仮想通貨取引所として興味を持っている人が多いです。手数料分が安くなるマイナス手数料を導入しているのはこの取引所だけです。取り扱い通貨はビットコイン・モナコイン他多数です。

「bitbank trade」  レバレッジ最大25倍のビットコインFX取引所です。利益追求のトレーダー向きです。取り扱い通貨はビットコインのみです。

「QUOINE」  ビットコイン貸出機能があります。取り扱い通貨はビットコイン・イーサリアムです。

「BITPoint」  一番の特徴はMT4(メタトレーダー4)という取引ツールが使えることです。(現状の日本のビットコイン取引所では唯一)これは世界中で取引されているプラットフォーム(チャートソフト)です。取り扱い通貨はビットコイン・イーサリアムです。

zaif exchange取引所

zaif exchangeの誕生

2015年3月4日。ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、技術アドバイザーを務めたこともあるテックビューロ・ラボ株式会社が、etwingsを買収し改修を加えZaif Exchangeをリリースしました。このetwingsはビットコイン・モナーコイン取引所の老舗として知られているところです。

日本発祥の仮想通貨であるモナーコインの売買を行う取引所はzaif のみです。モナーコイン対日本円の取引を行うことができる取引所として、モナーコインユーザー間で親しまれています。

zaif exchangeの特徴

マイナス金利

ザイフの一番の特徴はマイナル手数料です。これは売買手数料を支払うのではなく、逆にその分をユーザーがもらえるのです。ただし、銀行への振り込み手数料はユーザーの負担となります。

取引をすればするほど、その額が大きくなればなるほどメリットも大きくなります。ちなみに、手数料ゼロ円の取引所はありますが、マイナス手数料を導入しているのはザイフのみです。

「ザイフコイン積立」投資

積み立て投資では利用者の銀行口座から毎月固定額を自動的に引き落として仮想通貨を購入するシステムになっています。

自分でトレードするとなれば、タイミングを外したり、判断を誤ったりすることも多く損失を生み出してしまう傾向があるようです。

そんな人には長期的な積立としては最も手間もかからず最もローリスクな投資手段と言えます。このような自動積立投資は国内では初の取り組みです。

zaif exchange取り扱い通貨

zaifでは、以下の通貨の取引が行なえますが、あまり知られていない通貨が多いかもしれません。

ビットコイン

仮想通貨の代名詞的存在。2017年1月10日現在の時価総額は、約1兆6809億円。仮想通貨の中ではトップのシェアを持つ最も勢いがあって安定している通貨です。

発行体が存在せず、ユーザー全体で管理・発行が行われています。発行上限が2100万枚と決められていることによりインフレ懸念が抑えられます。

世界中の誰でもアドレス一つで即座にほぼ無料で送信ができる。匿名性も保たれる仕組みになっています。

NEM(ネム・XEM

NEMは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称です。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標として始まった仮想通貨だそうです。2015年3月31日に公開されました。

NEMは開発者に日本人がいることなどから注目度の高い仮想通貨です。Zaifが運営するブロックチェーン構築プラットフォームmijinもNEMの技術をベースにしています。

モナーコイン(MONA)

日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の国産仮想通貨。「モナー」とは、2ちゃんねるで愛されているアスキーアートのキャラクターです。2013年12月23日公開されています。掲示板”2ちゃんねる”というコミュニティーから始まっているところが、他の仮想通貨にはない特徴があります。

ビットコインと同じように利用者が実行するプログラムによって運営・維持されていて管理者もいません。

モナーコインは国産暗号通貨として有名な通貨です。他にも世に出ることもなく開発されては消えていく通貨はたくさんありますが、モナーコインは時価総額も高く海外の取引所でも継続的に取り扱われている通貨です。

カウンターパーティー(XCP)

ビットコインのブロックチェーン上に作られた分散型金融プラットフォームで使用される仮想通貨です。ビットコインのように決済としての役割にプラスの意味を加えることができるサービスを可能にした通貨です。

また、多くの人が目的とするのは「独自のトークン(自分だけの仮想通貨)発行」や「トークンの販売」だそうです。

ビットクリスタルズ(BCY)

仮想通貨と融合したゲーム「スペルズ・オブ・ジェネシス」の独自通貨です。種類の違ったキャラクターのカードが登場してその一枚一枚が通貨としてトレードや現金化ができる革命的なゲームです。特にゲーム好き以外の人からも暗号通貨コミュニティーは注目されています。

Storj(ストージ、SJCX)

分散型ファイルストレージサービス Storj(ストージ) で使用される仮想通貨です。参加者からクラウド容量をプールしてファイルを暗号化し、ばらばらにネットワーク上に保存するサービスを提供している。今までの者と比較すると、より低コスト、高速、高セキュリティーであるところを売りにしています。

フィスココイン(FSCC)

金融情報を配信する株式会社フィスコ発行する仮想通貨。この通貨がzaifでも取り扱いが開始されました。

ZAIF

zaifが発行したオリジナル仮想通貨です。

まとめ

zaifには、「ホリエモン」こと堀江貴文氏が技術アドバイザーを務めたこともあり、堀江氏が様々な形で協力しているようです。

ザイフは取り扱い通貨の数が多い取引所ですね。特にマナーコインやMEMなどは特徴を持ったコインとして海外からも注目を浴びつつあります。

ビットコイン、イーサリアム、リップルなど3強と呼ばれる通貨には届いていませんが、モナーコインは市場価値は低いといっても600以上もある仮想通貨の中では時価総額70位前後なので健闘しているのではないかと思います

最後までお読みいただきありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する