⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

海外では投機面や利便性の良さで注目を集めているのがビットコインなどの仮想通貨ですが、その種類もたくさんあります。

ようやく、日本でもビットコインを売買したり、お金の代わりに支払いに利用したりする人が増えてきています。

仮想通貨の購入や売却をするのに便利なのが仮想通貨取引所というところです。すでに日本では特色のある仮想通貨の取引所がいくつかあります。

今回はその中でも有名なzaif exchangeについて調べてみたいと思います。日本ではビットフライヤーやコインチェックも大きな取引所として知られています。

仮想通貨取引所について

海外にもたくさんありますが、国内では代表的な取引所が少なくても12社くらいあります。ここでは主に仮想通貨の売買が行われています。仮想通貨の種類もたくさんあり、各社扱っている通貨も違います。

仮想通貨やビットコインに関心を持つ人がここ1年でかなり増えています。それに比例して取引所も凄いスピードで進化し、きちんとトレードが出来ること、取引量が十分にあることに加えて各社の特徴や独自のサービスを生み出すことによって競合しています。

取引量の他にも、手数料、セキュリティ(安全性)など比較の対象はいくらもあります。

初心者に優しくて使いやすい取引所を選択するのがいいと思います。

zaif exchange取引所について

zaif exchange誕生

zaif exchangeとは大阪に本拠を置く、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。(通称は”zaif”)

2015年3月5日、ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、技術アドバイザーを務めたこともあるテックビューロ株式会社はetwingsを買収し、それに改修を加えてビットコインと国産暗号通貨モナーコイン取引所としてZaif Exchangeをリリースしました。

手数料0円をうたい、日本発祥の仮想通貨であるモナーコインの売買を行う取引所として、また日本円と仮想通貨との取引ができる便利な取引所としてオープンしました。

取引所の特徴

zaif exchangeで一番インパクトのある特徴は、マイナス手数料です。これは取引を行うことによりユーザーが手数料をもらえるサービスのことです。要はトレードすればするほど、メリットが高くなると言えます。

手数料ゼロの取引所は他にもありますが、マイナス手数料を導入しているのはzaif exchangeだけです。

ただし、売買手数料はマイナスですが、出金の際や銀行への振込手数料、またコンビニ決済の場合の手数料等はユーザー負担となるそうです。

ビットコインの積み立て投資

これは毎月同じ金額を銀行から自動的に引き落として仮想通貨を購入していく積み立て投資です。

投資は、自分で行うと売買のタイミングを間違えてしまい、結果的に大失敗することの方が多いようです。これを防ぐためにはこの方法が有効かもしれません。

仮想通貨の価格が上昇に向いている今の時期では、とにかく何もしないので手がかからず長期的な積み立てにはローリスクで安心できる投資手法でしょうね。

ちなみに、このような自動積立投資は国内では初のアイデアです。

扱っている通貨

ビットコインのほかに日本発祥の仮想通貨であるモナコインや日本人の人気が高いNEM他多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。

簡単に紹介します。

ビットコイン:仮想通貨の代名詞的存在。2017年1月10日現在の時価総額は、約1兆6809億円。

NEM(ネム・XEM):NEMは「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨で2015年3月31日に公開されました。

モナーコイン(MONA):日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の国産仮想通貨。「モナー」とは、2ちゃんねるで愛されているアスキーアートのキャラクターです。2013年12月23日公開。

ZAIF:Zaifが発行したオリジナル仮想通貨です。

カウンターパーティー(XCP):ビットコインのブロックチェーン上に作られた分散型金融プラットフォームで使用される仮想通貨。分散型取引所や独自通貨の発行や賭けなどが実装されています。

ビットクリスタルズ(BCY):仮想通貨と融合したゲーム「スペルズ・オブ・ジェネシス」の独自通貨。

Storj(ストージ、SJCX):分散型ファイルストレージサービス Storj(ストージ) で使用される仮想通貨。

フィスココイン(FSCC):金融情報を配信する株式会社フィスコ発行する仮想通貨。

日本では比較的取り扱いが少ない仮想通貨もあるようです。

zaif exchangeの評判は?

マイナス金利

特徴でも述べましたが、zaif exchangeでの最大の魅力はマイナス手数料で、取引時に0.01%安く売買ができるのでこのお得感が大評判です。

要はトレードすればするほど、Zaifからボーナスがもらえるわけですからみんな大喜びです。

ビットコイン積み立て

人間が投資をすると判断を間違えると結果的に損失を抱える傾向があります。これを防ぐためには、定期的に自動的に買い続ける積立投資が有効です。

最も手がかからずローリスクな投資手法ですので、長期的な積み立てには適しています。自動引き落としというのも多忙な人には受けています。

ホリエモンが支持するモナーコイン

モナーコインは日本で生まれた暗号通貨(仮想通貨)で、日本の巨大掲示板”2ちゃんねる”より誕生したコミュニティベースの暗号通貨であることが特徴です。

モナーコインが2ちゃんねるのコミュニティから発祥したものとして、俳句や短歌、イラストや漫画、ゲームなどいわば、サブカルチャー的な側面を支えにする、オタク文化などとも繋がっていることを考えると独特の面白さを持った通貨です。

話題性の高いモナーコインには「モナーコインプロジェクト」が存在してオンライン麻雀やポーカーなどの賞金としてもつかわれるなどモナーコインネットワークが広がっています。

また、モナーコインはホリエモンが支持していることからも特に有名になっている通貨で、ホリエモンは日本に”ビットコイン長者”がいないことから、

「今から”ビットコイン長者”になるのはもう遅いけど、日本にもモナーコインができたので、モナーコインを盛り上げていって価値が上がっていけばビットコイン長者ならぬ、”モナ-コイン長者”が日本にもできるのではないか。そうしたところで、やっと人々が仮想通貨って儲かるんだと気づいていけば、いいのではないか」と語っています。

このようなことを彼がテレビやネットなどに発信している効果は絶大で知名度がグッと上がっています。

日本発祥通貨だけに日本で”モナーコイン長者”が出ると益々話題性を帯びてきますね。

国産暗号通貨モナーコインを取り扱っている主要取引所はzaif exchangeです。モナーコインを買いたい人、トレードしたい人、興味のある人にはzaif exchange取引所以外の選択肢はないことになります。

ユニークなサービスで大人気

他の取引所とはそもそも全く違うユニークなサービスを提供しているのが特徴です。またどんなサービスが提供されるのかがわからないという意外性の強さがZaifの持ち味だと期待感を持たれています。

『ビットガールズ』

アイドルと仮想通貨を掛け合わせた『ビットガールズ』などがあります。

特設サイトを設けメンバーのトレカブ(トレカ+株)をzaif exchangeを通してビットコインなどと交換して売り出します。トレカブとは会社でいう株式に見立てた電子トレカのことです。2017年3月でテレビ放映は終了しましたが、取引は継続中です。

このようなユニークなキャンペーンやエンターテイメント性など、トレードする楽しさのようなものを追求していきたいとのことです。

 人間ビットコインATM

zaif exchangeは誰でも「人間ビットコインATM」になれるスマートATMというサービスも提供しており、利用者はまだ少ないですが、アイディアとしては面白いとの評判です。

トレードするのはもちろん他のユーザーとわいわい楽しみたい、ユニークなキャンペーンに参加したいという、お楽しみ要素を期待するユーザーにはZaifは向いているかもしれません。

様々な口コミ

「モナーコインを利用した『信用取引』が可能となるサービスをZaifサイトでは利用できる。」

「懸念としては、取引所単体での機能は他の取引所より現時点ではあっさりしていること、モバイル化が遅れていることなどでしょう。」

「特にアプリはその他の取引所も大体揃えてきており、それに比べてZaifが遅れている領域と言えます。」

「モバイル化なども絡めてサービスの有用性を上げないと、プラットフォームとしてはまだ弱いかなという印象です。」

「今後は取引所より周辺領域に力を入れていく、という印象を受けたので、他社にないようなユニークな周辺サービスを仕掛けてくるのでしょうね。」

「zaif exchangeの信用取引、普通に行き届いていて便利だね。これから積極的に使おう。」

「取引所の中では最も様々なサービスや試みを展開する取引所なのでこれからが楽しみだな。」

「話題性にも富んでいて、何が出てくるのか将来が楽しみな通貨だなあ。」

などユーザーの思いや意見も様々でした。

まとめ

ユニークな特徴をいっぱい持った面白い取引所という印象ですね。

ビットフライヤーやコインチェックなどの取引所同様に、今後はビットコイン以外のアルトコインの扱いも増やしていきたいということですので、モナーコインやNEM以外にもEtherなども始める可能性が高そうです。まだ遅いくらいかなという感じですね。

今現在ますますビットコイン取引所が数を増やす中、今後もこのような意外性やエンターテイメント性を大切にしていきたいとのことなので、取引所を中心とした周辺サービスとの連携、充実化が期待できそうです。今後はzaif exchangeがどのような展開を見せるかが期待も含めて気になるところですね。

最後までありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する