⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「仮想通貨」「ビットコイン」は最近ではメディアで話題にされることも増えてきましたので一度は耳にしたことがあるでしょうか。

仮想通貨への社会的な認知の高まりと並行して、ビットコイン以外に新たな仮想通貨も登場しています。

調べてみたら数えきれないくらいたくさんの仮想通貨がありました。ビットコインだけではないのです。その数をは数えきれないほどです。

今回はその中でも注目されている仮想通貨、有望な仮想通貨について紹介していきます。

仮想通貨ビットコインとは

ビットコインは、言わずと知れた、暗号通貨(仮想通貨)の王様の座を誇っています。

ビットコインとは何か。それは円やドルと同様に「お金」であると言えます。

しかし、「仮想」ということから想像できる通り、円やドルとは違って、手で触ったり目に見えるわけではありません。インターネット上で存在する通貨と言えます。

現在では世界には1000種類以上もの仮想通貨が存在していて、日々価格や流通量、時価総額が通貨別にランキングされています。

その仮想通貨の中でもずば抜けたシェアを占めているのがビットコインです。中でも80%のシェアをもつビットコインは時価総額では群を抜いて大きいことが知られています。

アルトコインとは

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、Bitcoinの代わりとなるコインという意味で、ビットコイン以外の通貨の総称です。

ですから、世の中にはアルトコインと呼ばれる仮想通貨が数多くあることがわかるでしょう。

ビットコインとアルトコインのマイニングシステム

ビットコインとアルトコインの大きな違いは採掘(マイニング)にあります。ビットコインの採掘(マイニング)方式は、 Proof of Workというシステムです。

これは仕事量に応じて採掘量が増えるという考え方ですが、多くのアルトコインはビットコインとは違いProof of Stakeというシステムを採用しています。

これは仕事量に応じるのではなく、保有数に応じて採掘量が増えるというシステムです。

ビットコインの場合はマイニングに大きな電力が必要とするため高額の光熱費が必要となりますが、アルトコインの場合はその必要はありません。

Proof of Stakeはこのビットコインの弱点を、克服したシステムであると言われています。

時価総額ランキング

仮想通貨は、世界中で1,000種類以上ある(あった)とも言われていますが、残念ながらほぼ90%は、全く価値の無いコインとなっています。

現在も日々多くのコインが誕生していますが、そんな中で確実に人気を集めているともいえるアルトコインもあります。

時価総額は取引量が多いランキングです。これは人気の高さの順とも言えます。

一般的には安心できる範囲は20位までと言われています。流通をしているからこそ時価総額も高くなるのですから、これは安心材料となるでしょう。

でも、そのランクは日々変わっています。今現在の上位10位までをご紹介しておきます。(2017年5月7日)

第2位 Ethereum(イーサリアム)、第3位 Ripple(リップル)、第4位 Litecoin(ライトコイン)、第5位 Dash(ダッシュ)、第6位 NEM(ネム)、第7位 Ethereum Classic (イーサリアム クラシック)第8位 Monero(モネロ)、第9位 Golem (ゴレム)、第10位 Stellar(ステラ)

仮想通貨はビットコインだけではないので、上位にランキングしているアルトコインについては名前だけでも覚えていってくださいね。

今後はこのアルトコインの中からビットコインを凌ぐ通貨が出てくる可能性はあると思います。

アルトコイン有望

信頼できるものを選ぶ基準として

MarketCapランキング上位20位以内」という指標があります。

順位の変動は大きいですが、このランキングで見たこともない様な、仮想通貨は安心できるとは言えません。ね。

仮想通貨はビットコインを筆頭に、多種多様なコインが存在しています。それぞれに特化した特徴や利点があるからこそ、誕生し存続できているのです。

ですから、このランキングは重要だと思います。

アルトコインの時価総額から

ビットコインの取引量や認知度が圧倒的なのですが、それに続いて比較的上位に位置している通貨も有望と言えるのではないでしょうか。いくつかを紹介しておきます。

イーサリアム

アルトコインの中ではトップの座を獲得し安定しています。

ここ最近はイーサリアムアライアンス(同盟)というグループが発足し、マイクロソフトやインテルなどコインピュータ関連の大企業がグループの一員となるなどイーサリアムのスマートコントラクトに注目が集まっています。

3月半ば頃は2000円~3000円あたりでしたが、5月現在では10000円を超えています。

過去にはセキュリティーの問題もありましたが、現在は価格が下がる悪い原因が見つからず、上昇を続けているのが特に注目したいところです。

リップル 

2004年にカナダの Ryan Fuggerというウェブ開発者より作られました。ビットコインとの違いは管理主体が存在しているところです。

通貨間のやり取りにXRPを使い交換が行えるのが特徴です。

これはリップルネットワークを用いることにより、ドルから円に交換や送金をしたい時にはドル~XRP~円、また、ビットコインからドルの場合はBTC~XRP~ドルというようにブリッジ通貨的に使える利便性は他の通貨にはない特徴です。 

そして日本国内でもみずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスが共同でリップルのシステムを使った送金の実験を行っているそうです。

2017年秋頃にはリップルネットワークに多くの金融機関が参入すれば価値が上がることは予想できます。

金融機関の動きに注目ですね。

ダッシュ 

ダッシュはセキュリティート匿名性が高い通貨として特別に設計された代替仮想通貨としてとても注目されています。

2017年4月には暗号通貨初のダッシュ専用のニュースサイトが誕生しました。このような取り組みの影響で海外ではコミュニティーが活発になってきたようです。

2017年には「進化」と呼ばれる大規模なアップデートが予定されているそうなので、今後価値が上がっていくと考える人が多いです。

ライトコイン

ライトコインは従来のビットコインから派生したものでビットコインの取引スピードを改善し新たに作られた通貨と言われています。

3月末で500円前後でしたが、今では7倍弱ほどに伸びています。

Segwit導入により取引時のブロックのデータサイズを圧縮できる、収める量」が増えるといった技術的メリットもあります。その上送金が安い速いなど、ビットコインの弱点をカバーしている通貨とも言えます。 

また、コインベースがサポートすることが強みだそうです。

これはビットコインの未来に影響を及ぼしかねないとも見られています。

未公開の仮想通貨にも注目

未公開ですので当然ランキングにはありませんが、有望とみられる仮想通貨ではあります。

エイダコイン 

オンラインゲームのユーザーは数万人と言われていまが、日本ではスマホユーザーが多く、それと比例して膨れ上がるギャンブル市場の売り上げが注目されています。

カルダノはブロックテェーン技術を活用し、暗号通貨を基軸にしたオンラインゲームプラットフォームです。

カルダノはいかさまなどの不正ができないオンラインカジノを実現させたことが大きく評価されています。

それに開発者がすごい人なのです。

1000種類以上もある仮想通貨の2位を占めているイーサリアムやビットシェアーズを開発した天才数学者チャールズホスキンソンがこのエイダコインの開発者です。

インターネット界でいえば、ビルゲイツかスティーブジョブズの立ち位置にいる人です。

仮想通貨は作るのは簡単らしいですが、普及させるのが超難関ではないでしょうか。その意味では口で理想を語るだけではなく結果を出して実績を持つ人物と言えるでしょう。

公開前で今注目を浴びています。

ノアコイン

フィリピンの貧困層を救うために立ち上げられた仮想通貨で、フィリピンでの海外送金での利用を促す目的のために開発されています。

フィリピンでは出稼ぎの人口が多く現在では、送金時の手数料の高さが社会問題(経済問題)になっています。ノアコインでは送金手数料は無料です。

フィリピン国家を巻き込んだ政財界有志が集まるプロジェクト(ノアファンデーション)が主体となってこのノアコインに対するプロモーションが行われています。

ノアコイン普及のために中心となって都市開発計画(ノアシティー)が順調に進められています。

2018年6月12日のフィリピンの独立記念日に公開を予定しているそうですが、ノアコインは初年度、20%の利息がつくことでも知られています。

「ノアコインに両替しておくだけで億万長者!」というタイトルも見たことがあります。

何か夢が持てそうですね。少しだけでも保有したいという思いになりますね。

まとめ

ビットコインは指摘されている弱点もいっぱいるにもかかわらず、やっぱり強いですね。通貨として確立しているからでしょうね。

一方、その他のアルトコインは通貨としての信用はまだまだ得られていないという状況ですがビットコインを凌ぐすばらしさを持っています。

ビットコインが値を下げたなら、ビットコインの改良版に値する有望なアルトコインがいつでも出番を待ち構えているような状況ですね。 

また、今年はアルトコイン元年なんて言われてたりもします。時間の経過と共に認知度も上がり、アルトコインの進化に気づかれ始めているのではないでしょうか。

長い目で見れば、確実に価値が上昇するでしょうね。

それに、ビットコイン所有者も、普段はアルトコインを保有し、必要に応じてビットコインに換金して使用するという人も増えているそうです。 

この様な流れから考えると、アルトコインたちのパーセンテージもビットコインに追い付いてきそうな勢いですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する