⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2015年3月に公開された新しい通貨nemがこのところ、急騰しています。公開直後はほとんど値がつかず、1円にも満たなかった時期が長く続いたnemですが、2017年3月に入ると、上昇の一途をたどり、5月はじめには8円を超えてきました。nemの将来性について予測してきました。

一気に高騰した仮想通貨nemの特徴

New Economy Movement をめざすnem

ここ数カ月で一気に高騰してきたnemですが、その理由をさぐるために、nemの特徴についてみてみます。

仮想通貨nemは、ハンドルネーム:utopianfutureというハンドルネームをもつ人によって、2014年1月19日に企画がもちあがり、2015年3月31日に公開されました。

nemは「New Economy Movement」の略で、nemを使って新しい経済圏を創り出そうという意図が込められています。

その新しさとは、「自由・分散化・平等および連帯感」の原則ですが、簡単に言えば、これまでのビットコインなどの仮想通貨に対して、誰でも報酬をもらえる取引の仕組みをつくりあげて、公平さや富の分散化をはかることを特徴としています。

ビットコインの場合は、マイニング(採掘)といって取引の承認をおこなう作業に対して一定の報酬が与えられ、それがブロックチェーンによる取引の安全性を確保することにつながっています。

これがPOW(Proof of work)と呼ばれる作業です。このシステムは、処理の速さを競う競争によって勝った人のノード(ネットワーク上の端末)に報酬が与えられるので、大型のコンピュータを使ってブロックを作成する人にかないません。

誰でも、マイニングによって報酬を得られるわけではなく、マイニングに関しては不平等な状態となっています。その意味では、富の分散ではなく、集中となっています。

次に登場する、マイニングの方法であるPOS(Proof of Stake)の場合は、取引高の多い人が取引の承認作業を行うシステムですので、こちらも時間は大幅に短縮されたとはいえ、マイニングの報酬は取引高の多い、資産のある人に与えられる仕組みで、富がいっそう集中化します。

ビットコインをはじめとした仮想通貨に取り入れられているブロックチェーンの技術をささえるマイニングの報酬が、膨大な電力を使用して行われる競争の結果であったり、資産のある特定の人に与えられているのがこれまでの仮想通貨でした。

POI(Proof of Importance)のシステムの導入

そうした仮想通貨の取引の欠点を補うべく、nemは誰でもが報酬をもらえるように、取引の承認作業をになえる人は、nemの残高だけでなく、取引量・取引回数・取引相手によって決まるPOI(Proof of Importance)のシステムを採用しています。

nemを使って、多くの人とたくさん取引を行う、ネットワークに貢献する人が承認作業によって、nemを手に入れることができるのです。この作業のことを、nemの場合はハーベスティング(収穫)と呼んでいます。

この報酬は、取引をした側の手数料で支払われるのですが、誰がハーベスティングをできるかは、およそ1分間に1回、Importanceを基にしてランダムに決まっていきます。

自由・分散化・平等を特徴とした「新しい経済圏」を創り出すという意味は、こうしたハーベスティングのシステムを指しているといっていいかと思います。

これまでにない、ハーベスティングという承認作業を取り入れ、誰でも報酬を獲得することができるチャンスを提供しているわけですから、その点では自由で平等ですし、富の分散化に貢献します。

nemのチャートからみえるもの

鳴かず飛ばずであったnemの価格

nemの通貨単位はxemですが、そのチャートをみてみますと、2015年3月の公開直後からしばらくの間、1円にも満たない時期が続いていることがわかります。

1円を超えてくるのは、2017年3月に入ってからです。

公開から2年間、ほとんど鳴かず飛ばずの仮想通貨であったnemですが、その意味では「新しい経済圏をつくる」という熱い思いが、単なる夢物語で終わってしまいそうな展開をたどっていたわけです。

2017年3月といえば、nemに限らず、ほとんどすべての主要な仮想通貨が値上がりをはじめた時期です。

仮想通貨元年に相応しい相場の展開ですが、この背景に金融庁による仮想通貨の承認という法的規制のスタートが関係しています。

正式に通貨として承認される事態が、仮想通貨全般に対する評価を高め、その普及と同時に、投資の対象として注目されるようになったわけです。

これをきっかけに、ビットコインなどの仮想通貨の王様だけでなく、さまざまな特徴をもつ仮想通貨が注目され、値上がりしています。

nem の急騰

nemも値上がりました。2ヵ月後の5月はじめには8円を超え、9円に近づきました。

それにしても、3月に1円だったのが、2ヵ月で8~9倍です。5万円分のxemを持っていた人は、たった2ヵ月で40万円~45万円です。

ビットコインも値上がりしていますが、3月下旬に急落して約10万円になってから、5月はじめに17万円に値上がりしただけです。もともと高い水準で相場が動いてきただけに、値上りしたといっても、2倍まではいきません。

イーサリアムは、かなり上がりました。3月に入って2,000円を超えてきて、その後急騰していきます。5月はじめ現在、10,000円をこえた値上りをみせています。

約5倍ですが、nemの上昇率にはかないません。

nemの将来性

nemはビットコインなどの仮想通貨とちがって、総発行枚数8,999,999,999xemがすでに1600人の投資家に均等に分けられて発行されています。だからビットコインのように、発行されるにしたがって、上限に近づくことがありません。

単純に計算すると、一人が5625万xemを保有したことになります。それが、1xem=8~9円ですから、そのまま所有しているとすると、5億円くらいの資産価値になっています。

思いもよらない値上りですが、開発者たちにとっては予想された展開かもしれません。

ここまで急騰した背景に、改正資金決済法による仮想通貨全般に対する通貨としての承認という後押しがあるのですが、そのほかにもそれぞれの仮想通貨の特徴が関係しています。

nem の魅力

nem の場合、自由・分散化・平等、そして連帯という理念に共鳴した人々のnemへの注目があります。

誰でも報酬をもらえるハーベスティングに参加できる(といっても10,000xemの残高が必要)平等性は、私も私もと広がっていくだけの魅力です。

nemの単価の安さも大きな特徴です。ビットコインはすでに17万円を超えてきていて、1btcを手にするには17万円が必要です。もちろん、少ない数量のビットコインの購入もできますが…。

nem は、これまで1円で購入できましたし、値上がっても8~9円です。10万円分のxemを購入すると、すごくたくさんのnemを持っている感じになり、何かリッチになった気分になりませんか。

nemの時価評価額(価格×流通量)が6~7位であることも、nemへの投資意欲を駆り立てます。

仮想通貨は現在、1,000種類以上が発行されていますが、そのなかでもこのところ10位以内に連続して入っているnemの取引高の多さは、nemの確かさを保証してくれます。

自分自身の取引が増えれば増える程、ハーベスティングでもらえる報酬が増えるという自己増殖型の収益の仕組みも面白いですね。少額でも取引を頻繁に行ってみようという気持ちになります。

まとめ

これまで、nemの特徴などをおさえながら、最近のnemの相場の急騰という事態をみてきましたが、nem の人気が高まる要因がいくつかあることに気付きます。

やっと注目されはじめたnemだけに、今後もxemの価格が上昇を続ける可能性が高いです。

1xemが10円を超える時期は、そう遠くはないのではないでしょうか。もっとも、急騰すれば、売って儲けようという投資家心理が働きますので、急落することも考えられます。

しかし、自己増殖する仮想通貨ともいえるnemの特徴などから、まだまだnemを購入する人々が増えそうです。

これから、さらに何倍になるか予想は難しいのですが、現在の8~9円からその2倍の16円を超えることを期待して、多少ともnemを購入しておくのも面白いですね。

なお、日本でnemを購入できる取引所は、現在(2017年5月)、Zaifとcoincheckの2つしかありませんので、購入を希望する人はそちらからになります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する