⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年は仮想通貨元年です。仮想通貨法案が施行され仮想通貨は貨幣と同等になりました。それと同時にメディアで取り上げられることが多くなり、更なる仮想通貨の普及が期待されます。

仮想通貨(暗号通貨)と聞けばビットコインを思い浮かべる人が多いと思いますが、ビットコイン以外にたくさんの種類があることをご存知でしょうか。600種類、いえ1200種類あるとも言われています。私もびっくりしました。

新しい仮想通貨にはそれぞれの特徴を持って世に出現してきます。何の特徴も持たない通貨はあまり価値も無く騙しの材料とみなされて一瞬にして消えてしまうことが多いです。

ですから、話題になるだけでもそれなりに価値は認められているとも考えられます。

今回のcashは認知度は低い上に暴落の危機も体験している通貨です。それなのに今現在、ランキングでは11位~12位で頑張っている通貨です。ちょっと詳しく調べてみたいと思います。

仮想通貨とは

仮想通貨はこれから急成長が期待されている「通貨」です。

仮想通貨とは、インターネット上で発行・取引される通貨です。

自国の経済が不安定になり、その不信感から財政・経済・政治に左右されない仮想通貨に大きく期待が傾いていくのです。

仮想通貨は円やドルのように世界中で利用でき世界全体の経済活動を促進させるために作られている通貨です。ですから、使えるお店やサービスがあれば実際の通貨同様に世界中のどこでも使用できています。

送金については驚くほど手数料が安いです。銀行を通さないので24時間365日、曜日に関係なくいつでも取引ができます。特に海外送金での利便性は抜群です。数円の安さで送金完了時間も数分で済みます。

また、仮想通貨は「投資」対象としての市場には徐々に盛り上がりを見せつつあります。

ビットコインは当初の価値から比較すると10万倍以上になっています。1,0000円を取得していた人は10億円を手にし、すでにビットコインへの投資で億万長者になっている人が存在します。ご存知ですよね。

仮想通貨はビットコイン以外にも数百種類あります。それらの通貨は現在はまだまだ底値と言われています。、これからどんどん価値が上がっていく可能性があります。

従って、ビットコインのみならず、次なる「仮想通貨長者」が生まれることも期待されています。

zcashってどんな通貨

ビットコインとの比較(特徴)

モネロやDASHコインはどちらも秘匿性を重視したコインで、今大変注目されている通貨ですが、2016年10月には、さらに、匿名性の高さを誇った「zcash(ジーキャッシュ)」が公開されて話題になりました。

zcashの発行上限は2100万枚でビットコインと全く同じです。承認時間もほぼビットコインと同じです。

zcashの大きな特徴としては、ビットコインより高度な匿名性にあります。

ビットコインのブロックチェーンも匿名性には優れていると見られていますが、zcashは更に高度な匿名性を実現しています。

ビットコインの場合は取引者の名前などは匿名できますが、送金額や残高などは誰でも公開できる状態になっています。つまり完全に匿名性が守られる仕組みにはなっていません。

一方、zcashはそのような情報もすべて他のユーザーに見られることはありません。閲覧キーを持っているユーザーは自由自在に閲覧することができます。

zcashの匿名性は「ゼロ知識証明」という技術によって支えられています。ゼロ知識証明とはその取引内容については暗号化されているので何も知らされることはなく、「真実である」ことのみを証明することが可能な技術です。

zcashはビットコインのセキュリティーの強化版であるとも言われ、取引の追跡が不可能として評価されています。

zcashはなぜ暴落した(理由)

zcashが公開直後から高い注目を集めた背景には匿名性の高さがあったからです。

匿名性に優れている仮想通貨、第二のビットコインと注目を浴び、2016年10月28日にリリースされ、当初は相場が14万以上に跳ね上がりました。

zcashはリリースされて一ケ月もたたないうちに10000万円前後に下落しています。

今は少し値を戻し、9000円~10000円あたりに推移していますが、2017年初頭では3000~5000円を上下していました。

おそらくリリース後これほど価格の下落が激しかった通貨は他にはないでしょう。

そもそも、流通もしていない、利用価値も低いzcashがビットコインより高値で止まること自体が普通では考えにくいと思う人もいました。

ちなみに、ビットコインはその頃7万円前後でした。

元が異常に高すぎたから下落するのも予想できます。

ほとんどの仮想通貨は市場で出る前に、ある程度マイニングされて、そのコインを先に購入する形でICOやプレセールで資金を集めているそうですが、このzcashはプレセールはなくマイニングから始まりました。

コインがゼロの状態から少しづつ市場に出回っていくという形だそうです。

zcashに対する期待感からなのかリリース直前の価格高騰はすさまじく加熱状態であったこと。市場としてはプレセールが行われなかったことへの過剰な期待感ということが暴落の理由の一つとして考えられています。

それにしても凄まじい下落でしたね。

zcashの普及と今後の可能性

zcashは新しい通貨でもあり、日本ではほとんど馴染みがない通貨ですが、世界では時価総額では10位から13位に位置しています。

まだ新しいだけにあまり知られていないのですが、ビットコインに近い性能を持ちビットコインよりも匿名性では優れている通貨なので、それだけ伸びしろが高い仮想通貨として期待できると言われています。

公開以後急落したことは先に述べましたが、。2017年3月半ば頃まで2000円~3000円前後の低値で続いていたzcashがまた、急激に上昇しました。11000円を超えました。

その上昇の理由としてはzcashがJaxx(いくつもの仮想通貨を保管できるソフトウエア)に搭載されるという発表をきっかけで、一時的には3倍以上に上がったようです。

でもその急激な伸びから現在は少しだけ下落気味です。

ビットコインや他の通貨と違って低迷が続いていたジーですが、最近ではビットコインのチャートとほぼ同じ動きを見せかけています。

モネロやDASHコインと同様にビットコインの上昇と匿名性のある暗号通貨には関連が深く、指標となりそうな感じがします。

「2017年おすすめの仮想通貨ベスト6」でも、ビットコインに続いて2位にランクインしています。やはり取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を謳う優れた仮想通貨であるところが大きく評価されていると考えられます。

ビットコインの弱点を補っているとも言え、さまざまなビジネスに応用が期待できる部分が何よりの強みと言えるでしょう。

ただし、知られていなければどんな良いお店でも繁盛しないのと同じで、zcashの価値も多くの人に知られなければ価値はあがりません。

こんなに話題になり注目度の大きいzcashですので、これからの広がりも期待できるのではないでしょうか。

まとめ

zcashは匿名性の高さに特徴を持つ仮想通貨です。同じ匿名性に特徴を持つDASHやMoneroと同様に、今後も注目を集める存在になるでしょう。

ビットコインの弱点を補っているとも言え、さまざまなビジネスへの応用が期待できる部分もあります。

その他の主要な匿名通貨 MoneroやDashとは良いいライバルになるのではないかと期待しますが、相場が超下落したことでイメージ的には遅れを取っている感は拭えないですね。

zcashはは多くの仮想通貨の大物が参画していて注目されていると聞いています。今後の動向に期待していきたい通貨です。もちろん、モネロやdashコインとともにどうなるのかが見ものです。

ジーは全くの底値からは脱出した感がありますので、今からが本当の購入のチャンスかもしれません。

仮想通貨の普及が始まったばかりの2017年も新たな仮想通貨の可能性、進歩を含めて益々目が離せない状況になってきましたね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する