⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

1,000種類以上がある仮想通貨のなかでも、特異な仮想通貨がリップルコイン。それは、この通貨そのものを支払いや送金に使うわけではないからです。

ブリッジ通貨と呼ばれ、決済や送金などの取引の過程で、円やドルなどの両替を仲介しているだけだからです。このリップルコインの相場の最新を知る方法をまとめてみました。

個人よりも金融機関が注目するリップルコイン

ブリッジ通貨としてのリップルコイン

リップルコインの特徴についてまず説明しましょう。

たとえば、日本とアメリカの間で送金をする場合、日本円をドルに両替して送金します。この両替は銀行などの金融機関が行っていますが、手数料も時間もかかります。

この両替をほとんど無料で瞬時にすますことができるならば、送金をする企業や金融機関などにとってはとても助かりますし、コストの削減と時間の有効利用が可能になります。

これを行っているのがリップルです。アメリカにあるリップル・ラボ社が開発した、金融商品の決済・送金システムのことです。

円をドルにどういうレートで両替して送金するかをインターネット上で取り決めた規則のことをリップルといい、この規則=システムのなかで「仲介通貨」として使用されているのが「XRP」です。

円やドル、ユーロ、人民元などの法定通貨だけでなく、ビットコインなどの仮想通貨との両替も取り扱っていますので、非常に便利です。

そんなところからブリッジ通貨と言われているのですが、その両替のやり方は、「IOU取引」と呼ばれる、借用証書を取引所が顧客に対して発行する形で行われています。

「IOU」とは、「I owe you(私はあなたに借りがある)」を略したものですが、この借用証書の発行システムで、金融機関相互の決済・送金ビジネスを安いコストで効率的に行えるようにしているわけです。

金融機関にとってはとても便利な仮想通貨といえます。

よくリップル(XRP)というシステムをリップルコインと呼んでいますが、この言い方は、正式なものではありません。便宜的にリップルコインと呼んでいるだけです。

リップルコインのリリース(公開)とその後の相場

リップルコインが公開されたのは2013年の始めです。このときの値が1XRP=約0.6円でした。

その年の12月には、リップルの機能が注目され、早くも1XRP=約6円に急騰し、10倍になりました。

リリース当初、リップルコインを10万円分購入した人は、100万円に資産が増えたことになります。

このときの急騰の原因は、リップルの評価が一気に高まって値が上がったというわけではありませんでした。

ビットコインをはじめとした仮想通貨への、中国マネーの大量の流入が原因のようです。

中国の高度経済成長にかげりが出てくるなかで、中国元の低下がおこり、ビットコインなどの仮想通貨を中国の富裕層が爆買いした結果です。

この爆買いの直後に、中国政府がビットコインの売買の禁止を行いましたので、急騰はしたのですが、ビットコインはすぐに急落していきます。

リップルコインも同様で、2014年1月には1.7円まで一気に下がります。

低迷するリップルコインの相場

急落のあと、少し持ち直すのですが、2014年6月にはリリース直後の価格よりも下がってしまいます。0.4円程度まで下がりました。

その後は、0.6円前後の時期がしばらく続きますが、2014年11月以降に、以前とはちがう理由で急騰していきます。12月末には3円を超えました。

急騰した理由は、欧米の金融機関がリップルを採用して、リップルを銀行間の送金手段として取り入れることになったからです。

その後は、次第に値を下げ続け、2016年の半ばころにはふたたびリリース時とおなじ0.6円程度まで下がってしまいます。

なかなかコンスタントに上昇していかないのがリップルの相場の特徴です。

これにはリップルが金融機関相互の決済・送金ビジネスに関連して採用されていて、一般の人にはほとんど関係がないという特徴が絡んでいます。

一般の人がリップルコインを使用してメリットがあれば、リップルコインを購入しますし、リップルの需要が増えますから、その相場は上がります。

もちろん、投資の対象としては一般の人も購入することがあるでしょうが、実際の使用が金融機関等に限定されていることがネックになって、値段が上がらない結果となっています。

2016年6月から8月にかけて、わずかですがリップルは上昇します。0.6円から0.8円に上がりました。

これにはグーグルがリップルの将来性に注目して出資したことなどが関係していると言われています。

少し上がったとはいえ、わずかですからリップルの価値が大幅に上昇したわけではありません。

リップルコインの最新の相場を知る方法

リップルコインの取引所

リップルコインは、リップルを取り扱っている取引所で購入します。日本でリップルコインの取引所は、東京JPY発行所とMr.Ripple、coincheckの3つがあります。

このなかでは、2016年9月に取り扱いを開始したcoincheckが手軽に登録できて購入しやすい取引所ですが、リップルコインの相場の変化をみるチャートが豊富なのがMr.Rippleです。

東京JPY発行所は、イギリスの会社の東京支店ですが、グーグルクロームをダウンロードしてそこからサイトに入ります。相場の変化をみるチャートなども掲載されていますが、少しわかりにくいですね。

リップルコインのチャート

リップルコインのチャートをMr.Rippleのサイトでみてみます。ファーストページに現在のレートがあります。その右横の「チャート開く」をクリックします。

すると、3年、1年、6月、3月、1月、3日、1日の7種類のチャートがあることが分かりますので、そのなかから必要に応じて、どれかチャートをあけてみてください。

長期のチャートでは、6ヵ月のチャートが参考になります。というのも、しばらくの間、リップルコインの相場が動かなかったからです。

6ヵ月のチャートをみると、はっきりとした変化が2017年3月末からはじまったことがわかります。30日に2.67円の高値をつけ、4月1日に5円に急騰しました。

4月1日は、前年(2016年5月)に成立した改正資金決済法が施行された日です。正式に仮想通貨が決済手段として政府に承認され、取引所の登録制がスタートし、リップルコインも承認された仮想通貨の仲間入りをします。

これで金融機関も企業も、リップルコインによる決済・送金システムを安心して利用できることになりました。

金融機関等の決済・送金手段として、国家によって承認されたリップルコインへの注目度の高まりを考えて、急騰したものと思えます。

今後のリップルコインの相場の予想

Mr.Rippleのチャートには、1月・3日・1日もありますので、ごく最近のリップルコインの動きも分かります。

3日チャートでは、2017年4月17日からの3日間では、3.6円前後でほぼ横ばいの状態が続いていたことがわかります。

5円まで急騰したあとも、比較的高い値で推移していて、0.6円でずっと低迷していた時期と、2017年4月以降は、はっきりとちがったステージにリップルコインの相場が変わったことが読み取れます。

3.6円といえば、リリース直後の0.6円の6倍です。1万円相当のリップルコインを所有していた人は6万円になります。4年で5万円の利子がついてわけですから、早期に投資した人はかなり儲かったことになります。

リップルコインの今後の相場ですが、改正資金決済法の施行によって、いっそう金融機関や企業間の決済・送金手段としての利便性が認知され、金融と情報技術のハイブリッドであるフィンテック(Fin Teck)でリップルコインの導入がすすむことが予想されます。

その意味では、これ以上大きく値下がりして、かつてのような0円台に逆戻りすることは考えにくいのではないでしょうか。

ただ、一般の人むけの仮想通貨ではありませんし、運営元のリップル・ラボ社も金融機関や企業での導入に力を入れていますので、大きく値上がりすることはないでしょう。

まとめ

リップルコインの特徴である「ブリッジ通貨」として、金融機関等の間で活用される状況が広がってはきたのですが、ビットコインのように、一般の人々が支払い手段として購入する通貨ではありません。

それだけに一気に需要が伸びて、リップルコインの相場が上がることはないでしょう。

フィンテックの急速な進展は考えられますので、その過程で一般の人々にもメリットをもたらすようなリップルコインの活用の仕方が出てくると事態は変わると考えられます。

投資にあたっては、しばらくは様子をみるというのが妥当かと思います。

もし、投資するなら、リップルコインの特徴がどういかされる経済・社会になるのかを楽しみながら、長いスパーンで保有することを前提に購入してみることでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する