⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨ビットコインは、海外ではとても普及していることをご存知ですか。

日本ではまだまだ正しい認識はされず、危険であると考える人が多いですが、海外では便利な通貨として多くの人が日常的に利用している国もあります。

特にアメリカやカナダそしてメキシコなどでは、仮想通貨界の専門家たちがビットコインが将来、決済手段としてはかなり重要な位置を占めると考えています。

日本でもやっと仮想通貨を貨幣と認定されたり消費税非課税などの法制備も整いつつあります。その結果これから先もビットコインの利用者が増えていくと予想されています。

その注目の仮想通貨ビットコインの売買は主に仮想通貨取引所で行われています。

今回は特に海外の取引所に注目したいと思います。

仮想通貨とは

世界では普及していて、日本では認知されつつある仮想通貨ビットコインのことを簡単に説明したいと思います。

一言でいえば「インターネット上で流通する世界共通デジタル通貨」なのです。

今では国も「貨幣」と認定しました。お金と同等に決済手段に使える通貨です。法規制により仮想通貨が健全に広がる体制を整えてくれています。

メリットはたくさんあります。海外送金の手数料が格安で、決済完了時間も数分です。それに銀行と比べて24時間365日、曜日に関係なく決済が可能なのです。簡単にスマホひとつで作業が済むので大幅に手間も省かれて、これだけでも利便性が高いと言えるでしょう。

それに世界共通は国境がないので、どこの国へ行っても両替などの必要がなくダイレクトに使用できます。日本からドルに換えて海外に出かけて、残額はまた日本円に換えるなどの手間とお金が省けます。実際に体験するとありがた味がわかります。

ビットコインは銀行を介さず自分で保有管理し、取引を行うことができます。代わりにビットコインはブロックチェーンという技術によってコンピュータ―のネットワークに参加している者が全員で通貨を管理する仕組みになっているので安心です。

こんなコインですから、世界中で日常的に使っている国があると聞いて納得がいくと思います。それに今年は「仮想通貨元年」と言われています。海外のみならず、国内にも取引所がたくさん存在しているのはビットコイン人口が増加している表れではないでしょうか。

仮想通貨取引所とは

取引所はビットコインを購入したり、売却したりする取引の場を提供しているところです。需要と供給の関係で価格が決定されます。

ビットコインを今すぐ買いたい時には販売所と言われるところがあります。ここでは会社がビットコインを直接ユーザーに向けての売買をしています。国内外を合わせるとたくさんの取引所があるので一つを選ぶのは難しいです。

判断基準としてはアプリが選びやすい、入金の反映がはやい 主要な銘柄に対応しているかなどです。

海外の取引所であればそれに加えて日本語に対応しているかなども基準になりますね。

海外の取引所

世界において取引量の多い大手取引所と言われるところはほとんどが日本語の対応をしていません。英語などの外国語が苦手な人は言葉の壁が一番の障害になるでしょうね。比較的コミュニケーション能力が身についている若者なら大丈夫でしょうか。

海外のビットコイン取引所は日本のビットコイン取引所よりも出来高があるので、リクイディティ(流動性)も高く、日本の取引所よりも取引が圧倒的にスムーズであるとい点を評価されて特徴とも言えます。

日本から海外のビットコイン取引所を利用するにはFiatJPYUSDなどの法定通貨のこと)を国際送金する必要があるので、取引を始めるまでのハードルが高くて手間がかかりすぎるという難点があります。

以下、主な取引所の特徴を簡単に紹介しますが、現在では、日本での購入場所が豊富なため海外の取引所を利用するメリットは低くなっているため、サイトなども更新されていないとことろもあります。

海外の主要取引所

kraken

アメリカの会社で、ビットコイン誕生初期に設立された会社です(サイトは日本語対応されています)

2014年10月末には日本にも進出してきました。

ビットコイン取引所の中では老舗的存在ですので、世界的にも信頼性が高い取引所だと評判です。

特徴としては取り扱う通貨が豊富で様々な法定通貨でビットコインを取引できます。ユーロ、米ドル、カナダドル、ポンド、日本円などです。

ANXBTC

日本国内のビットコイン取引所だと、取引の主導が円決済となってしまいます。より良い利益を目指したり情報を大きくしたいということであれば、ANXBTCというビットコイン取引所が有望です

本社が中国の香港にある取引所として知られています。こちらの取引所の利点としては、取引手数料が無料であるということです。

システム上で3段階のコールドストレージを使用しているため安全で、他通貨間でのビットコインの購入が可能となっているのが大きな特徴です。

また、スマートフォン等の端末にアプリをダウンロードして24時間取引の進捗状況を確認することができるのもこの取引所の大きな利点となっています。 

Bitstamp

ヨーロッパの大手ビットコイン取引所ですが、日本でのクレジットカード入金にも対応しています。

欧州発のビットコイン取引所で、これまでは欧州28カ国のみクレジットカード入金ができていますが、まだその対応国を世界に広げています。

VirWox

日本で外貨の運用などを中心にビットコイン取引所を探したいという人はVirWoxなどでクレジットカードやPaypalを使って購入する方法もあります。

しかし、手数料がけっこう高いです。VirWoxの場合クレジットカードで3.5%、Paypal3.4%の手数料を取られてしまいます。それに加えてクレジットカードの換算レートの問題もあります。

LocalBitcoins.com

ビットコイン取引所という形で理解している人も多いのですが、実は日本のビットコイン取引所の形態とは、違うところがあります。

この取引所は取引所外のウェブサイトでビットコインのOTC取引(売り手と買い手が1対1で行う取引)を行うことができるのです。ヤフーオークションやメルカリのビットコイン専用版と考えれば分かりやすいですね。

このように、オンラインでお金のやり取りして取引を完結させる方法とトレーダーと直接会って現金で取引をする、二つのスタイルがあります。慣れてくると国内の取引所よりも良いという人もいるみたいです。

世界232ヶ国対可能なところは、おそらく日本のビットコイン取引所と比べてもかなり大きいユーザー数との取引があることが想定されます。

セキュリティ面でも非常に信頼できるので、世界中のユーザーと取引がしたいという人にも安心していただけるようです。

おススメの取引所

おススメの海外取引所

色々なビットコイン取引所がありますので、どこを選べばよいのか迷っている人のために、最近ではBTC-eというビットコイン取引所に人気が集中し注目を浴びています。このBTC-eがどういった点で魅力があるのかを調べてみました。

ビットコイン取引所のBTC-eは、世界の取引高ランキングでは5本の指に入るそうです。特にビットコイン/ルーブル取引で主導的な役割を担う取引所であると言われています。

なぜ注目されているのかと言えば、ビットコイン取引所と統合されたMT4の提供を開始 したからです。

MT4というのは、商品先物やFXなどの取引を行う際にレート取得や取引を自動化するツールです。今までは専門のトレーダーによって管理されていた自動売買プログラクを、少しの知識があれば自分でそのプログラムを無料で組むことができるという素晴らしいものです。

特に外貨建てには有利で、ビットコインの他に、ネームコイン(namecoin)、ライトコイン(litecoin)、ノバコイン(novacoin)などその他の代替通貨の市場にも広げています。

通常のビットコインのみの取引だけではなくUSDなどを絡めた外国為替での運用を求めている場合にはBTC-eで運用する場合が、最もロスの少ない取引ができるようです。

ビットコイン取引所ごとに売買のレート差というのはあります。大手取引所BTC-e、Bitfinex、Bitstamp を比較するとチャートに大きな価格差が出ています。

誰でも安く買いたいですよね。BTC-eは平均的にそれらの取引所より2%は安価だそうです。非常時には20%の差が生まれたこともあったそうです。

以上のような点で外貨でビットコインを購入する際には、BTC-eというのはかなりおススメですね。

やっぱり日本の取引所

海外の取引所は国内取引所に比べて、比較的に安価で取引がされています。例えば、ブルガリアの取引所BTC-eとBitFlyer(日本)の取引価格では1,000円(2.8%)前後の差があるときがあります。

10BTCの取引であれば、1回のサヤ抜きで10,000円です。といっても、BTC-eを含め海外取引所は日本からの入金が正しく行われないケースもあるようで、この点では少し不安が残ります。

現在では、日本でも購入場所が豊富なため海外の取引所を利用するメリットは少なくなっています。

様々の特徴のある海外の取引所がありますが、ここでなければダメという強い意志を持った方は別ですが、やはり日本の取引所の方が言葉も通じて問い合わせやサポートも行き届いているので、初心者の方であれば日本の取引所がおススメですね。

日本の取引所でbitFlyer coincheck zaifの3つの取引所に人気が集中しています。

ここでは特に詳しい取引所の紹介は省かせていただきますが、選択における重要なポイントのみ、述べておきます。

先ずはどんなサービスが提供されているのか。また、取引手数料は安いか、保有口座(ウォレット)のセキュリティーーは大丈夫か会社の安全性は大丈夫か(資金力や安定性)などです。

ちなみに、中でもbitFlyerは大企業や銀行などからも資金投入されている安定した取引所です。それにセキュリティーも完備されていて、2016年には日本で最高の取引高を勝ち誇っています。

ただし、coincheck もzaifもそれぞれに特徴があり初心者に優しい取引所なのでおススメです。

魅力ある取引所

これらの取引所以外にQUOINEという取引所があります。

2014年にシンガポールで設立された会社で、、2016年3月に本社を日本に移しています。日本国内ではあまり知られていない存在ですが、かなり大きな取引所のようです。。

信用取引であるレバレッジの倍率は驚く事に国内最大の25倍となっています。もちろんリスクは高くなりますが、資金があまりない場合などには、かなりの魅力に感じる人もいるようです。

日本のビットコイン取引所の中で取引高を大きく伸ばしている理由として、元々がシンガポールで営業していたので今までの顧客を多く抱え混んでいるということがあげられます。

更にを多くの投資家から資金調達によって安定性を高めているので、非常に有望な取引所の一つなのではないでしょうか。

このような取引所が日本に進出することで日本のビットコイン取引もより活性化していくような気がします。

まとめ

日本も海外もたくさんの取引所があり、ユーザーから見れば選択肢が多くてありがたいことですね。今回はほんの一部しか紹介できませんでしたが、本当に保有しようと思った時には徹底的にご自分で調べて行動されることを望みます。

しっかり勉強されてあなたに合う取引所を是非見つけて富を得てください。

「仮想通貨バブル」がささやかれています。世界での普及の流れが日本のビットコイン市場にも入ってくるのはそれほど先のことでもないように思います。

ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する