⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行することで話題になりました。「MUFG」という仮想通貨です。2017年中には、一般の人にも利用できるようにするとのことです。

なかには、三菱東京UFJ銀行が独自に発行した場合には、ビットコインの購入はできなくなるのかと心配する人もいるかと思います。そこで、MUFGにもふれながら、ビットコインの購入方法についてまとめてみました。

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行

三菱東京UFJ銀行が2017年秋にも発行するMUFGコインですが、少し普通の仮想通貨とちがっています。

ビットコインをはじめ、仮想通貨は中央の管理機関がないため、需要と供給に応じて、その価格は自由に変わってくるのですが、MUFGコインの場合、1MUFG=1円とレートが固定されています。

三菱東京UFJ銀行が管理している仮想通貨ですので、銀行がレートを設定していて、自由な売買はできません。

この仮想通貨の発行の目的は、これまでの送金にかかった時間と手数料などのコストを下げることですが、三菱東京UFJ銀行の利用者に限定されています。

現在、三菱東京UFJ銀行から他行あてに振込みなどを行う時、216円の手数料がかかりますし、午後3時以降や土日は振込みをしても、翌日・翌々日の営業日の振込みになってしまいます。

MUFGコインを使うと、この不便さが解消され、手数料もかなり安くなります。この点では、仮想通貨の利便性と変わらないように思えますが、レートが固定されているという最大の違いがあります。

つまり、三菱東京UFJ銀行の利用者だけに特典を提供しているのがMUFGコインなのです。

これによってコストが削減され、銀行としての収益も上がりますし、利用者の利益もなることから、いままで以上の利用者を確保できます。

MUFGコインにも、ビットコインのようなブロックチェーン(分散台帳)のシステムが導入されていて、これがMUFGコインを仮想通貨と呼ぶ理由なのです。

みずほ銀行も独自の仮想通貨の発行を予定しているようですが、今後、次々と大手銀行がコスト削減と顧客の利便性・拡大をはかって、同じようなコインを発行していくように思います。

ただ、銀行の発行する独自の仮想通貨は、ブロックチェーンという技術を活用している点で仮想通貨と呼ばれるだけなので、これを投資の対象としてすることはできません。

2017年は仮想通貨元年といわれているのですが、仮想通貨に取り入れられていたブロックチェーンの技術がさまざな形でビジネスに取り入れられ、金融と情報技術のハイブリットであるフィンテック(FinTech)がこれからどんどん進行していきます。

フィンテックの一環としてのMUFGコインの発行ですが、投資対象として、値動きがあるこれまでの仮想通貨としっかりと区別しておく必要があります。

ビットコインの購入方法

アカウントの作成

ビットコインをはじめとした仮想通貨の購入にはいくつかの方法があります。

いまのところ、ビットコインの売買や交換を取り扱っている取引所で購入することになっています。

取引所としては、coincheck やbitFlyer 、Zaif、bitbank など知られていますが、ここにアカウント(銀行口座のようなもの)を開設することから始まります。

ネット上でも、短時間のうちにアカウント開設できます。

開設にあたっては、あらかじめ、運転免許証や個人番号カードなどの顔写真入りの画像、本人確認証と本人の顔が一緒に撮影された画像をパソコン、スマホ上に保存しておくと5分もかからずに開設できます。

まず、れぞれの取引所のサイトにアクセスして、アカウント開設のアイコンをクリックします。

氏名、性別、生年月日、住所、メールアドレスなどを入力し、用意した本人確認の書類の添付を行います。これで終了です。

本人確認の書類が必要になってきたのは、2017年4月から改正資金決済法が施行され、仮想通貨を扱う取引所は、取引にあたって本人確認を義務付けられたからです。

銀行振込

アカウントの開設が終わったら、ビットコインの購入に移るのですが、24時間365日いつでもできますので、あわてずに行ってください。

購入の方法としては、大きく分けて、銀行口座に日本円をあらかじめ用意したり、手元に日本円を用意してコンビニで入金したりする方法と、クレジットカードで購入し、後日、支払う方法があります。

取引所のサイトをあけると、「ビットコインを買う」「日本円/USドルを入金する」などのメニューが最初に出てきますので、それをクリックします。すると、銀行振込、コンビニ入金、クイック入金などの表示が出てきます。

銀行振込を選択すると、その取引所が指定する銀行口座が表示され、その口座に購入希望の金額を振り込むように指示されます。

たとえば、日本円で1万円相当のビットコインを購入したい場合は、1万円を購入金額に入力します。指定口座に振り込むと、手数料を引いた金額に相当するビットコインが購入できる仕組みになっています。

なお、ビットコインの価格が変動していますので、実際に購入できるビットコインはそのときのレートで決まります。

中央の大手銀行だけでなく、地方銀行などどこの銀行からも入金できますので、普通のショッピングなどの入金と同じように、口座のある自分の銀行から操作してください。

手数料は金額にもよりますが、インターネットバンキングですと、通常は216円です。ゆうちょ銀行などは、5万円以上の振込は、432円です。432円の手数料を引いた99,568円分のビットコインを購入することになります。

コンビニ入金

コンビニでも入金できます。コンビニの場合は、先ほどの画面でコンビニ入金を選択します。コンビニ入金の場合は、電話番号認証と本人確認が求められます。

あらかじめアカウントを開設しておくと、この認証作業が不要になりますが、アカウントを開設していないと、まずこれを行った上で、入金額を入力したり、コンビニの選択をしたりとちょっと入力作業が増えます。

必要な入力作業が終わると、支払い金額・企業コード・注文番号が表示されますので、それをメモして、あとはコンビニの店頭でチケットの発券と同じような操作をして申込券を発券し、レジで支払いをするとビットコインが購入できます。

ただ、手数料が756円なので銀行振込よりも高くなっています。

クイック入金

銀行振込と同様ですが、クイック入金の方法もあります。入金方法のメニューからクイック入金を選択します。

取引所の銀行と連動した銀行から振込を行う場合、指示どおりに画面を操作すると、ただちに自分の口座から取引所の口座に入金できる方法です。

こちらも手数料が多少、高くなっていますが、いますぐに値上がったビットコインを買いたい場合などは、この方法が使えます。

クレジット購入

いまは必要な資金が手元になかったり、時間外の取引になっている場合は、クレジットで購入するのが便利です。

クレジットで購入する場合は、「クレジットで買う」のメニューをクリックすることから始まります。

レートが各取引所で決まっていますので、1万円分のビットコインを購入しようとすると、そのレートでビットコインの購入額が決まります。

あとは、自分のクレジットカードの情報を入れて購入します。手数料が5~9%と高めになっていますので、ちょっと注意が必要です。

三菱東京UFJ銀行でビットコインの購入

ビットコインの購入方法について簡単にまとめてみたのですが、三菱東京UFJ銀行がMUFGコインを発行したからといって、三菱東京UFJ銀行からビットコインの購入ができなくなるわけではありません。

むしろ、MUFGコインをつかって、これまでより安い手数料でビットコインを購入することができますし、これまでの時間外取引の不便さが解消されることになります。

もちろん、三菱東京UFJ銀行に口座をもっていてその口座に資金が入っているか、MUFGコインをあらかじめ購入しておかなければならないのは当然ですが…。

MUFGという仮想通貨のコインで、ビットコインを買う時代がやってきたわけです。

三菱東京UFJ銀行のクレジットカードでも、ほかのクレジットカードと同様に、ビットコインを購入することができますし、あとでMUFGコインで決済ができるわけです。

まとめ

三菱東京UFJ銀行が大手銀行としてはいち早く独自の仮想通貨「MUFGコイン」を発行して、仮想通貨と銀行の関係が広がりました。

銀行などの金融機関にとっては、手数料が安くて決済が瞬時にすむ、これまでの仮想通貨の利便性に顧客を奪い取られてしまう、いわば敵対関係にあるかのような事態が仮想通貨の普及とともにおきてきています。

しかし、三菱東京UFJ銀行は、仮想通貨の核心にあるブロックチェーンという技術を取り込んで、コストの削減と顧客の確保と拡大に乗り出したわけです。

もっとも、1コイン=1円の固定レートで発行され、三菱東京UFJ銀行の利用者に限定されたコインの活用です。利用者はMUFGコインを使いながら、一方でビットコインをこのコインで購入して投資をすることになります。

こうした大手銀行の独自コインの発行が、ビットコインなどの投資対象としての仮想通貨の価格にどう影響を及ぼすのか、いまのところ予測は難しいのですが、性格がぜんぜん違うことを考えると、マイナスの影響はないように思えます。

これをきっかけに、ビットコインなどの仮想通貨がいっそう認知され、買いやすくもなるのですから、ますます普及していくことになるのではないでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する