⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の第一人者、ビットコインを購入したいと考えている人は少なくないのではないでしょうか。

投資の目的だけでなく、実際にショッピングや食事などの支払いでビットコインが使えるお店が増えてきているだけに、クレジットカードと同じように、ビットコインを使う時代がきました。ここでは、実際に1万円分だけビットコインを買う方法をまとめてみました。

ビットコインの最新ニュース

ビットコインを買う方法を説明する前に、最近のビットコインに関係したことで話題になったニュースを紹介します。

2017年4月6日の新聞各紙では、家電量販店大手のビッグカメラが東京の新宿東口店と有楽町店で、ビットコインによる支払いができるようにしたとのニュースが伝えられています。

今後は、他のビッグカメラの店舗にも次々と導入する予定のようですが、お客さんはビッグカメラで商品を購入すると、店員さんがタブレット端末に金額を入力するので、スマホで画面のQRコードを読み込んで決済するだけです。とても簡単です。

このニュースが掲載されると、たちまちビットコインの値段が数千円上がりました。ちなみに、ショッピングでビットコインを使う場合、その日のレートは、あらかじめ決まっています。

ちょうど、海外にいってショッピングするときに、日々、円やドルのレートが変わっていきますが、それと同じです。

ビットコインも円とはちがって、その値段は時々刻々変わります。どういうレートになるのか、ちょっと楽しみですね。

ビットコインの取引所

ビットコインの取引所とアカウントの開設

ビットコインを購入する場合は、いまのところ、取引所をつかって購入することになります。

ちょうど、私たちがカードでお金をATMなどで下したり、預けたりするときに、あらかじめ金融機関に口座を開設し、カードをつくってもらってからATMなどで使えるのと同じです。

ビットコインの場合は、いまのところ、銀行ではなく、ビットコインの売買や交換をしている取引所でアカウント(口座)を開設してから購入します。

2017年4月から、資金決済法が改正されて、アカウントの作成には住所・氏名・生年月日、年齢・性別などの他に、本人確認書類の提出が義務づけられました。銀行で口座を開設するより面倒な手続きです。

ただ、ネットでアカウントの作成はできますので、あらかじめ画像として保存しておいた運転免許証や個人番号カードを使ったり、本人確認書類と自分の顔を一緒に撮影したスマホの画像などを送付して、5分程度でアカウントの作成はできます。

その点は、さすがにネット上の通貨である仮想通貨を取り扱う取引所ならではの簡単な口座開設です。

ところで、ビットコインの取引所ですが、数あるなかでも取引高の多いのが、bitFlyer、coinchecck、Zaifなどです。

こうした取引所にアカウント(口座)を開設しないと、ビットコインの購入はできません。誰でも簡単に購入できない仕組みになっています。

これは、2017年4月からはじまった仮想通貨の取引に対する法律(改正資金決済法)で決まっています。

ビットコインの購入方法

取引所での購入方法

アカウント(口座)開設した後に、いよいよビットコインを購入するのですが、購入方法にはいろいろあります。

大きく分けて、二つの方法があります。

一つは日本円を入金してビットコインを購入する方法です。1万円分のビットコインを購入しようとするならが、日本円で1万円を指定された方法で振り込むことから始まります。

それには銀行振込、コンビニ振込、クイック振込があります。

1万円分の入金方法

銀行振込

銀行振込の場合ですと、その取引所が指定する銀行口座にビットコイン1万円分を日本円で振り込みます。

やり方は、ログインしたあと、「ビットコインを購入」などのアイコンをクリックすると、振り込み方の選択と金額を入力する画面が出てきますので、銀行振込をクリックして、振り込み先の銀行口座をチェックして、1万円をその口座に入金します。

指定の銀行口座へ入金は、216円ほどの手数料がかかりますので、その分が目減りします。振り込みはインターネットバンキングをしている人の場合、ネットでできますが、そうでない場合は、ATMか窓口からの振込みになります。

クイック入金

これと似ているのが、クイック入金です。インターネットバンキングを行っている人の場合、クイック入金が可能になります。手数料が若干、銀行振込よりも高いのですが、時間は早く、わざわざ銀行にいく手間が省けますので、756円という手数料はやむを得ないかもしれません。

コンビニ入金

1万円分のビットコインをコンビニで購入する方法があります。

取引所によってアイコンがちがうのですが、例えば、coincheckの場合、ログインした後の左側のメニューの5番目に「日本円/USドルを入金する」があります。

これをクリックすると、銀行振込やUSドルでの入金のほかに、コンビニ入金のアイコンが出てきますので、それをクリックすると、氏名や電話番号、メールアドレスなどを入力して、入金額を入れます。

手数料は、クイック入金と同じく756円です。あとは「決済申請」をクリックします。

コンビニ入金をする場合は、SMS(電話番号認証)と本人確認証を登録する必要がありますが、アカウント(口座)を開設している場合は不要です。

SMS認証と本人確認が完了したら、「日本円を入金する」メニューから「コンビニ入金」を選び、必要な事項を入力します。決済申請をすると、支払先のコンビニの選択画面に移り、指示にしたがって、支払い先のコンビニを選びます。

そのあと、「次へ」をクリックすると、お支払金額と企業コード、注文番号が表示されますのでそれをメモして、あとはコンビニの店頭で、チケットの発券と同じように、発券をします。

発券された申込券をレジに提出して支払いを行えば、ビットコインが購入できます。

クレジットカード入金

アカウントを開設して、電話番号認証と本人確認書類の提出が済んでいると、クレジットカードでビットコインを購入することができます。

coincheckの場合、1日につき1,000,000円までクレジットカードで購入できることになっています。

やり方ですが、ログインして最初の画面の左のメニューの上から3つ目に、「クレジットカードで買う」がありますので、それをクリックします。そのあと、上から2番目の「10,000JPY」をクリックし、クレジットカードの情報を入力して「購入する」をクリックすれば完了です。

ただし、手数料は9.2%ですので、10,000円を入金すると、手数料分を差し引いたビットコインを買うことになります。

手元に資金がないけれども、いま直ぐにビットコインがほしいという場合にはクレジットカードでの購入は助かりますが、ちょっと手数料が高いのが気になります。

また、レートが変わっていきますので、その点も注意が必要です。

まとめ

ビットコイン1万円分の購入の仕方は、大きく分ければ、現金かクレジットかの二つの方法になります。

いずれにしても、2017年4月から改正資金決済法が施行された関係で、取引所のアカウント(口座)の開設やコンビニ入金では、本人確認の証明書類をネットや紙媒体で提出することになっているため、ちょっと面倒になっています。

これをしないと取引ができないので必ず行ってください。

その上で、手数料や簡易さを考慮しながら、銀行振込にするのか、コンビニ入金にするのか、あるいはクレジット入金にするのか、さまざまな方法があるわけです。

ビットコインの値上りが期待され、2017年中には20万円を超えるのではないかとの予測も出ています。使わなくても持っているだけで値上がりするかもしれません。

また、ビットコインでショッピングをするケースもいまより多くなるのではないでしょうか。

あなたも、ビットコインを少しでも購入して、手元に持っていてはどうでしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する