⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は、Bitcoinの税金について書いていきたいと思います。

Bitcoin

Bitcoinのtaxについて気になる方も多いと思います。いくら払わないといけないのか?もしくは払わなくてもいいのか?

Bitcoinに限らず、仮想通貨(Crypto currency)のCapital gainは譲渡所得という区分で支払うことになっています。譲渡所得は継続性がない所得ということになります。

Bitcoin取引には一定の控除額がありますので、年間50万円以下の利益の場合はtaxは払わなくてもいいようになっています。よって、少しBitcoinで儲けてみたいなという感じの方々は利益が年間で50万円を超えないように注意すれば税金対策は不要です。

さらに、Bitcoinを保有していた期間によって、譲渡所得はさらに2つに区分しされます。

保有期間が5年以内なら短期譲渡所得、5年を超えていたなら長期譲渡所得です。

短期譲渡所得の場合は、手数料などを考慮した売買益から、特別控除額を引いた値が課税所得となりますが、長期譲渡所得の場合は、売買益から特別控除額を引いた値の半分が課税所得となります。

これで長期譲渡所得のほうが税制面では有利になることがわかります。

もしBitcoinを4年以上保有することになり、含み益が出ている場合は、利益を確定させるのは保有期間が5年を超えてからにしたほうが節税できるといえます。
レート変動のリスクには注意が必要ですが、長期譲渡所得だと税制面で大きなメリットがあると理解しておきましょう。税率は20.315%であり、為替取引の場合と全く同じです。

BitcoinはFXよりもadvantageous

Bitcoin取引はFX取引と比べて市場が未整備であるほか、法整備も十分でないなどの理由からリスクが高いといえますが、税制面から考えるとFX取引よりもadvantageousだといえます。

FX取引の売買益は20万円を超えると、申告の義務のある雑所得になってしまいますが、Bitcoin取引の売買益は50万円までなら非課税なので、Bitcoin取引のほうが、より多くの利益を上げても税金を支払う必要がない可能性が高いといえます。

Bitcoin税制の今後

Bitcoinは現在「モノ」とみなされていますが、Bitcoinの普及が進めば「仮想通貨」が円やドルと同じような役割を果たすことも考えられます。そうした際にはBitcoin税制も変わるはずです。

この点についてはBitcoin関連の法整備などの推移を見守るしかないのですが、現在Bitcoinと同じ「モノ」に分類されている貴金属の税制を見れば、ある程度今後の税制を推測することができます。

金の売買を例にとると、現物の売買益は譲渡所得や雑所得に分類されます。

しかし、金投資口座における売買益は、金融取引の一環であるとして20.315%の税金が源泉分離課税されています。そのため、Bitcoinについても投資目的とみなされるようになれば、源泉分離課税される時代が来るかもしれません。

もちろん、「通貨」とみなされればFX取引と同様に申告分離課税対象の雑所得になる可能性も否定できませんが、現時点でBitcoinは「通貨ではなく、モノである」との政府見解が示されている以上、金投資口座における売買益が、Bitcoin売買益に最も近いのではないでしょうか。

今後のBitcoin投資を考えるにあたっては、FXよりも有利な税制が維持されるのかどうか、要注目です。

Tax saving

Superiority

Bitcoinなどの仮想通貨に関する法整備は、まだそれほど進んではいません。

そのため法定通貨であれば課せられるはずの税金を、仮想通貨であれば避けられるケースもあります。こうしたことから、仮想通貨は節税対策の一環として、導入を検討している企業も増えているようです。

今のところ、節税できる代表的な税金として「所得税」、「消費税」、「法人税」、「相続税」が挙げられます。

法定通貨による収入が生じた場合は所得税が発生しますが、Bitcoinの場合は通貨としてではなく物として扱われるので、トレードによる利益が生じない限りは所得税が発生しません。しかし、仮想通貨の売却や交換の頻度によって所得区分の取り扱いが変わるため、営利目的でトレードを繰り返した場合は雑所得や事業所得とみなされます。その場合は税金が発生するので注意が必要です。

またBitcoinなどの仮想通貨で物品を購入した場合も、支払い時の仮想通貨評価額が入手時のそれを上回っている場合は利益とみなされ、課税対象になると考えられています。消費税に関しては法律による取り決めがなされていないものの、非課税の規定等も満たしていないことから、国内でトレードが行われた場合には消費税が課せられると考えられています。

法人税の場合は仮想通貨に関わる企業会計基準が定まることで課税所得が発生し、相続税については未だ電磁的記録とされる仮想通貨が相続財産として扱えるかどうかが、課税の検討課題となっています。

Tax heaven

日本でもこれからは法整備が行われることになり、いつまでも規制が緩いままなわけもないですよね。

現在は、Bitcoinのdebit cardなどが税金対策として利用されているとも耳にしたことがあるが、少額の個人投資家ならともかく企業がそんな手法の節税をするのにはリスクも伴うだろう。

Tax heavenはそのうち終了するはずだが、国としても管理者がいない仮想通貨への法整備に苦戦しているのだろう。電子マネーとの違いはその点だ。電子マネーは発行元が明確なので規制しやすいが、仮想通貨はなかなか進まないようだ。

Digression

4月1日より、仮想通貨の取引所が登録制になりましたね。本人確認書類を提出したはずですが、それも法整備の一環です。

消費者の視点では、信用性の低い取引所はなくなるわけで安心して正規の取引所での取引が可能になります。仮想通貨への怪しいという日本人の意識を少しはImprovement出来るかも知れませんね。

4月7日には大手家電量販店のビックカメラがBitcoin決済を開始しました。顧客targetは外国人観光客と報道されていましたが、日本人もどんどん利用するようになってほしいですね。

まとめ

現在は、Tax heavenがBitcoinなどの仮想通貨に付加価値を与えています。

debit cardで現金引き出しなどをすると、銀行に紐付かないのでTax savingできるということですね。しかし、法整備は間違いなく進んでいます。意図的に脱税をしたとなると、7年に遡って追徴課税をされることになります。

いつ、法整備が整うかは分かりませんが、法整備が整ってからは必ず年間50万円以上の利益が発生した場合は確定申告を行いましょう。後々、痛い目にあうのはご自分なので。

最近は、Bitcoinのニュースも増えてきました。秋の三菱東京UFJ銀行から一般向けに公開されるMUFGコインは個人的に期待しています。その後の、みずほ銀行のみずほマネーも楽しみですね。

Bitcoinも100,000円ほどまで下がってきましたが、130,000円まで戻していますね。今年は仮想通貨からは目は話せそうにありません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する