⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「世界の大手銀行は手を組み仮想通貨ブロックチェーンの活用へ前進」とビットコインニュースに報道されまし。、世界の多くの銀行が仮想通貨ビットコインに参入し活用に向けて始動しています。

金融と言えば銀行が一番手であるのは確かですが、今は金融を担う分野がたくさん出現しています。「仮想通貨」「ブロックチェーン」「AI」「フィンテック」などによってIT企業の金融を占める割合が増えています。

後ろから追い越せ、追い抜きの勢いが強烈で、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の「3メガバンク」も「メガ」を返上しなければならないところまで来ています。

銀行を介さない円滑な取引が広がることで、存在を脅かされるのは銀行です。

フィンテックや仮想通貨の中軸ともいえるブロックチェーン技術が力を発揮している中で、足元をすくわれない様この3メガバンクも24時間対応可能なシステムの構築を急いでいるとの報道も流れています。

そこで、国内最大手のこの銀行が取った戦略は、どんなことなのでしょうか。今回はそのあたりを探っていきたいと思います。

銀行までもが仮想通貨を開発

メガバンクが仮想通貨の開発に乗り出すという報道がありました。これは危機感を感じているということの表れなのでしょうか、あるいは仮想通貨ビットコインを丸ごと認めたということでしょうか。

東京三菱MUFGコイン

国内メガバンク最大手である三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨発行に向けて開発が進められています。

コインの名称は三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)から「MUFGコイン」と言います。

MUFGコインの目的とは?

仮想通貨の最大の技術であるブロックチェーンを用いてコストをカットすることが最大の目的であると見られています。

銀行は、すべての金融取引データを巨大なコンピュータシステムで管理しています。それにかかる設置・管理・維持費や改修費など相当な額に及ぶため、Fintech技術を活用し、コスト削減を目的としているようです。

小型コンピュータのネットワーク上に、「取引記録の台帳」をを安く構築できるブロックチェーン(分散型台帳)を構築し大型コンピュータの運用に必要な予算が削減できると考えられます。

MUFGコインの活用 

この銀行の仮想通貨の最大の特徴は、常に1コインを1円に固定していることです。

送金や決済が、安く早くできる利点を残しつつ、利用者の安心感も得ようという戦略です。

仮想通貨の時代が迫る中、みすみすこれまでの収入源を奪われるわけにはいかないでしょう。そこで独自の通貨で顧客を囲い込みたいという発想から行われたのでしょうか。

たとえ送金の手数料などで収入は減る形になったとしても根こそぎ持っていかれるのは耐耐えられないのでしょう。独自のコインをつくって顧客離れを防ごうという生き残り作戦の一つと考えられます。

みずほがIBMと共同で仮想通貨開発

2016/12/8、みずほフィナンシャルグループは日本IBMと組み、みずほの仮想通貨「みずほマネー」を開発しました。ブロックチェーンを活用した決済業務の領域の実証実験をとなります。

みずほマネーは「1円=1みずほマネー」となり、仮想通貨を利用して飲食代の割り勘や支払いを行う「代金精算アプリ」を使った実証実験が注目されている。

コストが低く、わずかな手数料で送金できる利点があります。

銀行における信用力は凄いですから、その信用を礎にして、デジタル通貨を出して社会の変革に歩調を合わせていくとの意気込みです。

三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入

国内最大手の銀行と仮想通貨取引所のグローバル大手であるコインベースが戦力的パートナーシップを締結するというニュースが流れました。このことで、仮想通貨やブロックチェーン活用の普及に弾みがつきそうですね。

三菱UFJとコインベースが共同ビジネス

三菱東京UFJは仮想通貨の管理・決済サービスを提供するコインベースへ出資し、ビットコイン業界に参入するという衝撃的な発表がありました。

コインベースはアジアではシンガポールのみですが、世界で32か国に事業展開している仮想通貨取引所です。ニューヨーク州の仮想通貨ライセンス「ビットライセンス」も取得の見込みで、ニューヨーク証券取引所や多数の銀行から多額の資金を調達しています。

同社によると、現時点での利用者は410万人に上り、個人用ウォレット(口座)は600万件を超えている

仮想通貨業界にとって今回の提携は、仮想通貨やブロックチェーンを活用した新サービス創出など業界の活性化に向けた後押しになると大きな期待間と共に注目を浴びました。

提携することでどのようなメリットがあるのか

三菱東京UFJがライバルかのように見えるビットコインに対して出資しているのはなぜでしょうか。それはビットコインに将来的な価値があると認めているからだと考えられます。

このことはビットコインにとっても評価を高くする話題となりました。

仮想通貨の導入は、特に国内支店と海外支店間の送金手続きに効果があると考えられている。

MUFGでどのように海外送金が行われるか現段階では分かっていないが、MUFGで入金した日本円をコインベースにてビットコインに換金します。さらにビットコインからドルへ換金されてアメリカの三菱東京UFJ口座に入金されます。そして、その入金されたお金を個人の口座へ送金するシステムも可能です。

この時、コインベースへ出資することで、提携してビットコインの海外送金サービスを開発できるようになるところが狙いです。迅速でさらにコストを抑えて海外へ送金が可能となると考えられます。

まだまだどのようなビジネスが展開していくかは明確になっていないですが、2017年以降にコインベースと提携したサービスが開始されると予測されています。

銀行も認めているビットコインの良さ

三菱東京UFJ銀行の参入はビットコインの流れがついに日本にも到達かと思わせる話題ではないでしょうか。

しかし、海外にくらべるとまだまだ疑惑の的であるのも事実です。でもメガバンクで仮想通貨を扱うようになればそのハードルは低くなることは予想できます。

ビットコインの便利さは通貨以上なのですが、ビットコインの価値とは別のところで評価が下がっているのは残念です。マウントコックスの破綻報道のように、責任者の横領や不正によっておこる事件などはこれから徐々に修正していかなければならない問題ではあります。

課題はありますが、決済時に極めて低コストな点や決済完了時間がはやいなどは非常に魅力的です。

国の通貨は中央銀行によって発行や管理が行われていますが、ビットコインは仮想通貨であるため発行や管理を行う銀行などは存在しません。

それでも、近年は利便性の高さからビットコインの取引は国際的にも増加しており、それは銀行でも注目の的となるほどです。

また、権力機関や権限を持つ組織を通さないで、取引履歴はネットワーク参加者の全体で相互に形成される仕組みはブロックチェーン技術のすばらしさです。

MUFGコインの特徴・ビットコインと比較

ビットコインとの比較を通してMUFGコインの特徴を確認すると、仮想通貨であっても両者の異なる点が見えてきます。

MUFGコインを発行できるのは、三菱東京UFJ銀行です。つまり、何かトラブルがあった時でもMUFGコインには、銀行という保証があります。銀行に対して信用をしているので、「お金を預けても大丈夫」という安心感を持っています

しかし、ビットコインはすべて自己責任になります。これは通貨発行者の信用の裏付けを持たないビットコインと対照的と言えます。この安心感の差は大きいですね。

また、三菱東京UFJ銀行は「1円=1MUFGコイン」の交換レートを設定しています。つまり、MUFGコインの価値は安定しています。

反対に、ビットコインが持つ投機性は価値の変動が激しいと言えます。これは長所、短所を併せ持つものですが、日本人はギャンブル的な要素を嫌う人も多いですね。

MUFGコインは日本独自の通貨なので日本でしか使えないのが現実かもしれません。それに使える範囲がビットコインと比べて少ないと考えられます。(使える店がはっきり指定なし。)

世界共通通貨であるビットコインは既に世界中で利用されています。

世界共通通貨ではないので為替で価値が変動する可能性があります。従って海外送金では手数料がかかる可能性があります。

信用と安心を選択するか、安さと利便性を選択するのかが迷うところでしょう。私の予想では何よりも安定を求めるのが日本人ですから、MUFGコインも健闘して両存すると思います。どちらになったとしても仮想通貨の将来には大きな広がりがあるだろうと考えます。

まとめ

今回のメガバンクで独自のコインの開発に大成功した場合、もしかして他の銀行でも開発される可能性はあります。そうなれば仮想通貨の認知度と存在感は大きくなるでしょうね。

どちらにしても、私たちユーザーにとってはたくさんの選択肢があることは喜ばしいことですね。

法整備も整いつつあります。国も銀行も認可したとなれば、仮想通貨も間違いなくブレイクするのではないでしょうか。

かつて、インターネットや携帯電話が急上昇して爆発的に普及したときと同じような道をたどるような予感がしてきました。そう期待しています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する