⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨といえば、ビットコイン。1,000種類以上ある仮想通貨のなかでも、取引高で他の追随を許さない、断然トップのビットコインの相場が今後どうなるか、仮想通貨への投資を考えている人にとっては、非常に気になるところでしょう。

仮想通貨元年といわれる2017年以降の相場の動きを予想してみました。

相場に影響する二つの要因

外部的要因

ビットコインにかぎらず、一般に仮想通貨の相場に影響をあたえるものとして、二つの要因があります。外部的要因と内部的要因の二つです。

円などの法定通貨の場合、中央政府や日本銀行などの金融政策によって、相場の変動がおきてきます。アベノミックスといわれた、日銀の金融緩和によって、大量の円が市場に出回ったことで円安が加速したのは、皆さんもご存じでしょう。

法定通貨は、政府などの中央の管理機関の動きが相場に影響を与えるのですが、仮想通貨の場合、中央の管理機関が何もない通貨なので、文字どおり、その仮想通貨に対する需要と供給で決まります。

その仮想通貨が普及して、売りたい人よりも買いたい人がたくさんいれば値段があがりますし、逆の場合は下がります。

この需要と供給の関係を左右する要因に二つあるのです。

その一つは外部的要因ですが、これは仮想通貨の需給に影響する経済や社会の動きです。

たとえば、経済不安がおきている国では、資産を保全するために安全な資産を購入したいと考える人が出てきます。このとき、その安全な資産としてビットコインが選ばれ、ビットコインを購入する人たちが増えます。

為替相場の影響も大きな外部的要因になります。かつて中国では、バブルがはじけるなかで人民元が安くなりました。そのとき、人民元をもっていてもメリットが少ないだけに、ビットコインの購入に走った人たちが大勢いました。

仮想通貨に影響を与える外部的要因は、為替相場だけではありません。ちょっとした社会の動きが影響を与えていきます。

ビットコインについてのマスコミ報道などもその一つです。はじめは誰も信用しなかった、通貨としては認知していなかったビットコインだけに、マスコミで取り上げられ、通貨として認めてもいいのではないかと報道されれば、これを信じる人が出てくるわけです。

仮想通貨で決済ができる企業や店舗の増加も、仮想通貨の購入の増加につながります。

ほかにもいろいろな外部的要因がありますが、とりあえず経済や社会の動きが相場に影響を与えるということです。

内部的要因

仮想通貨の相場に影響を与えるもう一つの要因は、内部的要因です。

これは、その仮想通貨自体の仕組みや特徴、技術的な問題が相場に影響するということです。

例えば、ほかの仮想通貨にない特徴をもっていれば、その特徴がユーザーにとってとても魅力的ならば、注目をあびて需要が増えます。

もともと、仮想通貨は決済や送金の手段として開発されました。一瞬のうちに遠くにいる人に送金ができて、しかも手数料がほとんどかからない。これが仮想通貨の魅力です。

仮想通貨の世界でも、この速さと手数料の安さに違いがありますが、速ければ利便性も増しますので、その仮想通貨を買いたい人が出てきます。ただ、安全性との兼ね合いだけに、単に速ければ需要が増えるというものでもないのですが…。

技術的な問題も相場に影響を与えます。特に、ネット上の通貨だけに、通貨としての安全性が担保されることが決定的に重要です。

ビットコインは、この安全性をブロックチェーンという、簡単にいうと一つの台帳に取引データを記載するのではなく、小さな台帳ごとに記載して、みんながチェックしあう分散型台帳というシステムをつくりあげて安全性の確保をしています。

この安全性が危うくなったときには、仮想通貨の価値は暴落します。

ビットコインの相場は何で動いたのか

ビットコインは2009年に公開され、2017年で9年目を迎えています。これまでのビットコインの歴史のなかで、どんなことが相場に影響を与えたのか、具体的にみていきましょう。

マスコミ報道

最初に、ビットコインの値がついたのが2009年10月のことです。このとき、日本円にして0.09円です。誰も信用しないなかで、ほとんど0円に近い評価しか得られなかったのも無理はないでしょう。

ところが、2011年になって、突然、値上がりします。その要因は、アメリカのマスコミで取り上げられたからです。タイムズ誌がはじめてビットコインを取り上げ、一気にその名前が広がりました。

これは典型的な、マスコミ報道による相場の変動です。

新聞やテレビで取り上げられるたびに、値が動きます。もちろん、値上がりするだけでなく、値下がりもします。

最近では、2017年4月はじめに、ビッグカメラがビットコインによる支払いを導入したという報道が行われました。そのときはビットコインの値段が数千円上がりました。

法定通貨の為替相場~中国マネーの動向~

ビットコインは2013年12月にとんでもない急騰をして、一気に12万円台に値上がりました。10月は、13,000円台の値段だったビットコインです。

この理由は、中国の人たちがビットコインを買いあさったからです。

中国の高度成長に陰りが見え始めて、中国元が安くなってきたところで、ビットコインに中国マネーが流れた結果です。中国政府はあわててビットコインの売買を禁止したので、急騰のあとは急落しました。

これまで、ビットコインの取引の80%~90%は中国マネーだと言われています。中国政府のビットコインに対する禁止や制限の措置次第ですが、中国マネーの動きがおおきく相場に影響してきますので、その動向に今後とも注目していく必要があります。

最近では、中国マネーに代わる日本マネーの動向も注目されてきます。遅ればせながら、日本でもビットコインをはじめとした仮想通貨の普及が急速に広がってきたからです。

ビットコイン決済や送金の広がり

ビットコイン決済や送金の広がりも相場に大きな影響を与えます。

欧米ではビットコイン決済が現在、ごく普通に行われているのですが、はじめにパソコンで有名なDELL社が2014年7月にビットコインによる決済を始めたときにも、ビットコインの値段は上がりました。

5ヵ月前には、マウントゴックス社という、当時で最大のビットコイン取引所の破産事件がおきて、2万円をきっていたビットコインが6万円台の値がついています。もっとも、マウントゴックス社に代わる新しい取引所が次々に開設されたことも関係している値上りでうすが。

ビットコインの相場は、2016年の後半から上昇トレンドに入るのですが、このときもビットコインによる支払いを導入する通販業者やクレジット会社、銀行などの金融機関の増加が関係しています。

法的規制の影響

各国政府の仮想通貨に対する法的規制の動向も見逃せません。欧米では、マネーロンダリングやテロ組織への資金の流出を防止する対策として、本人確認を徹底したり、取引所を登録制にしたりという法的規制を行っています。

日本でも、2016年5月に、取り扱う仮想通貨の承認制、取引所の登録制を導入する法律ができあがりました。2017年4月からは、この法律が施行されています。

法的規制がはじまったことで、仮想通貨の普及が遅れている日本の場合は、逆にビットコインをはじめとした仮想通貨に対する認識が広がり、普及が容易になる環境が整ってきています。それもあって、2017年4月現在、ビットコインの相場は13万円台という高い水準をキープしています。

2017年、今後のビットコイン相場はどうなる?

今後のビットコインの相場にどんなことが影響を与えるのでしょうか。

特に外部的要因については、日本や欧米各国の政治・経済・社会の動きが関係してくるので予想は難しいことですが、まず為替相場の影響をみていきます。

いま、トランプ大統領が誕生して、アメリカ経済が好調を持続しています。米ドルが高く、円や人民元が安くなっていました。しかし、このところ、シリアや北朝鮮に対するアメリカの軍事攻撃が広がる気配があり、予断を許さない国際政治の展開になっています。

米ドルの高さが揺るぐ事態も想定されますし、すると政治に動かされないビットコインへの投資が増える可能性も出てきます。

ただ円や人民元が相対的に高くなりますので、その点では中国マネーや日本マネーがビットコインに流れることが少なくなります。

為替相場の影響はプラス、マイナスあり、結果的に影響は少ないとみていいかもしれません。

次にビットコインビジネスの広がりです。特に日本の場合は、2016年の1年間でビットコインを使えるお店が前年の5倍になり、4,500店に増えています。

ビッグカメラのような小売り量販店の大手が導入しはじめた影響もこれから大きくなっていくでしょう。2017年には20,000店に増えると言われています。

2020年の東京オリンピックで訪れる外国人観光客の増大をめざしたビットコインの使えるお店は間違いなく増えていきます。

これはビットコインの需要の増加にとってプラスの要因です。

また、大手企業のなかで、つぎつぎに仮想通貨関連ビジネスが広がっていますので、この点もビットコインの相場にプラスの影響を与えていきます。

アメリカではETF(株式市場への上場)が承認されなかったために、ビットコインを株と同じように証券市場で取り扱うことが先送りになりました。

これがいつ承認されることになるのか、日本ではいつ頃なのか、これも大きな相場の変動に繋がります。2017年中には無理でしょうが、それほど先のことではありません。

マイナスの要因もあります。内部的要因の一つに、スケーラビリティの問題です。

ビットコインの発行枚数は2,160万枚と上限が決まっていますが、現在、その80%近くが発行され、発行のスピードが遅くなっています。この問題をどう解消するか、管理する機関がないだけにやっかいな話になっています。

取引データを処理するのにおよそ10分かかるのですが、これを解消しておかないと、わずか数秒で処理できる、ライトコインのような新興の仮想通貨に利便性では遅れをとってしまいます。評価が下がれば、値段も下がります。

まとめ

ビットコインの今後の相場に影響を与えると思われる要因についてみてきましたが、上昇・下降の両面の要因があることがわかります。

それだけに一気に急騰する事態は想定しにくいのですが、政治・経済情勢次第では十分、そうした急騰もありえます。

ビットコイン決済のお店の増加は、一般の人でもビットコインを購入することにつながるので需要は確実に増えますし、その点では相場は上がります。ただ、スケーラビリティなど技術的な問題もありますので、一気に急騰することが考えにくい状態です。

今後は上がり下がりを繰り返しながら、上がっていきそうです。おそらく、2017年の年明けに記録した15万円台にまで時間をかけながら上昇していくとみていいのではないでしょうか。

なかには20万円を超えるとみる人もいますが、よほどの外部的要因が働ないとちょっと無理なようです。

いずれにしても、値が下がることは考えにくいので、2018年以降も念頭において、長期的なスタンスでビットコインへの投資を考えてみてはどうでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する