⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

日本ではキャッシュカードさえあれば、どこでも現金を引き出すことができます。また、数百円の手数料で相手の口座に送金することができます。当たり前と思っていますよね。

アメリカでは州をまたいだ送金の場合、相手が着金するのに数日かかり、手数料も日本の何百円とは比べものにならないくらい高いことを知っていましたか。こんなに便利すぎる国は日本だけだそうです

若し、日本で「送金に1500円~2000円かかるよ。」「仮想通貨なら数円だよ。」と言われたらきっと飛びつく人は多いのではないかと思います。仮想通貨の詳しい説明などなくてもこんな実力行使が一番の効き目になるのでしょうね。

金融環境に恵まれすぎて「幸せボケ」になっているのです。そのことが、かえって仮想通貨の魅力に気づけないでいるのですね。

仮想通貨が日本では普及しない一つの原因がこういう点にあるのではないかと思います

でも、今回その仮想通貨ビットコインを導入している企業や会社のことについて調べてみました。

仮想通貨ビットコインのことに興味のある人は是非参考にしてみてください。

大企業がこぞって参入

ビットコインを導入している大企業って?

最近盛り上がりを見せてきた仮想通貨「ビットコイン」ですが大企業がこぞって仮想通貨に参入しているのをご存知でしょうか。

世界を代表するパソコン大手のデルや世界最大の旅行サイトエクスペディアなどの大手企業も、ビットコインの決済をすでに導入しています。有名なネット決済大手のペイパルも導入していますテクノロジー業界だけではなくあらゆる分野でビットコインの注目度は増す一方です。

他にもgoogleやアップルをはじめ、マイクロソフト、IBM、日本では楽天やNTT、リクルートなどの名だたる大企業が続々と仮想通貨に参入しています。

誰もが知っている大企業が仮想通貨に注目し評価しているにもかかわらず、日本国内における仮想通貨界の現状は、いまだに怪しいと言ったマイナスイメージが大き過ぎて警戒心を持っている人が多いです。

日本人ならほとんどの人が知っている大企業が仮想通貨に注目し評価して参入してくるようになました。大企業にはそのバックには何千万人というユーザーがいます。その人たちがここでビットコインの事を知ることになるのです。

花火で火の粉が散る以上の規模で拡散されるのです。ですからビットコインはこれからは間違いなく普及するでしょうね。。だんだん無視できない時代が迫ってきているのではないでしょうか。

名だたる企業が参入する理由

このような名だたる大企業が仮想通貨ビットコインを使うメリットは何でしょうか

カード手数料が安い

ひとつは手数料の安さだと考えられます。

例えば、アマゾンで物品を購入するとして、ほとんどの人はクレジットカードを使います。その場合の事業者側の手数料は約5%もかかっています。

でも仮想通貨で決済をするとすればほぼゼロ円か数円程度の少額ですみます。これは大きいですね。

どれくらいの違いになるのか概算してみますと。例えば、アマゾンの日本事業だけの売り上げ高は円ベースで1兆円を超えたと聞きました。その5%は500億円になります。

今までアマゾンが負担していたその500億円がそのまま利益として残るのです。半端な額ではないので驚きですね。

このように取引量の多い企業ほど大きなメリットとなり、魅力的なものとなります。

決済スピードの速さ

更に、参入の理由としては銀行のシステムを使わなくても良い点です。

銀行経由の場合、金融機関の営業時間により決済がすぐには実行されず、タイムラグが発生することがあります。取引量が多い大企業においてこのスピード感は非常に重要で利益にも影響してきます。

仮想通貨であれば世界中で即時決済されるシステムとなっているので取引もスムーズに完了します。

海外送金の手数料が安い

また、グローバルな大企業ほど日常的に海外送金なども行われています。これまで海外送金では数千円の送金手数料が必要だったのですが、仮想通貨で送金すれが数円の安さとなります。これも大きなメリットと考えられます。

このように。金融機関を間に挟まない取引の利点が浸透してきたとき、仮想通貨を選択しない人は少ないでしょう。普及する中でビットコインはその一端を担う可能性は大ですね。

参入企業が増えつつある現在

増えている決済店

仮想通貨であるビットコインは主に投資として注目を集めてきましたが、ここ数年でビットコイン決済を導入する企業が急速に増えてきています。店舗などが増えることにより投資と共に決済手段としての要素も出てきました。

「ビットコイン対応店舗、国内2万か所へ急拡大 17年中にも」(日本経済新聞)との掲載がありました。海外では10万か所以上に拡大していることもあり、日本においても訪日外国人の増加に対応するために、小売店などにも導入するケースが増えているとのことです。

特に店舗にとって大きなビジネスチャンスである2020年の東京オリンピックのころまでには相当数が増えることは予想できます。

今のところ、飲食店やショッピングが多いですが、ほかにもいろいろな業種で仮想通貨が流通しています。例えば「法律事務所」「エステ」「語学」「医療」などの関係の業種で使われています。

つい最近では家電量販店最大手クラスのビックカメラやヨドバシカメラも数店舗試験的導入を発表しました。さらにリクルートホールディングス系企業は「今年夏をめどに約26万店で利用できるようにする」というニュースも出ました。

このように決済として使える場面やサービスがが増えることの発表にを受けて軒並み関連銘柄の株価が上昇しています。

お財布を持ち歩かないキャッシュレスはあたり前の欧米人やもらったビットコインを使いたいという人への対応として、更に普及が加速していくでしょう。

企業側にとってもカード手数料が必要なくなるという大きな利点があり、お客にとっても利便性があるので両方にメリットがあります。ですから企業側がビットコインによる決済方法を採らない選択肢はありません。

ゲーム業界にもビットコイン

最近ではネットを通してのゲームもかなりメジャーになっていますが、単なるショッピングや飲食だけではなく、ビットコインはゲーム業界にも導入が広がっているようです。

ゲーム関連企業のGMOメディアは「ゲソ天」でのサイト内で利用できる通貨の購入方法としてビットコインが利用可能となったことを明らかにされました。。

世界のどこよりも日本はゲーム人口が多いらしいです。日本だけでも1日5億円以上のビットコインが取引されユーザーは10万人以上になるそうです。ビットコインの需要の高まりを受けて発表となったそうです。

それに、DMMが既にビットコインを受け付けています。日本でもビットコインが使える環境が整いつつあるので、ゲーム業界での普及がビットコインの認知度を上げる最速の方法かもしれませんね。

今後もまだまだ参入してくる

仮想通貨について話題も多く、前に述べたgoogleをはじめ、アップル、マイクロソフト、IBM、ナスダックなや日本では楽天やNTT、リクルートなど、だれもが知るような大企業が続々と参入してきていることを知ると、他の企業もこれからどんどん参入してくることは当然だと思います。

日本人は仮想通貨ビットコインの良い悪いの評価よりも、誰が推薦するか、誰が使っているかで判定する人が多いからです。

それに仮想通貨は「円」と同じように決済に使える通貨であることを国は認めましたね。これはインパクトが大きいですね。

ちょうど、国からの「お墨付き」を手にしたのと同じです。これからは今まで以上に仮想通貨は話題になり、盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

ビットコインは誕生から10年たっていないとはいえ、既に多くの企業が関心を持っていることが分かります。これだけ認知度の高い大企業が続々と参入してくるのですから今後、もまだまだ広がる可能性は予想できます。

ビットコインの可能性

ビットコインがどんなメリットを持った通貨なのかにもちょっと触れておきます。

ビットコインがどうして大企業などからの信頼性が高いのかと言えば、利益に繋がる面でのたくさんのメリットがあるからでしょうね。

銀行などを通さないので送金手数料が格段に安い。送金完了時間が速いので取引もスムーズに終了できる。それにカード手数料がゼロになって、これが収益につながりるなどです。

仮想通貨ビットコインは「誰でも、どこでも、どこの国とでも24時間365日、安い手数料で瞬間的に送金することができる」のです。これこそ仮想通貨の持つ最大のメリットだと思います。

ビットコインはブロックチェーンという技術でセキュリティーがしっかり守られ世界中の共通通貨として決済や送金手段として利便性を発揮しています。

今のところ「円」は大丈夫ですが、経済に不安があったり、破綻してしまった国では自国の通貨の価値が下がりました。そんな時、経済に影響されないビットコインに資産を換えようとした人が殺到したそうです。国に左右されない安定した価値はメリットといえるでしょう。

それに国の考え方として、仮想通貨は「モノ」ではなく「カネ」であると法規制を整えたことは仮想通貨への安心感が広がったのではないでしょうか。

仮想通貨界という日本の痩せた土壌に企業がとても上質の肥料を投入してくれました。後はいつ花が咲き実がなるのか楽しみです。

まとめ

従来のクレジット扱いと比較して、仮想通貨ビットコインによる決済手段の方が企業側にとってどれだけ大きなメリットがあるのを考えた時に、仮想通の決済を導入しないことの方が不自然ですね。従って年々掛け算の速度で増加してくることが予想されます。

今はじわじわと浸透していっている仮想通貨ビットコインですが、決済店舗もオリンピックに向けて毎年倍増かそれ以上に増えると予想されています。

今は珍しくもなく当たり前になっているインターネットや携帯電話も低迷期はありました。それと同じ道をたどるのではないかと思っています。いつ爆発的するかわかりません。

そうなった時に後を追いかけるのではなく、その先端を走れるように、今のうちから一緒に勉強していきましょう。はやく「幸せボケ」から目を覚ましましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する