⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

突然ですが、皆さんは仮想通貨ランキングNo.1の「ビットコイン」を知っていますか?

「ビットコイン」といえば誕生当初に比べ莫大に価値を上昇させた『始まりの仮想通貨』として有名ですよね。

初めこそ広まっていなかったものの最近では様々な購入方法を取り入れ、導入する大企業も増加してきています。

(例として、大手企業でいえば「apple」「Microsoft」「楽天」「ビックカメラ」などが導入。また、昨年の3月に「DMM.com 」がビットコイン決済の受付を始め、その他電力自由で参入したガス会社の公共料金にも採用。)

そのため今や25万件以上の企業が「ビットコイン」を導入していると言われています。

これはあくまでも私の予測ですが、これから「ビットコイン」は更に有名になっていくでしょう。

仮想通貨は使用する人間が増えるほど価値も上昇する比例関係にあるので、とても喜ばしいことですね。

しかしそんな広まりゆく「ビットコイン」

本当に安全と言えるのでしょうか。

勿論、決して『ニセモノ』といっているわけではありません。成功例もありますし。

第一『ニセモノ』であったらならばビットコインが日本で通貨として認められたりは絶対にしないでしょう。

だから、わたしがいっているのは仮想通貨自体の話ではなく、購入などの際の安全性についてです。

正直初めて手をだす初心者からすれば不安しかないと思います。

なにせ未知のものであり、更にリスクも高いというおまけ付きですからね。

…ということで今回は『ビットコインの安全な購入方法』をご説明していきたいと思います。

安全な購入をするには…

購入するために

1.最低限の準備

まず初めに最低限の準備として『仮想通貨に関する多少の知識』をつけておいてください。

確かに何も知らずに始めることもできますが、その場合成功する確率より損をする確率の方がが高いです。

特に「ビットコイン」は数秒単位で価格が変動するので『仕組み』や『チャートの読み取り方』など様々な知識をつけておいて失敗することはないでしょう。

次に『必要なもの』です。

といってもまぁ「ビットコイン」を購入する際、必要なものはほとんどありません。

とりあえず

・インターネットに接続されているパソコン又は携帯電話

(※ただし「ブラウザ操作」「マウス右クリック操作」「コピペ(コピー&ペースト)操作」の3つのスキルが兼ね備えられているもの)

・お財布アプリ またの名を「Wallet」(ウォレット)

・購入するためのお金

この3つを揃えておけば基本OK。

パソコンなども今は安く売っているので簡単に準備できますね。

お財布アプリ「Wallet」(ウォレット)について

「お財布アプリ「Wallet」(ウォレット)」とはその名の通り仮想通貨を保有しておく『財布』のことを言います。

現実世界の財布をインターネットの世界にうつしたとでも思ってください。

基本的に1つの仮想通貨に必要なお財布アプリ(ウォレット)は1つです。

参考までに無難な「ビットコイン」用のお財布アプリを紹介しておきます↓

・Bitcoin core  (公式windows.Mac.Linux用)

・blockchain.info

・breadwallet

ちなみにお財布アプリ(ウォレット)は同じお財布アプリでも、たくさんの種類があり今回は上から順に

「デスクトップウォレット(クライアントウォレット)」、「ウェブウォレット(WEB上管理の財布)」、「モバイルウォレット」というように並べさせていただきました。

お財布アプリは『公式』と『オンライン』どっちを使うべき?

個人的にどちらがオススメとは一概に言えません。

手始めに『公式』と『オンライン』の違いを考えていきましょう。

<『公式』と『オンライン』の違い>

公式・・・PC にインストールする必要がありインストールに時間がかかる。アカウント取得、登録などは不要。コイン自体は小数点以下の8桁まで分割して使える。

オンライン・・・PC、スマホにダウンロードの必要がなくブラウザでアクセスするだけで利用できる。メールアドレスの登録は必要。小数点以下5~6桁くらいまでは表示され、送金の際は小数点以下8桁まで設定できる。

(注意として『オンラインウォレット』は他人に財布を預けているのと等しいため、「ハッキング」「サービス停止」などの危険があるサイトを選ばないようにしましょう。)

--------------------------

『公式』と『オンライン』の特徴から思うに

「すぐ始めたい」「時間が限られてる」という場合はダウンロードの必要が無い『オンラインウォレット』を。

「大金を扱う必要がある」という場合は『公式 ウォレット』を使用していくべきですかね。

どちらにせよ仮想通貨に関わるということは全て自己責任に値するので自分でしっかり見極めてください。

安全な購入方法

「ビットコイン」の購入方法は主に3つあります。

1つ目は『取引所(交換所)での購入』

2つ目は『販売所での購入』

3つ目は『クレジットカードでの購入』

この3つの主な購入方法で購入すれば比較的安全です。

しかし、油断は禁物。やはり何事も100%安全ということはありません。

「ビットコイン消失事件」やその他の事件に巻き込まれることもあります。

だから安全な購入方法を選んだ後は『安全な取引所(交換所)&販売所』を選ぶことも重要なんです。

ということで

安全な取引所(交換所)&販売所は?

はい、安全かは分かりませんが最近よく聞く取引所名は「bitFlyer(ビットフライヤー)」と「coincheck(コインチェック)」ですね。

<「bitFlyer(ビットフライヤー)」について>

『あなたのビットコインを大切に守ります』のキャッチコピーで有名な「bitFlyer(ビットフライヤー)」

勿論取引量も信頼度もそのキャッチコピーに恥じず『ピカイチ』です。

<「coincheck(コインチェック)」について>

「coincheck(コインチェック)」は最短10分で購入可能という手軽さで最近人気を上昇させています。

また、初心者でも簡単に取引できるという利点から初心者にもオススメです。

<その他の安全な国内取引所>

本社の所在地:日本…bitbank(ビットバンク)、 BTCBOX(ビットコインボックス)、 Zaif(ザイフ)、Quoine(クオイン)、Lemuria(レムリア)、BITPoint(ビットポイント)、Fisco(フィスコ)
アメリカ…Kraken(クラーケン)

本社が外国なのは国内取引所でKraken(クラーケン)だけのようですね。

外国…?と思うかもしれませんが心配はいらないと思います。

  • オマケ 取引所と販売所の違い

  • 最後に取引所と販売所の違いについてご説明致しますね。
  • まぁ、違いなんて一目瞭然なわけですけど…一応。。。

 

販売所

・誰と売買しているのかが分かり、かつ提示している価格で確実な購入が可能。

・売っている人間と価格設定をしている人間が販売所を経営している企業であり、価格に納得したら買い手が購入する仕組み。

取引所

・誰と売買しているかわからず、売買注文で板情報に出ている取引価格、数量で売買が可能。

・売っている人間と価格設定をしている人間がビットコインを所有している所有者であり、注文価格が一致したら購入する仕組み。

つまり販売所は企業が売買しており、取引所は所有者が売買しているというだけです。

まとめ

「ビットコイン」の安全な購入の方法は取引所、販売所、クレジットカードで購入する方法です。

これ以外にはあまり挑戦はしない方がいいかと思います。

でももし『独自のやり方で安全に購入してきたんだ』という方がいらしたら、それでいいのかもしれませんね。

とりあえず最初は安全だと思う選択をしていきましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する