⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨元年と言われる2017年ですが、仮想通貨といえばビットコイン。取引高でも断トツのビットコインを投資の対象として考えている方は少なくないのではないでしょうか。

ビットコインのこれからの相場がどうなるか、それを見るためにも長期スパーンでビットコインの相場の動きをみることが重要かと思います。

ビットコインの最新ニュース

ビッグカメラがビットコインによる支払いを採用

2017年4月5日、家電量販店大手のビックカメラが、東京都内の店舗の一部でビットコインでの支払いができるようになりますと公式に発表して話題になりました。

これを受け、ビックカメラの新宿東口店と有楽町店で、4月7日からビットコインによる支払いができるようになりました。

すでにビットコインによる支払いができる店舗は、昨年末時点で約4500ヵ所ありますが、ビックカメラのような大手量販店が参入することはこれまでほとんどありませんでした。

利用額は10万円までという制限がかかっていますが、現金と同率の10%のポイントもつくということです。

新聞報道によれば、ビットコインによる支払いを導入する背景には、このところ増え続けている外国人観光客の便宜をはかり、外国人観光客の増加につなげるためだそうです。

リクルートライフスタイルも、Amazonも導入を発表

ときを同じくして、リクルートライフスタイルは、小売店向けの決済手段として、今年の夏にでもビットコインが使えるようにすると発表しました。

モバイルペイメントサービスと呼ばれる『モバイル決済 for Airレジで』に向け、2017年夏頃よりビットコインによる決済ができるようにするとのことです。お客さんが差し出すスマホのバーコードを読み取るだけで支払いができるので、とても簡単ですし、便利です。

世界最大級ともいわれる通販大手のAmazonも、ビットコインによる決済を近いうちに導入することを発表しています。Amazonが導入することによって、一気にビットコインを購入する人が増えるでしょう。また、他の通販業者も次々にビットコインによる決済・支払いをはじめることが予想されます。

小売の大手量販店や通販業者がやっと、ビットコインによるショッピングの支払いを導入しはじめた日本ですが、すでに外国ではビットコインによる支払いがかなり普及しています。特に中国や欧米では、ビットコインを使う人が年々増えています。

再び上昇したビットコイン

ここに来て、大手企業が次々とビットコインによる支払い、決済を導入する動きが出ています。

このためか、ビットコインの相場は上昇しはじめ、4月7日までの1週間で1万円ほど上がり、13万円を超えてきています。

2017年4月1日より、日本政府は、前年の5月に成立した仮想通貨に対する法的規制を施行しました。

この法律が規定する、仮想通貨を取り扱う取引所に対する登録制が、これまでいま一つ信頼されていなかった仮想通貨への信頼を増大させることにつながっています。

こうした大手企業の動きも、法的規制がはじまったことに関係しています。

ビットコインの相場をみる方法

ビットコインの相場の変動

仮想通貨は、日本ではこれまで、多くの場合、送金や決済の手段として使われているわけではなく、もっぱら投資の対象と扱われてきました。それが、投資から消費の対象に広がる動きが出てきたということです。

仮想通貨元年に相応しく、ますます仮想通貨が普及する条件が整ってきています。

投資もさることながら、支払い手段としての利便性が注目されてくると、いっそうビットコインをはじめとした仮想通貨の需要が増え、その相場も上がってきています。

ビットコインの相場は、あくまで需要と供給によって変わっていきますし、それを妨げるような政府や中央機関の介入がありません。

それだけに、ビットコインの利便性や投資対象としての価値が上がれば、需要が増え、価格が上がります。

チャートで相場をみるには?

ビットコインの相場の動きをみると、短期的にも長期的にもかなり大きな変動がありました。ビットコインを含めた仮想通貨は、円やドルなどとちがって、24時間、取引が行われています。

そのため、刻一刻と取引価格が変化し、目まぐるしく動きます。その意味では、デイトレーダーのような、短期的な取引をする人たちにとっては、相場の動きを読むことは決してたやすくありません。

しかし、もう少し長いスパーンでみると、かなり動きがハッキリと見えてきます。

例えば、今年2017年の年明けから4月初めまでの、およそ4ヵ月間をとってみると、史上最高の15万円を超えたあと、次第に下がりはじめ、2月には10万円台まで急落しました。

その後、ビットコインを決済手段として導入する大手企業が次々と発表されてくると、ふたたび値段は上がり、現在13万円まで回復してきています。

長期スパーンで見る方法

チャートとは、価格と時間(日時)を縦軸、横軸にとって、過去の相場の動きを表したものですが、1~2年の動きをみるためにも、ビットコインの公開から現在までの全期間のチャートが参考になります。

7年間という全期間の価格の動きをみるには、全期間チャートを掲載しているサイトを見つける必要があります。

全期間のチャートを掲載している情報サイトのなかでも、blockchain.info のサイトが長期スパーンで見る上では、とても参考になります。

まず、blockchain.info のサイトにアクセスし、ファーストページの「市場価格」をクリックします。

次に、スクロールして下の方にカーソルを動かすと、「Timespans」が出てきます。これをクリックすると、30日、60日、180日、1年、2年、すべての時間の6種類のチャートがあることが分かります。

「すべての時間」をクリックすると、ビットコインの全期間のチャートをみることができます。ただドルで表記されているのが難点です。

ビットコインは、はじめて公開されたのが2009年10月です。まだ誕生して8年目です。

その意味では、7年間の動きになりますが、これを見ながら、1~2年の相場の動きを判断するのが得策かと思います。

全期間チャートをざっとみると分かりますが、かなり急騰・急落があることに気付きます。また、低迷していた時期もあることが分かります。

こうした急騰、急落や低迷などの相場の動きから、その理由や根拠を探しあてていくと、ビットコインの今後の相場を判断する、非常に大事なポイントが見つかります。

長期チャートから見えるビットコインの相場

ビットコインの7年間の全期間チャートをみるとわかりますが、2009年1月にリリースしたあと、しばらく低迷していた時期があります。

開発されて、まだ誰もビットコインの利便性に気付いていない時期がしばらくあったということです。この時期はほぼ0円台です。

最初にビットコインと法定通貨の交換レートが発表されたのが2009年10月5日ですが、このときのレートが日本円にして0.07円です。その1週間後にはじめての取引が行われ、0.09円の値をつけました。

その後、ビットコインのニュースが広がっていくなかで、取引所が設置されて売買ができるようになると、2011年3月には70円台に上がっていきます。

取引所というインフラ整備が進み、ビットコインの認知が増大した結果です。

ビットコインの急騰

2013年12月に、ビットコインはとんでもない急騰をします。中国マネーが大量にビットコイン取引に流れ込んだからです。いわゆる中国人のビットコインの爆買いが原因です。

中国のバブルがはじけて、人民元が低下しはじめたころからビットコインへの投機や資産保全で爆買いが広がったからです。

しかし、中国政府がただちにビットコインの売買禁止令を出した結果、ビットコインの相場は急落していきます。中国マネーや中国政府の動向がビットコインの相場を動かしました。

その後は、上下を繰り返しながら、徐々に下降し、3万円を切るまでに下がった時期がありましたが、それ以降は一度もその水準に下がることなく、再び上昇のトレンドに入っていきます。

公開当初とちがって、ビットコインが一定の評価を得て、安定期に入った証拠でもあります。

上昇トレンドのなかでの急騰

2016年に入ってから、はっきりとした上昇トレンドに入り、その年の12月から2017年1月にかけて、急騰していきます。

2013年12月の、たった1ヵ月間の急騰とちがって、今度はおよそ1年かけての急騰です。

この背景に、ビットコインの利便性に対する企業の評価が高まり、ビットコインを決済手段として導入するビットコインビジネスの急速な広がりがあります。

また、欧米や日本での法的規制という、通貨として承認しはじめた政府の対応も見逃せません。取引所が次々にオープンして、売買や交換が非常に容易になってきたというインフラ整備の拡大も影響しています。

アメリカのトランプ大統領の誕生も影響しています。トランプ政権の積極的な経済政策がドル高をうみ、円や人民元が安くなりました。中国マネーがふたたび流れだしたのです。

もっとも、中国政府はまた厳しい規制に入りましたので、ビットコインの相場が2017年1月の史上最高の15万円を超えたあと、10万円台にまで急落していくことになりました。

しかし、3月から4月にかけて、中国マネーに代わる日本でのビットコインへの投資資金の急速な増大が相場をもちなおすことにつながっています。4月7日現在、13万円を超えました。

最初にふれましたビックカメラやAmazonなどの動きも関係しています。

4月1日から施行された改正資金決済法による仮想通貨の法的規制も、仮想通貨への信頼を保証する一因となって、相場の上昇につながっているかと思います。

まとめ~これからのビットコインの相場~

4月以降のビットコインの相場がどうなるか、とても気になるところです。

日本の場合、ショッピングなどの支払い手段としてのビットコインの活用はいま始まったばかりですから、今後は消費の対象としてビットコインの購入が一気に広がっていくことが予想されます。

大手金融機関も仮想通貨を取り入れた決済などに次々に参入してきました。

上昇すれば、必ず売って利益を確定しようという動きが出ますので、ビットコインの相場はこれまでと同様、上下を繰り返します。

しかし、ビットコインの値が下がる材料が少ないだけに、少しずつ確実に値が上がっていくと思われます。

なかには2000ドル(1ドル=110円換算で22万円)まで上がるという予想をたてている人もいるくらいです。

あなたは、どう今後の動きを読みますか。いまがチャンスかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する