⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

フィンテックという言葉を最近よく耳にするようになりました。いわゆる仮想通貨というモノがはやっているようですが、今回はその仮想通貨に関連する銘柄を紹介していきたいと思います。

仮想通貨関連銘柄

現在(2017年4月2日)、株式投資市場では仮想通貨関連の銘柄の値動きが活発化している。要因として、金融庁が遂に仮想通貨を【貨幣】として認定したからだと考えられます。

これまでは【金】と同様にモノとして扱われていた仮想通貨ですが、今後は仮想通貨への意識も大きく変わると思って間違いないと思います。

仮想通貨関連の銘柄の特徴は、政治や仮想通貨関連の法案に大きな影響を受けます。

今後、どのような法規制が行われていくのかということでも株価は大きく影響を受けると思います。

メリット

仮想通貨の関連銘柄は、今後のことを想定すると非常に多くの魅力やメリットを秘めていると思われます。国内の仮想通貨の流通量はまだまだ少ないし、怪しいと思っている国民もかなりの人数と思われる。

先見性の高い投資家や、仮想通貨のビジネスに関わっている人以外で、仮想通貨の仕組みやその特性を理解している人はほとんどいない。

だからこそ、金融庁が仮想通貨を貨幣を認め、テレビや報道回数が増えていけば自然と世間に広まっていくと想定出来、投資対象として買い出す人も増えてくると思われる。

そうなれば、仮想通貨関連の銘柄もどんどん株価を上昇させていくだろう。今後、既存の法定通貨と同じくらい仮想通貨が流通していくことも想像出来るので、この辺の知識は養っておくべきだと感じる。

リスク

現在、話題性が増えてきて自社の決済手段としてビットコインを取り入れる企業も出てきた。

未来の貨幣概念を変える可能性を持っている点からも大きく注目を浴びている仮想通貨の関連銘柄だが、リスクが全くないわけでないので、その辺を確認していきたいと思います。

金融庁が仮想通貨を【貨幣】として認めたわけではあるが、今後は法規制をどのように行っていくかに注目が集まる。今までは、自由度が高かったことが魅力でもあったが、規制次第ではビジネスとしての旨味がなくなる恐れもある。

そうなれば、仮想通貨の関連銘柄も下落のリスクが生じてしまうので、金融庁の規制のあり方にもアンテナを張る必要を感じる。

仮想通貨関連銘柄リスト

マネーパートナーズグループ

ここは、本命のビットコイン関連銘柄です。アメリカのPayward社と業務提携することと、同社のホームページからビットコインのレートも確認出来、正真正銘のビットコイン関連銘柄です。

市場からの注目も高く、長期的にも期待できる銘柄だと言えます。

リアルワールド

ポイントサイトとして運営している企業ではあるが、同社が展開しているポイントサービスで使用されるポイントとビットコインの交換に関する業務提携をbitflyerと行うと発表していることからも、ビットコインの関連銘柄として注目できる銘柄かと思う。

セレス

リアルワールド同様、ポイントサイトのポイントをビットコインと交換できるといったサービス開発など、仮想通貨と共に企業成長できる関連銘柄です。

ジグソー

あらゆる次世代テーマに関連している企業であり、今回はビットコイン関連銘柄としても期待できる。

資本、及び業務提携先がビットコインを利用した不動産販売を日本で開始するなど、魅力がある関連銘柄です。

GMOペイメントゲートウェイ

ビットコインを利用した決済サービスを展開している為、説明不要なビットコイン関連銘柄と言える。

メタップス

メタップスは日本だけでなく、シンガポール、中国、韓国、香港、台湾といった日本人起業家には馴染みの深いアジアを拠点とした人工知能関連のスマホアプリ事業を展開している企業です。

リップル

私が一番オススメするリップルです。

国内では、リップルコイン自体の知名度も低いが、世界的に見ればリップルコインは仮想通貨の中でも非常に強い存在と言えます。

今後、国内で上場することがあったり、リップルへ出資する企業が現れたりした場合、仮想通貨関連銘柄として注目を集めるだろう。

既に、リップルはグーグルからの出資を受けているので、かなり期待出来る銘柄だと思っている。

仮想通貨関連銘柄の今後

仮想通貨と一言でまとめてしまっているが、その種類は800以上存在するとも言われてる。

しかも、市場規模2兆円に対してビットコインの時価総額がその8割程度を占めており、時価総額ランキング10位以内の通貨で9割以上を占めている。

このことからも分かるように、仮想通貨の殆どは現在価値のもたない通貨ということになる。

今後、仮想通貨の市場規模が拡大していくにつれて全ての仮想通貨の価格が上昇していくことにはならない。多くが個人投資家で成り立っており、仮想通貨の購入は全て自己責任で成り立っているので購入に際しては慎重になるのは分かりきっている。

仮想通貨の関連銘柄を選択するときは、どの仮想通貨にどのように関連しているかを調べる必要を感じる。

ビットコインは現在、抜群の認知度で市場規模の8割以上を占めているが、これもいつまでも続くとは限らない。後発の仮想通貨のほうが技術的には優位だし、製品プロダクトサイクル同様にビットコインもそのうち後発の仮想通貨によってその価値が下落していく可能性もある。

仮想通貨関連銘柄に投資する場合は、そういった仮想通貨についての知識も必要であるし、詐欺にも注意したい。

仮想通貨の殆どが価値のないものなので、それに関連していたとしても株価が上昇するとは思えない。仮想通貨の大半が詐欺という噂もある。

ネット上でも多くの情報が存在しているので、誰かに言われたからすぐに信用するのではなく、多くの情報を比較することが重要です。

詐欺が多いということは、手間暇かけても盗む価値がある市場であることも事実です。詐欺をする方も時間や労力を使うわけなので、期待できない案件に注力することは無いでしょう。

まとめ

フィンテックの活性化に伴い、多くの企業が仮想通貨に積極的に参入してくると思われます。

よく調べることは重要ですし、最終的には自己責任なので自分で判断してくださいね。

個人的な見解ですが、リップルは非常に期待できると思います。リップルコインを調べてもらえばわかりますが、リップルラボ社がリップルコインの管理をしている企業です。

リップルラボ社はあらゆる通貨を決済できるリップルネットワークを構築し、既存の金融機関と仮想通貨の架け橋的な存在になろうとしています。

金融機関が仮想通貨をとり扱えるようにするということですね。

仮想通貨がこれから普及していく中で、金融機関の業務もこれからどんどん変化していかなければなりません。仮想通貨は銀行では購入できないのか?などといつまでも言っていられません。

2017年秋には三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を公開します。

日本ではそれほど有名なネタではないのですが、日本経済新聞などでは既に掲載されています。

このことからも銀行と仮想通貨は共存していくことが分かります。そのための、ネットワークを提供しようとしているのがリップルです。

グーグルが出資していることからも分かる通り、しかもSBIなども業務提携していますので期待できますね。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。東京オリンピック関連銘柄も注目されていますが、こちらのほうが期待できると思いますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する