⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の中で基軸通過を誇っているビットコインですが、今のところは順調に価値が上がっているようですね。仮想通貨のことを日本ではよく知られていないかも知れませんが、海外では大変普及しています。

法整備の遅れが日本の遅れとも思われていますが、最近は顧客保護のために取引所が登録制になったり、また、消費税非課税などの見通しもあり確実に整いつつあるという実感はあります。国が動くということは日本でも多くの人が仮想通貨界に参入してきたことを証明しているのではないかと思っています。

今回は、こんな仮想通貨ビットコインの事を耳にして、ちょっと興味を持って買ってみようかなと思われた方に知っていただくために仮想通貨ビットコインの通貨単位について調べてみました。

仮想通貨ビットコインってどんな通貨?

先ずは、世界中で普及している仮想通貨ビットコインについて特徴などを簡単に述べておきます。

ビットコインは世界中どこでも使える共通通貨です。ですから世界各国どこへ行っても両替する必要はありません。両替手数料もいらず、スマホをかざすだけで決済がすむので、ほとんど手間はかからず、便利と言えます。

特にありがたいのは、送金時の手数料が安いということです。海外送金でも手数料が数円で時間は数分で完了します。しかも銀行を通さないので24時間365日、曜日に関係なくいつでもできます。国境を越えた個人間の送金でも驚くほど速いです。

国の経済が破綻して紙幣が紙切れになったり、貨幣を多量に発行されての価値がなくなったりした国もありましたが、そんな時ビットコインは全く影響されません。国や政府のような中央で管理する機関はありません。したがって貨幣の価値を操作されないという点では安心できます。

取引はすべて中央のサーバーなどを通さずピアツーピア・ネットワーク上で行なわれ、様々な場所にあるコンピューターが記録を残しています。また、ブロックチェーンという技術によって記録された取引内容は特定できないため、偽装やコピーもできないことが大きな特徴です。。このシステムが世界中で信頼を得ているところです。

こんなにも利便性の高いビットコインですから、今日本でもビットコインが使える店舗や飲食店が急激に増えています。先ずは少しからでも手にしてみてはどうでしょうか。

ビットコインの単位は?

日本は(円)JPY、アメリカは(ドル)USDと同様にビットコインにもいくつかの通貨単位があります。主となるビットコインの通貨単位はBTC「bitcoinビットコイン」(ビーティーシー)です。

2014年現在、ビットコインを表わす記号には BTCXBTBitcoinSign.svg があります。補助単位としては、「mBTCミリ・ビットコイン」、「µBTCマイクロ・ビットコイン」、「satoshiサトシ」が存在します。

今のところはsatoshiが最小の単位です。

この人の名前のような単位は何なのかと疑問に思いますよね。

satoshiはビットコインの作者であるサトシ・ナカモト氏が由来でつけられたそうです。

サトシ・ナカモト氏については、後で詳しく述べます。

単位は大きくふたつに分かれる

ビットコインは大きく分けると2種類の単位に分かれています。BTC(ビーティーシー)とSatoshi (サトシ)がその単位です。そのふたつの関係を表すと、1BTCは1億satoshiとなります。つまり

1BTC = 100000000satosi であり、反対から言うと 1satoshi=0.00000001BTCとなります。

あまりにも桁が離れすぎて、また、ゼロが多すぎて非常にわかり辛いですね。

基本的にビットコインの通貨記号はBTCなので、大きな単位は「BTC建て」で数えます。例えば、10ビットコインならば10BTCが普通です。

ですから、1BTCより大きな数を表現する場合は問題ないのですが、例えば、0.0075BTCの場合は金額がわかりにくいですね。どちらかと言えばそんな時は[satoshi建て」の75000satosi の方がイメージしやすいでしょう。BTCからsatoshiに換算します。

紙に表記する場合は何とか分かりますが、口頭で伝える場合を考えた時、少数で0.0075BTCではゼロの数がわかりにくくて頭が混乱して間違いそうですね。

今後、ショッピングや飲食で利用することも増えてくるでしょうが、会計をするシーンを浮かべてみてください。「お会計は0.0075BTCです」と言われるより、「お会計は75000satoshiです」の方が数の大きさをイメージしやすいのではないですか。でも円を基準に生活している私たちは。今度は円の75000円とも混乱してきそうですね。

しかしこれ位の額の取引は頻繁にあるそうです。そんな時にはBTC建てではなくsatoshi建ての75000satoshiで取引される方が多いそうです。

今ビットコインの価格が上がってきているので、本当はもっと高いですが、わかりやすく敢えて1BTCが10万円とします。10万円以下のトレードをする場合は当然小数の金額になります。例えば、千円であれば0.01BTCです。これが100円では0.001BTCになります。ここまでぎりぎり理解して使えそうですが、0.0001BTCまでいくと厳しそうではないですか。そのため、ほかにも補助単位の表記があります。

 補助単位も必要

BTCとSatoshiだけがビットコインの単位ではありません。補助単位としてのmBTC(ミリビットコイン)、μBTC(マイクロビットコイン)が存在します。

1BTCから1satoshiまではあまりにも桁が離れすぎて利用しにくいという問題があり、その中間の単位として存在しています。

1 mBTC(ミリビット) = 0.001BTC 、 1 μBTC(マイクロビット) = 0.000001BTCとなります。つまり

1BTC=0.001mBTC=100000satoshiです。 1BTC= 0.000001μBTC=100サトシです。

mBTCは、実際、オンラインカジノなどでは当たり前のように表示されているそうです。

このように、ビットコインには複数の単位や呼び方があることがわかりました。

小さすぎるダッシュ

546Satoshi以下は特別な呼び名があって、「Dust」(小さすぎる単位)と呼ばれています。そして、その意味は「ゴミ」と解釈されます。

546satoshi以下がダストの理由は、BTC送信の最小サイズのためそれ以下が送れないためにゴミとみなされるからです。だから、ビットコインネットワーク的には546satoshi以下はゴミと定義されているので要求が通らないのです。

ちなみに1BTC=90,000円とした場合、1satosi=0.0009なので、546satosi=0.4914円になります。
つまり1円にもなりません。約0.5円ですね。計算すると、546satosiが1円以上になるには、1BTC=200,000円以上である必要があります。1000satosiであっても、円換算で9万の場合は0.9円です。1円にもなりません。

「Satoshi」の由来について

サトシという単位の名前がどこからきたのかについては前に、ビットコインの作者であるサトシ・ナカモト氏が由来であると述べましたが、どんな人物なのでしょうか。

本当はまだはっきりは断言されていません。その正体は不明です。

しかし、ビットコインの技術論文の著書を発表し開発したと言われているサトシ・ナカモト氏に敬意を表して、ビットコインの最小単位としてSatoshiが使われているようです。

誰かがビットコインを作ったのは確かでしょうが、それが誰なのかがわからないのも理解しがたい不思議な話ですね。

これまで各国のメディアはナカモトサトシを様々に推察してきました。その結果、今までに何人か浮上したそうです。そのうちの一人は、P2P財団に掲載されていた略歴によれば、37歳日系人男性とのこと。でも明確な証拠は見つからなかったらしいです。

おそらくエンジニア、数学者、投資家であろうなどの報道がありましたが、その中でも本命視されていたのが日系アメリカ学者ドリアン・プレンティス・サトシ・ナカモト氏らしいのですが、これは本人が完全否定しています。

そんな中ついに本人が名乗り出たという記事もありました。2016年5月2日オーストラリアのIT起業家にして投資家のクレイグ・スティーブン・ライト氏が、自分こそがナカモトサトシだと名乗り出ました。

確かにこの人物はオーストリア政府にビットコインを通貨として扱うよう働きかけていたビットコイン関連業界では有名な人物でもあります。

「いくつかの信ぴょう性のある証拠も出てきたらしいです。例えば「サトシが発表する3か月前にブログで暗号通貨に関する概念を出している。」「サトシが使っていたメールアドレスとドメインとほぼ一致している」などです。

BBCの報道によると、ライト氏はまさにナカモトサトシ本人しか知り得ない情報を持っていることも判明し、一気に信憑性が高まりました。しかし、それだけでは決定的な証拠にはならないとして今も決着がついていません。

こうして3人、4人と候補者が出てきましたが、本物は誰なのか決定的な証拠がないそうです。おそらく今後もナカモト・サトシ氏をめぐる議論は続きそうです。

 購入時の最低単位は

各取引所では最低の売買取引数量を定めています。

例えば1ビットが10万円のとき、1Satoshiは0.001円となり、ビットコインの最低取引数量は546Satoshiですから、ビットコインは0.546円から買えるということになります(0.001円×546=0.546円)。

でも、実際には1円から取引できません。1円で取引しても、取引手数料がとても小さくなりそうですし、システム投資に見合わないでしょう。それが理由なのかどうか不明ですが、各取引所では、それぞれ売買の最低取引数量を定めています。

ビットコインの最低取引単価はと言えば取引所により変わりますが、例えば、

ビットフライヤー(bitFlyer)の場合は0.001BTC。1BTCが10万円の時で100円からになります。

コインチェック(coincheck)の場合は0.005BTC。1BTCが10万円の時で500円からになります

このように小さな額からでも売買が可能なのです。

数百円単位でも売買が可能ですので、例えば100円~500円位の少額からでも取引してみるのも面白いですね。 

まとめ

調べてみて驚いたことはビットコインの通貨単位の細かさです。当然のことですが、ゼロが1つ違っていても結果は大変なことになるので慎重に行うことが大事だなと思いました。

毎日取引をしている人もいますが、今現在はおそらくはsatoshiという単位で利用している人は少ないと思いますが、2020年の東京オリンピックの頃にはビットコイン決済の飲食店などが増えて使うようになることが予想できます。

それまでに少しだけでも手にして、satoshi の利用体験をしてみてはいかがですか。 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する