⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は、ビットコインで最近話題になっている仮想通貨の中で本命と思う通貨を紹介していきたいと思います。

私の個人的な主観ですので、信憑性は定かではありません。参考程度にしていただければと思います。

ビットコイン

基軸通貨としての認知度

ビットコインは最初の仮想通貨として、その認知度は抜群にあります。中には仮想通貨=ビットコインと思っている人もいるのではないでしょうか?

そのビットコインは公開が2009年であり、当初価格は1BTC=1円以下でした。3年ほどそんな時期が続き、その後メディアに取り上げられる度に少しづつ認知度が向上していきます。それと同時に価格も上昇していきます。

ビットコインは発行上限枚数が決まっており、その枚数は2100万枚となっています。2140年頃に新規発行が終了してその枚数が流通することになっています。なので、現在はまだその枚数が流通しているわけではありません。そして、仮想通貨の価格は、需要と供給のバランスで変動しています。

流通している枚数が少ないほど変動幅は大きいと思いますので、ビットコインは1週間で数万円変動することも多々あります。そのことをリスクと感じる人もいますし、チャンスと捉える人もいますがその辺は個人の価値感の違いと言えるでしょう。

送金メリット

世界中で使ってもらえる通貨として開発されました。よって、決済手段として【ビットコイン決済】を取り入れている店舗も増えていますし、実店鋪も増えています。

ビットコインといえば海外送金用としての機能が有名です。後発の仮想通貨からすれば当たり前になりつつある機能ですが、仮想通貨は銀行送金と比較して送金手数料が格段に安いのです。

銀行からの海外送金は数日日数を要します。更に、手数料は10%程度もかかる場合があります。

そして、銀行が営業している平日15時までの間に手続きしないといけませんし、金曜の16時だと手続きは月曜になってしまいます。

制約が多いのです。ただ、日本は銀行の質が海外の銀行と比べると高いので便利な方だと言われています。

銀行口座を持てない国もありますし、身分証さえ持てない国もあります。日本は恵まれた環境であるので、送金などに対して不便を感じたことも少ないと思います。また、日本円そのものが世界で見ても非常に信用できる通貨であり、他国の通貨とも両替に不便を感じません。これが、マイナーな通貨だと複数回の両替が必要になるので、不便かと思います。

仮想通貨の優れている点は、自分のウォレットから直接送金できるので24時間365日、しかも動かなくてもスマホで送金できるという点です。

しかも、送金にかかる時間も銀行送金と比べても圧倒的に早いです。

価格推移

2016年のビットコインの価格推移は凄かったです。約3倍ほどの上昇幅でした。

1月に1BTC=45000円だったのが12月には125,000円にも達しました。仮想通貨への注目と期待が増してきている証拠ですね。

2017年になって、150,000円に達しましたが、ETF否決問題やビットコインの分裂問題が生じてから、一旦下落し今は20,000円程度で推移しています。

既に認知度が高く、公開されているので今からビットコインデ儲けようと思っている人はかなりの資金が無いとリスクも生じます。通貨としての技術面でのクオリティはやはり後発優位ではありますので、仮想通貨市場が大きくなったらビットコインは消えていくかもしれません。

その辺は、製品のライフサイクルと同様だと思っています。

エイダコイン

私が思う2017年の本命通貨はこの仮想通貨です。

開発メンバー

何が凄いと言うと開発メンバーが非常に優れていて、中でもチャールズホスキンソンという天才数学者が関わっているということで有名です。

チャールズホスキンソンは既に仮想通貨を2銘柄開発しており、どちらも時価総額ランキング10位以内という実績のある人です。

イーサリアムは時価総額ランキング2位で、マイクロソフトと提携しているということで将来的に期待されている仮想通貨の1つです。

通貨の機能も時価総額ランキング10位以内に入っている通貨が出来る機能は、エイダコインは備えていると言われていて、注目されています。

コンセプト

エイダコインのコンセプトとして、共感できるのは【暗号技術の力で世の中の人に公平を】というものがあります。

何がしたいのか、と調べてみました。

すると、エイダコインを持つことでカルダノというゲームプラットフォームに登録出来るようなのですが、そのカルダノが身分証の代わりを果たすというのです。

私もエイダコインを購入しましたが、セキュリティに関してはかなり慎重になっていると思います。公開予定も驚くほど遅れていて、首を長くしているのですが理由がセキュリティの強化というので仕方ありません。

身分証の役割となるものを作りたかったらしいのですが、それを手にしてもらうにはアプリを開発して、しかも登録してもらわなければいけません。簡単に登録してもらえるようにするにはどうすればいいのかを考えたときに、ゲームプラットフォームを思いついたそうです。

先にゲームありきなのではなく、広める手段としてゲームプラットフォームの開発を思いついたところが良いですよね。ゲーム市場が大きいから、そこに参入して儲けてやろうと考えたわけではないようです。

この仮想通貨は是非成功し、世界中に広まって、身分証を持てない新興国の方々の役にたってほしいと思います。

ノアコイン

最近、ネット上でやたらと広告を見る機会が増えた期待の仮想通貨がノアコインです。

このノアコインはフィリピンの社会問題を解決するために開発されたと言われています。OFWという海外出稼ぎ労働者が本国のフィリピンに海外送金する金額が年間累計3兆円です。

その海外送金にかかる手数料が年間3,500億円と言われています。この金額を海外に落としたくないのはフィリピン政府も国民も同じです。

よって、フィリピンの国家プロジェクトとして、ノアコインを国民のために開発し、海外送金手数料が無料のノアコインを使ってもらおうとしているのです。

自分がフィリピンの国民なら飛びつきますよね。

多分、フィリピンでは普及すると思います。また、このノアコインは運営元が存在するので、プロモーション広告やインフラ整備にも注力しています。

ビットコインは運営元が存在しないので、認知度を高めるのに時間がかかりましたがこのノアコインはフィリピンの富裕層が運営メンバーに携わっているので信頼性が高いです。

よって、2018年6月12日に公開予定のノアコインも非常に期待出来ると思います。

今は、プレセール中ですので最安値で購入することが出来ますので、購入検討される方はよく調べてみて、納得できれば是非購入されればいいと思います。

まとめ

ビットコインは認知度が高く、これから仮想通貨の市場が拡大していく中で当面は外せない通貨なのでおすすめ出来ると思います。

しかし、個人的に強くおすすめするのはエイダコインとノアコインの2つです。

これらの通貨は調べれば調べるほど期待できる仮想通貨です。

メリットばかり書いてしまいましたが、デメリットももしかしたらあるかもしれませんので調べてみてくださいね。あとは、イーサリアムなども非常に注目されていますから今後期待できます。

逆に、仮想通貨市場は詐欺も多いので、見分け方も理解しておくことをおすすめします。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する