⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨ビットコインは現在、広く世界で話題になっています。このビットコインは利便性に優れているなどのメリットがたくさんあると評価されていますが、一体どんな危険があると言われているのでしょうか。

もし、よく知らないで足を踏み入れたなら大やけどをする可能性は大きいですね。なぜ危険なのかを単に表面だけを見るのではなく深く理由を知ることが危険回避の秘訣であると思います。

今回は広く浅くではなく、ひとつ、ふたつに絞ってお伝えしていきます。

仮想通貨ビットコインってどんな通貨?

世界中でビットコインが普及している理由について簡単に述べておきます。

ビットコインは国や地域限定ではなく世界共通通貨です。600種類以上もある仮想通貨の中で基軸通貨として世界中で使われています。

共通ですから、この通貨一つで世界中のどこでも円と同じように例えばショッピングや飲食などに使えます。世界共通通貨なのでどこの国へ行っても両替する手数料や手間もなく利用できます。この利便性が評価されているから今もどんどん広がり続けているのです。

海外送金時の送金手数料の安さや送金完了時間の速さにはには大きなメリット感じで利用している人が多くいます。手数料は数円で時間は数分程度で完了します。銀行を通さないので24時間365日、曜日に関係なく、たとえ国境を越えた個人間の送金であってもとても簡単に手軽のできます。。

銀行のような発行主体や中央管理機関が存在しません。これは国の経済事情によって通貨を増やしたりされないことを意味します。それにビットコインは発行量が2100万ビットコインと決められているのでインフレの懸念が低いと考えられます。自由に増やすことが出来なくて上限があるということは価値が守られるということにつながります。

こんなに利便性が高い仮想通貨ビットコインですが、やはりよく知らないと危険はどこにでもあります。

目に見ることのできなくて正体が理解しにくいお金であるため、俄かには信じられないと感じる人が多いのも当然かもしれません。でも物事には必ず、長所短所、表と裏があります。真実を知るにはいろいろな角度からの検討が大事ですね。

ビットコイン投資が危険?

マウントコックス騒動の真相

ビットコインは魅力あるものだという人と、ビットコインは危ないという人がいます。どういうことなのでしょうか。

よく調べてみるとビットコイン自体が「危ない」のではなく「マウントゴックス騒動」から出てきたイメージの言葉だったのです。「マウントコックス」それは日本最大のビットコイン取引所のことです。

その当時の報道は明らかに間違っています。ビットコインの投資を考えている人であれば真相を知っておいた方がいいと思いますので、その真相を説明することから始めます。

2014年。「ビットコイン代表逮捕」と報道されました。

この時「ビットコインはやっぱり怪しい」「ビットコインが危ない」と認識されてしまったのです。

「ビットコイン破綻」とも報じられたこの記事は「仮想通貨」や「ビットコイン」という言葉さえ知らなかった多くの人にマイナスイメージを与えるインパクトのある出来事となってしまいました。

今でも「だからビットコインは危ないのよ。」と思っている人もいます。私は正確ではない間違った事実から判断する方が危険だと思います。リスクがあるか否かを決めるのはそれからでも遅くはないと思います。とにかく、この報道は誤報でした。

真実はビットコインの「大手取引所が破綻」したのであって「ビットコイン破綻」ではないのです。全く意味が違ってきているのがお判りでしょう。残念ながらこのように報じられました。違いは明らかです。

このように、日本の仮想通貨ビットコインは、マイナスイメージ から出発しています。

表向きはハッカーの攻撃により顧客のビットコインが盗まれたとなっていましたが、後に判明した真実は内部の犯行で、元社長の横領だったそうです。

また、ビットコイン自体がハッキングされたのではなく、管理システムのセキュリティーの甘さが原因でコインが消滅してしまったのです。

いかに安全なシステムであっても落とし穴や使う人のミスによって危険が生じるという点では確かにリスクであると言えます。

カウンターパーティ・リスク

カウンターパーティ・リスクとは取引相手が債務不履行に陥ったり、デフォルトを起こすことで取引が完結しないリスクのことを指します。

正にこのゴックス事件が当てはまります。ハッカー攻撃であっても、責任者の横領であっても結局は顧客のもとへ預けたお金はかえってきませんでした。

あの事件以来同じような消失事件のことを業界の人たちはゴックスと名付けているそうです。これは取引所リスクと言えます。

取引所選びを間違わないで

ハッカー被害に遭って破綻している取引所も見られます。とりあえずは大手のビットコイン取引所が複数あるので選び方を間違えないようにしましょう。

開設の料金や利用料の有無。使えるデバイスなどの違いはありますが、簡単に作れるようです。

それにこのマウントコックス事件のようにハッキングを受けて盗まれてしまったと言いながらも、取引所の責任者が顧客の資産を盗むというケースもあります。

取引所が本当に信頼できるセキュリティレベルを保っているのか、健全な状態で運営されているかどうかを充分に吟味した上で、取引所選びをする必要があります。

取引所にビットコインを預けない

このゴックス事件の教訓として学ぶべきことは自分の大事な資産を第三者に預けっぱなしにしてはいけないということです。直ちに自分のウォレットに入れて保管することです。

取引所は誰が考えてもハッカーに狙われる率が高いですね。個人の僅かな財産より仮想通貨が集まってきている取引所を狙うでしょう。もちろんゴックス事件以来セキュリティーには力を入れていると考えられますが、やはり安全ではありません。

法整備進む。でも補償ではない

日本では、法整備が整っていなかったためビットコインを取り扱う取引所が安全な状態で運営されているとは言えませんでした。そのため、今回のような取引所に持ち逃げされるなどの悪質な事件が起きて利用者が泣き寝入りせざるを得なかったのです。

他にも何らかの理由で取引所が破綻した場合も、規制が完備されていないため預けていたビットコインが返還される保証もありませんでした。

しかし、今回のマウントゴックスの教訓も踏まえて規制が導入されることになりました。

仮想通貨の取引所が登録制になります。さらに顧客保護のため取引所では「顧客資産」と「自己資産」の「分別管理」を義務づけられています。従って、たとえ取引所が破綻しても利用者の資産は安全に守れることになります。

取引所に対する規制と顧客保護が進んでいることは確かですが、自分の資産を国が補償してくれるという意味ではありません。政府などの中央機関からの制約を受けないのはメリットとも言えますが、何が起こってもどこからの補償もありません。自由を手に入れる代わりにすべては自己責任ということです。

まとめ

今回は取引所関連の危険性に絞って探ってみましたが、ほかにも危険性はたくさん存在します。

例えば、ビットコインの価格変動が激しいことです。暴騰暴落がいつ起きるかわかりません。このボラティリティーが大きなビジネスチャンスと受け止める人もいますが、そこには大きなリクスが伴います。

ビットコインはスマホなどのビットコインウォレット(電子財布)に保管することが多いですが、これはデータです。それが消えてしまったとか大事なパスワードを忘れてしまったとかで資産を失ってしまうこともあります。

また、スマホをなくししたり、水に浸かったなどの失敗により一瞬にして財産を失うこともありますので必ずスマホをバックアップしておいてください。

他にも、日本では仮想通貨ビットコインのことを詳しく知らない人の方が多いです。ですからその人たちをターゲットにして騙して儲けようとする人もいます。

危険と思うから近づかないのも選択肢の一つですが、少しでも興味を持たれたのなら、先入観を持たずに、しっかりと調べて知識をつけることで間違いのない判断ができると思います。ただし、損失を出してもすべてが自己責任であるということを肝に銘じて慎重に進めてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する