⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2016年のビットコインの価格上昇は凄かったですね。3倍ほど上昇しました。

2017年もそうなるのでしょうか?2017年のビットコインの価格変動について見ていきましょう。

ビットコイン

仮想通貨とは?

まずは、日本円やドル、人民元などの法定通貨と仮想通貨の違いについて説名していきたいと思います。

仮想通貨の定義ですが、【法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと】とあります。

分かりにくいかもしれませんが、通貨ということからも【お金】です。日本円やドルと交換することも出来ます。

ビットコインの単位はBTCと表示されていますが、他の仮想通貨でも各々単位が存在します。しかし、仮想通貨というネーミング通り仮想ですので、目に見えて確認することは出来ません。

そういう意味では電子マネーが似ているかも知れませんね。ただ、電子マネーは送金したり受信したりは出来ませんし、法定通貨に紐付いていますので、suikaにチャージした日本円がsuikaの中で価格変動を起こしたりすることはありません。日本円をチャージしているだけのことです。

ただ、目で確認出来ない通貨ということに関しては共通していますね。

また、仮想通貨でも各々コンセプトが異なっており、ビットコインは世界中で日常的に【使える】ことを目指しているのに対して、企業が特定のサイト内でのみ使える仮想通貨を発行しているパターンもあります。

仮想通貨の市場自体が2兆円程度でまだまだ未熟なので、発展途上ではありますが、そんな中でも何百種類の仮想通貨が誕生しているということは、魅力的な部分があるからなんでしょう。

日本では仮想通貨はあまり知られていませんが、国によっては知名度が高い国もあります。

それは、国々の法定通貨の信用性、また決済可能店舗の件数による利便性の違い、国の方針、銀行のクオリティなどの違いによる差が現れているといっても良いと思います。

メリット

ビットコインなどの世界中で【使える】ことを目的に発行された仮想通貨は、海外送金の手数料が安いことで有名です。

銀行が発達している日本でさえ、海外送金すると数日間着金するまでに時間がかかります。

しかし、ビットコインは海外送金を銀行よりも格段に速く、しかも格段に安い送金手数料で送金することが可能なのです。

銀行だと平日しか受け付けてもらえず、しかも営業時間内に行かないといけませんが、ビットコインをはじめとする仮想通貨だと、24時間365日送金可能になっています。しかも、自分のウォレットから送金が可能になるので、1歩の歩かなくても良くなります。

また、送金中のセキュリティが最強なので、途中で消えてなくなることはありません。よく耳にするハッキングの問題などは取引所などのお金が集まる場所に自分の資産を置いておくことが問題でハッキング被害に巻き込まれたりする可能性があるという話です。

自分のウォレットで2重認証などでセキュリティに注意しておけばそれはかなり改善することが出来ますし、法定通貨と違って国に関与していないので、法定通貨を信用できない場合は資産の分散という目的で保有している人もいます。

この辺が仮想通貨のメリットと言えます。

デメリット

仮想通貨は各々発行上限枚数が決まっており、それ以上に発行されることはありません。

その枚数に対して、需要が膨れると価格は上昇しますし、逆に見向きもされなければ価格は下がるようになります。

何の仮想通貨の銘柄が良いのかなどは自分で調べる必要があり、発展途上の段階ではリスクもあると言えます。

特に、新しく公開された仮想通貨などは、その通貨としての機能がよく分からないまま取引されて、公開直後に物凄い高価格になっていたりしますので注意が必要です。

投機目的で保有しようと考えている人は、短期トレードでみるのではなく、長期的保有の視点で見ることが大事です。また、未公開仮想通貨を購入するときは、その通貨のコンセプトや誰が開発に携わっているのかという点で考慮してみると良いと思います。

今までの価格推移

2016年以前

2009年に当時1BTC0円からスタートしました。ビットコインには運営元が存在しないために認知度をなかなか上がらずに2010年に初めて実際の店舗でピザとの交換が行われました。ピザ2枚と100,00BTCとの取引が成立。

その後は、2011年頃から1BTC1,000円を超えてきました。

2013年には123,000円を超える時期もあり、完全にビットコインバブルの到来といったところでした。

その後、マウントゴックスの閉鎖があり、暴落して18,000円まで落ちましたが2014年から徐々に回復してきました。

主な価格変動要因(上昇)

過去の価格推移を見た場合、上昇のタイミングは大手メディアに取り上げられた時が多いですね。

元々、プロモーション広告などをしていないので完全に口コミやメディアに依存している状態です。今まで知らなかった人々がポジティブなニュースを目にして、個人投資家などが参入してくる流れで今まできています。

また、金融危機に直面した国の人々が自国の法定通貨を信用できずに、資産を分散する目的で仮想通貨に交換している事例もあります。日本人は日本円を信用出来る状況なので、この辺の心理は分かりませんが実際に自分の財布の中の万札が明日には紙切れになるのかもと考えたら不安でしょうね。

主な価格変動要因(下落)

下落のタイミングは仮想通貨のブロックチェーン技術における問題が発生した時と、横領など人が犯行に及んだ時に誤った報道で仮想通貨そのものが信用できないものと勘違いされた時に起こります。

まだまだ仮想通貨の情報が少ない中で、悪いニュースが流れると個人投資家などは不安に思い、売りに走るということですね。

いかに企業などではなく、個人投資家が多くて、しかもその人々の【期待・不安】が価格に反映されるのかということがよく分かるデータです。

2016年は中国の影響が大きい

2016年はビットコインの価格が45,000円から145,000円まで上昇し、後半の伸びには正直驚きました。

ビットコインの取引の80%は中国人の富裕層が占めていると言われています。そのため、中国政府のビットコイン規制の発表の度にビットコインの価格が下落し、しばらくするとまた回復し、、の繰り返しでした。

年末には、中国政府が【ビットコインは政府が排除できるものではなく、共存を考えていく】と声明をだしたほどでした。そういった声明の後には、またプラス材料として価格が上昇しました。

ビットコインは国に管理されているものではないけど、保有者がどこかの一国に集中しているとなると影響は大きく受けると言えます。既に、ビットコインと中国は切り離せない関係にあると言えます。

2017年にビットコインETF否決

ビットコインの上場投資信託(ETF)の認可について米国証券取引委員会(SEC)が否決しました。

ビットコインを有価証券化して証券取引所に上場すれば、金融商品となり、市場が飛躍的に拡大するという狙いがあった案件で、これが認められれば今までビットコインに対して慎重な姿勢を保ち投資してこなかった人々も参入ハードルが低くなるとして注目を浴びていた。

原資産=ビットコインの値動きが非常に荒いという理由で否決に至ったようだ。これが否決に終わったため、ビットコインの値段が150,000円からナイアガラの滝状態で120,000円ほどに一気に下落した。

ハードフォーク問題(分裂)

ビットコインをはじめとする仮想通貨が大きく儲けることが出来るのは【発展途上】だからです。プラスの要因もあれば、マイナスの要因もある。

2017年3月に起こっているこの問題に、スケーラビリティというものがあります。

ビットコインは処理速度に限界があり、送受信に時間がかかっています。ネットワークの混雑具合に左右されるのです。

世界中で【お金】として認められたビットコインがこれから更に世界に広まる中でこの問題は避けて通れないようになっています。

解決方法が現在2種類あり、その解決方法で論争が起こっています。

1.segwit

限定されたブロック内で、ビットコインの処理速度をあげるために、他の経路に情報を一旦流し、処理する方法。

2.hardfork

トランザクションを処理するブロックのサイズそのものを上げてしまうというもので、Bitcoin Unlimitedと呼ばれています。

どちらかを選択すれば解決する問題ですが、どちらかを選択すれば誰かが不利益を受けるというものなのでなかなか解決に至らない状態です。

しかし、解決に至らない論争を繰り広げてる間も個人投資家らは不安に感じ、売りに走ってしまったりするものなのです。結果的に年初に150,000円だったBTCは現在(3月27日)で108,000円で推移しています。

まとめ

2016年は順調に価格を上昇させ、認知度も上がり、個人投資家たちも注目していました。2017年に入り、ETF否決から順調に進んでいたビットコインの拡大路線にストップがかかりました。

処理速度の問題は私も痛感していますので、解決してほしいことではありますし、長期的な視点で見たら仮想通貨の市場はまだまだ拡大していきます。

よって、ビットコインがこのまま下落していくとは考えられませんし、今は【買い】のタイミングかなと思うほどです。

ただ、仮想通貨の市場が大きくなるにつれ、後発の仮想通貨も公開されていきます。ビットコインの認知度は凄いですが、認知度を上回るスペックを持った後発の仮想通貨が公開されたら、ビットコインのシェア率は下がると思います。

よって、仮想通貨の市場が拡大するという理由でビットコインの価格はまだ上昇すると思いますが、仮想通貨市場の中でのビットコインの位置づけは今のような独走体制ではなくなると思っています。

ビットコインしか知らない人も、他の仮想通貨も調べてみてはいかがでしょうか?

有力な仮想通貨に出会えるかもしれませんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する