⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「決済」手段としてのビットコインなどの仮想通貨に対して、「決済サービス」を売り物にするリップル(Ripple)の取引高は、2017年3月現在、ダッシュ(Dash)についで第4位です。

匿名性の高さと即時取引で人気の出てきたダッシュに抜かれたとはいえ、依然として高く評価されているリップルですが、そのチャートから何がみえるか、まとめてみました。

仮想通貨リップルの特徴

リップルのチャートをみる前に、リップルについて簡単に説明しておきたいと思います。

リップルは、ビットコインなどの仮想通貨とちがって、決済する手段ではありません。その点では、仮想通貨が1,000種類以上ある現在、全く別物の仮想通貨といっていいのかもしれません。

リップルは、リップル・ラボ社(ripple labs)が管理するネット上の決済サービスのシステムで、どんな通貨でも瞬時に、無料で送金できるシステムです。

円やドル、元、ユーロなどの法定通貨はもちろんのこと、ビットコインなどの仮想通貨も通貨の交換ができるのです。とても便利はシステムです。

たとえば、日本の企業がアメリカの企業へ、代金の支払いをするとしましょう。今までは、まず日本の円を日本の銀行でドルに両替して送金するのですが、送金や両替の手数料は馬鹿になりません。

そこで、ビットコインなどの仮想通貨を使って手数料を節約しようとした場合、まず日本で円をビットコインに両替して送金します。受け取ったアメリカの企業は、そのビットコインをドルに両替する必要があります。

二度手間になるわけですが、それがリップルのシステムを使った場合、一度ですむわけです。

円とビットコイン、そしてドルを一瞬のうちに結びつけて送金するからです。手数料もほとんど無料です。

このときに使われるコインのことをリップルコインといい、XRPと表示します。

XRPは、リップル内の基軸通貨で、取引所での取引をする際の手数料として消費されます。

また、通貨と通貨を結びつける働きをもっていることから、リップルコインのことを「ブリッジ通貨」とも呼びます。

リップル・ラボ社の方針

リップルの公式サイトでは、リップル・ラボ社は、次のようにリップルの特徴を述べてPRしています。

「Ripple は国際送金を変革すべく、世界中の銀行と協働しています。私達のビジョンは、今日情報が瞬時に移動できるのと同じように価値が移動することを可能にし、価値のインターネットを実現することです」。

そして、リップルの良さを以下のように整理しています。

アクセス   銀行間での直接決済

スピード   迅速な決済

確実性    リアルタムな資金の追跡可能性

コスト    決済の総費用が最小限

これでわかるように、リップルは個人の間での取引よりも、銀行間などの金融機関相互の取引を重視しています。

リップルのネットワークに入ることで、銀行は国際送金の処理コストを大幅に下げることができますので、銀行にとっても収益を上げられます。瞬時に送金ができることによって、企業などの顧客のニーズに応え、顧客を確保することに役立ちます。

その結果、リップルと提携している銀行は、世界の上位50以内の銀行のうち、9ヵ国15行を数えるまでになっています。

日本でも大手銀行はもちろんのこと、セブン銀行や新生銀行、楽天銀行などがリップルを導入していく可能性があるといわれています。

世界中の銀行に次々と採用されていくリップルのネットワークシステムだけに、リップルコインも直実に伸びていくのではないかと思われますが、投資の対象として考えると、管理するリップルラボ社が、個人よりも銀行などの金融機関にむけて積極的に働きかけているところが気になります。

リップルコインの価格の推移

一時は、10倍に急騰

リップルコインが発行されたのは2013年の始めです。当初の値段は、1XRP=約0.6円でした。

その年の12月には、1XRP=約6円にも上昇し、リリース後の10倍にまで値上がりました。

この値上がりの理由ですが、リップルコインそのものへの人気が出たというよりは、中国でのビットコインの爆買いの影響だといわれています。

この直後に、中国政府がビットコインの売買の禁止を行った関係で、軒並み仮想通貨の急落が始まります。リップルコインも2014年1月には1.7円程度まで一気に値下がりしました。

その後は少し持ち直すのですが、2014年6月には0.4円程度まで下がってしまいます。

しばらくリリース時と同じ0.6円の時期が続くのですが、リップルコインが再び上昇するのは2014年の11月以降です。12月末には3円を超えました。短期間で急騰したのです。リリース時の5倍です。

リリース時に10万円程度のリップルコインを購入したとすると、50万円になったわけで、40万円の利益を得た計算になります。

上昇した理由は、欧米の金融機関がリップルを採用したことや、ドイツの銀行がリップルのゲートウエイ(リップルの交換所)と提携して、リップルを使ったヨーロッパからアメリカへの送金が可能になったなどの影響だといわれています。

低迷するリップルコイン

その後は、次第に値をさげ、2016年の6月ころには、リリース時と同じ0.6円にまで下がっていきます。

2016年6月から2016年9月にかけて再び上昇し、約0.8円にまで上がりました。

これは一つには、リップルがニューヨークでビットライセンスを取得したことや、グーグルがリップルに出資したことが関係しています。

リップルへの信用が広がり、大手企業のリップルの採用がすすむなかで、価格が上昇してきたと言えます。

ただ、上昇したとはいえ、わずかですから、リップルの評価は必ずしも上がっていっていない状態が2017年2月まで続きます。

それまでせいぜい0.6円から1円未満で推移していた2016年6月以降ですが、2017年2月末から上昇しています。

2017年3月から上昇に転じたリップルコイン

3月1日に0.69円だったリップルコインがそれ以後急騰し、3月24日現在、1.06円になりました。久しぶりの大幅な値上がりといっていいでしょう。

仮想通貨の普及にともなって、金融とテクノロジーを結びつけるフィンテック(Fintech)が一段とすすんでいくなかで、リップルを決済サービスとして使用する金融機関や企業が広がってきたことが背景にあるようです。

日本の場合は、金融庁による仮想通貨への法規制が行われる過程で、仮想通貨全体への関心が高まってきたことも一因ではないでしょうか。

今後のリップルコインの動向

リップルコインのチャート(CoinGechoのチャート参照)をみると、2013年12月の6円まで上昇した時期を除いて、リリース時のせいぜい5倍程度の値上がりを一時的に経験しただけです。

アップダウンを繰り返す仮想通貨が多いなかで、比較的落ち着いた価格の推移をしているといえるのではないでしょうか。

ただ、価格の水準はリリース時とそれほど変わらないというレベル的には低いものです。

低いレベルの価格の推移となっている理由は、やはり一番大きいのが、個人レベルの投資の対象としてはあまり注目されていないからだと言えます。

リップル・ラボ社自身が、銀行へ向けてのセールスを積極的に行っていることでも分かるように、個人の投資家への働きかけには熱が入っていないようにみえます。

それだけに価格が大幅に上下しない、安定した相場になっています。価格があまりにも変動しやすいと、金融機関としても取り扱いが難しいことになりますからということでしょうか。

2017年3月に入って、少し急騰ぎみのところが出ていますが、リリース時の0.6円に対して、2倍弱です。

銀行や企業が、どんな通貨でも手数料ほぼ無料で、瞬時に送金できるリップルの利便性を評価して、リップルを採用するところが今後ますます増えていくでしょう。

そのときに、どれだけリップルコインの価格が上昇するのか、とても興味がありますが、これまでの動きを見ると、大幅に上昇するということは考えにくい気がします。

もともと長期にわたって、リリース時の0.6円を底値としてわずかに上昇したり、横ばいになったりしていたリップルコインですので、0.6円を割ることはないと考えていいかと思います。

銀行がリップルを採用したというような情報がはいるたびに多少値が上がるが、またもとへ戻るような展開が続くようです。

そうした情報が入る前に、多少ともリップルコインを持っておくこともありかな、ですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する