⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「ビットコイン」は始まりの原点ともいわれた、仮想通貨界で圧倒的人気を誇る仮想通貨です。だから仮想通貨界ではその名を知らないというものはまずいないでしょう。

しかし仮想通貨界で「ビットコイン」が人気になる一方で、日本ではまだ「危ない」「詐欺だ」などの声が多く聞こえます。一体なぜでしょうか。

私はそれを『未知なものへ接触しようとする不安感からくるもの』だと推測しました。「ビットコイン」が詐欺ではないことは、世界や日本の政治的動きからなんとなく察しがつきます。

でもわかっていても不安になることというのはありますよね。日本でいえば流行なんかがその一例です。

流行に乗じてそれを購入してみても、また新しい不安が頭をよぎってきます。(「違うものだったらどうしよう」「笑われたらどうしよう」など…)解決してもそうするごとに新しい不安が自身に追加されていくのです。

そしてその事例を「ビットコイン」や「他の仮想通貨」におきかえてみると、購入した後にも不安がとどめなく流れてくることは容易に想像できてしまいます。

ではその「不安とはなんなのか」について、多くの人はこのようなキーワードを共通して挙げるでしょう。

「今後どうなっていくのか」「今後消滅しないのか」「今後…」……そう、「今後」というキーワードです。中でも「今後消滅しないのか」に関しては多くの人が疑問を持っている可能性があります。

ビットコインが誕生して早数年。価値もかなり上昇し『もういくところまでいったのではないか』と私達からしても気になるところではありますよね。

ということで今回は『今後ビットコインが消滅する可能性はあるのか』について予測していきたいと思います。

ビットコインは今後消滅の一途をたどるのか…!?

ビットコインの消滅パターンは…

今回挙げる「信頼性ダウンで価値を失う」「他の仮想通貨の普及」「世界中で規制される」「ビットコイン自体必要ない思想」という4つの例は考えられるパターンのほんの一部です。

他にも「使用者同士の亀裂」や「価格操作される」など考えだしたらきりがありません。

信頼性ダウンで価値を失うパターン

「ビットコイン」そのものの信頼性がダウンする可能性は多分限りなく低いです。

理由として、ビットコインは『国家や銀行に依存していない』というメリットを持っています。が、裏を返せばそれは国家や銀行が価値を証明していないということ。

では国家や銀行が証明していないモノの価値をなにが証明しているのか。それは「ブロックチェーン技術」「P2P分散化技術」「ブルーフオブワークシステム」などの安全性です。

つまり安全性が信頼性に繋がり、信頼性が価値に繋がるということになります。

そしてこれらの技術のおかげなのか、ビットコインのシステム自体は今までに1度も改ざんされたことがありません。

取引所から起こった事件による影響は…

これは、おそらくあるでしょう。私は先ほど『ビットコインのシステム自体は今までに1度も改ざんされたことがない』と書きました。

でも、取引所をハッキングし、ビットコインが盗まれるという事件は多々あります。

その事件の例として、「ビットコイン消失事件」(またの名を「マウントゴックス事件」)が有名です。

<ビットコイン消失事件とは>

2014年2月にマウントゴックスから「ビットコイン」が大量に消失したという事件のことを指しています。

消失したコインは顧客分の75万ビットコインと自社が保有していた10万ビットコイン。今こそ値段は変わりますが、その当時としておよそ114億円の金額が消失したことになります。

マウントゴックスはもともと、2009年に設立されたトレーディングカードの交換所として有名な会社でした。そしてその1年後、ビットコイン事業に転換してから、見事に成功をおさめています。

しかしその「ビットコイン消失事件」をきっかけに一時成功した会社は破たん。会社の元社長であるマルク・カプレスは当時「サイバー攻撃にやられた」と証言していました。が、2015年8月、業務上横領の罪によりカプレス容疑者が逮捕。

あたかもなくなったようにみせかけ、預けられたビットコインを自分のために流用していたということです。なんともお騒がせな話ですよね。

しかもこれによってビットコインの価値まで下がってしまったわけですから「ビットコイン消失事件」は人々にかなりのしこりを残したことになります。

他の仮想通貨の普及パターン

これはもしかしたらある可能性かもしれません。人生同様、仮想通貨もなにがあるかわからないですから。

今こそまだ誕生してないもののビットコインのデメリットをすべて改善し、安全性もぴかいちなんて仮想通貨が誕生する可能性だってあります。

ただはっきりとこの場でいえることといえば、それはまだ先の未来の話だということです。

可能性のある仮想通貨

可能性のある、といってもほんの数パーセント程度でしかありません。

あくまで先ほどの『なにがあるかわからない』という言葉を考慮しただけですが、今存在する仮想通貨で1番期待されているのは2位の「イーサリアム(Ethereum)」でしょう。

しかし来年には注目度NO1といわれる仮想通貨「ノアコイン(NOAHCOIN)」が一般公開されるので来年はどうなるかわかりませんね。

世界中で規制されるパターン

これは個人的にほとんど0だと思いますね。今日本を含めた世界中では『仮想通貨をどう禁止するか』より『仮想通貨とどう付き合っていくか』が重要視されています。

つまり、規制は規制でも否定的な『消滅を目論んだ規制』ではなく、肯定的な『普及のための法律』を制定しようとしているということです。

因みに日本は『ビットコインを貨幣として認める』ことを閣議決定したり『仮想通貨法の施行』を予定したりしています。

ビットコインを規制する事情

もしかしたらこれを読んでる方で規制の必要性を考えた方もいるかもしれません。ですので、数か国の規制事情について少しお話します。

<台湾の事情>

台湾はもともと「ビットコイン」に対して前向きな考えを持ち、様々な活動によって日々「ビットコイン」の普及を進めていました。

しかし、ここで事件は起こってしまいます。それがギャングによる誘拐事件です。

犯人であるギャングは身代金として3万ビットコインを被害者に要求。その後4,800ビットコインで被害者は解放され犯人も捕まったわけですが、ここでとある事実が証明されてしまいました。

そう、それは『ビットコインは裏社会でもかなり重宝されていた』ということです。

実際にこの事件から規制されたのかといわれればさだかではありませんが、確実に影響はしているでしょう。

ビットコイン自体必要ない思想パターン

このパターンは既に事実です。金融機関は今「ビットコイン」よりビットコインの安全性を高める技術「ブロックチェーン技術」を取り入れようとしています。

つまり今の金融システムは「ブロックチェーン技術」のみで作業が効率よく進められるようになっているということです。

そのため日銀でもビットコインに対してこのような見解を発表しました。(意見は要約しています)

日銀の発表まとめ

・仮想通貨を利用する目的はまだまだ限定されていて、金融システムにもあまり影響がない。でも今後は先を見据えて対策していくことが必要だと思っている。

・ビットコインの技術である「ブロックチェーン技術」は広い使用用途があり、これだけでも充分に影響を及ぼす可能性がある。したがって「ビットコイン」とは別々に考えることとする。

注目すべきは2つ目の『「ブロックチェーン技術」は広い使用用途があり、これだけでも充分に影響を及ぼす可能性がある』というところですよね。やはりこの技術は金融システムにとってかなり重要なものだと考えられます。

まとめ

以上これらのことをふまえて推測すると、今後「ビットコイン」が消滅する可能性は限りなく低いと思います。

まぁ、確かに今後も価値が上昇するなどと騒がれているので当たり前といわれてしまえば当たり前なのですが…。

でも安心することは許されませんね。今後「ビットコイン」とどう向き合っていくかは自分次第だと私は思います。危険だと思ったならば自らの意思に従い考え直すことも必要です。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する