仮想通貨ビットコインは日本でも少しづつ認知度を上げてきていますが、海外では想像もつかない程普及しています。そして、投資もさることながら、日常的に便利な通貨として使用されています。

日本であまり知られていないのは、ビットコインを使う必要性をあまり感じられていないことだと思います。それに実際に使える店舗も少ないですからなおさらです。ビットコイン決済の店舗や企業が参入してきたときには一気にひろがるかもしれません。

海外では通貨自体に利便性や安全性など魅力のあるものと評価されているビットコインですが、日本での現状は投資材料として見られていることが多いです。投資としてはどうなのでしょうか。

投資として見た場合は一番に考えなければならないのはリスクです。リスクを十分に知ることが一番大事ですね。今回は投資をする上でのリスクについての話題で進めていきたいと思います。

ビットコインとはどんな通貨

簡単にビットコインの特徴などを述べておきます。

仮想通貨ビットコインは世界共通通貨ですが、その中でもビットコインは仮想通貨の基軸通貨となって、今や世界中の人が日常的に使っている通貨です。

中央管理機関、日本であれば政府のように通貨の発行主体や発行責任者がいないので、国の事情により貨幣を自由に増やすことができません。従って貨幣価値を操作されることがないという点では安心できます。

驚くほど送金の手数料が安いです。海外送金でも数円です。送金完了時間も数分で済みます。それに銀行を通さないので24時間365日、曜日に関係なくいつでもできます。国境を越えた個人間の送金でもとても簡単です。

ブロックチェーンの技術によってすべての取引履歴の記録が公開されているにも関わらず特定できない仕組みになっているので、改ざんや不正ができないようにもなってます。つまり透明性と匿名性を両方合わせもっているところが優れていると評価されるところです。

ビットコインは発行量が2100万ビットコインと決められています。もし無限に発行され、量が増やされたとすれば通貨の価値はさがりインフレになることは予想できますね。上限があるということは価値が守られるということなのです。

ビットコインは世界共通貨ですので、どこの国へ行っても両替する手数料や手間もなくスマホをかざすだけで支払いが済みます。この利便性が評価されて世界中に普及しています。

こんなに利便性の高いビットコインなので、海外ではコンビニやたくさんの店舗で使われ日常に溶け込んでいるようです。

ビットコインの投資リスク

通貨としての要素とは全く違って投資としても魅力を感じる人が増えてきています。もし確実にうまくいけば利益も大きいですが、必ず成功するとは限りません。リスクを周知することが勝利する上で大事になってきます。ここでは何点かに絞って述べていきます。

価格変動リスク

ビットコインは投資対象として見た場合、他の金融商品(株など)と比べて価格の変動リスクが高いです。そもそも取引数が少ないので当然価格の安定性は低く、値動きが大きくなります。

トレーダーにとってはこのビットコインのボラティリティの高さを魅力として受け止めて参加する人も多いですが、売買のタイミングを間違えると当然大きな損失につながる可能性が高くなるのがリスクですね。

流動性リスク

仮想通貨は他の金融商品に比べて参加者の数が少なくトレードをする場合、買いたい時に買えない、売りたいときに売れないなどの状況が多発するときがあります。急な値動きがあった場合にはとても不利になります。

一般に市場規模が大きく、日々の売買量が大きいほど流動性も高いです。ビットコインは逆で市場規模が小さいですので、若し投資家の投げ売りが殺到するなど売買が一方方向に極端に偏るとどれほど安定していても一瞬にして枯渇し市場が麻痺してしまい大暴落となることがあります。

マウントコックスの事件の時もそうでした。(事件のことは後で記述しています)

取引所のリスク

ビットコイン自体ではなく、ビットコインをやり取りする取引所がハッキングによって、ビットコインを抜き取られるケースや、取引所が破綻してビットコインを引き出せなくなるというケースがあります。

投機の場合、取引所を介して売り買いするのが一般的です。この時一時的に取引所に口座を預けておく必要があります。そのビットコインが狙われるということもあります。

2014年の2月にマウントゴックス社が破綻したというニュースが報道されました。この時「ビットコイン破綻」と受け止める人が多く、日本での評価は地に落ちました。「怪しい通貨」との烙印を押されてしまいました。

この騒動の原因となっているものが、ビットコイン自体のシステムに問題があったわけではなく、マウントゴックス社という一取引所の問題であったのです。

ビットコインを扱う取引所のシステムおいて、不備があってビットコインが消失したということなのです。従って、「ビットコインは通貨として信用ならないもの」「ビットコインがハッキングなどで盗まれる危険なもの」という受け止め方は間違っているのです。

それに、この事件の真相は取引所のCEOのマルク・カルプレスが横領したことが理由でした。このことから「ビットコインが危ないもの」との論調は払拭されました。

ただ、このマウントゴックスの騒動より言えることとしては現状は法規制もなく比較的簡単に会社を設立することができることから、ビットコイン取引所は必ずしも信用性が高いとは言えないということです。

確実に取り締まる法律がまだ確立していないので、ビットコインの取引所に関しては特に規制はなく、あやしい取引所も存在しているのが現状ですから、その点は注意が必要です。

ビットコイン取引所が万が一破たんした場合は、銀行等とは違い、守ってくれる法律は存在ないので取引所にすべてを預けてしまうのもリスクを伴うことになります。

取引所の破産やハッキングのリスクを考慮してビットコインは個人のウォレット内で管理・保管するようにしましょう。

国における法整備リスク

普及している世界各国でさえの法規制は追いついていない現状です。日本はそれ以上に法整備が遅れています。

現在日本でも、ビットコインおよび仮想通貨に対して法整備を進めている最中です。

2016年の3月4日に、「仮想通貨を財産的価値と定義する」旨の法案が決定されたというニュースが報じられました。

「ビットコイン」などインターネット上の仮想通貨が、法規制で事実上のカネと定義される見通しとなったという内容です。従って今まで単なるモノとみなされ、規制も監督官庁もないことから信頼が低かった仮想通貨ですが、健全な利用拡大に向けて動き出すこと になったということです。

また、現状示されたのは、「金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引所は登録制とし、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせる」といった内容です

具体的には、仮想通貨を扱う取引所に関しては国が必要だと判断した場合には、業務の運営や財産状況に応じて業務改善命令を出すことができるようになるという意味です。

この内容から推測できることとしては、政府は仮想通貨を容認してそのための法整備も進めていくということです。これは法に守られると同時に法に規制されるという意味も含まれてくるのではないかと思います。

ビットコインは、法の規制を受けないことがメリットのひとつです。しかし将来取引量が多くなれば、国からストップがかかるリスクがあります。中国では金融機関によるビットコインの取引が禁止されたりもしています。将来、世界的に規制が強まれば、取引ができなくなる可能性も出てくるのです。

ビットコインを推進するために、ビットコインに関して流通しやすいように法律を制定しようと動いている国もあれば、ビットコインの取引自体を禁止しようとする国もあります。(2016年では、ロシアと中国がビットコインを規制する動きを見せていました。)

今後の各国の法整備の進み方によってはビットコインの普及がさらに進む可能性もありますが、逆に規制が強まって普及できない可能性というのも存在します。

責任者不在リスク

ビットコインの特徴は国家による中央集権的な管理機関がなく、ビットコイン保有者が全体で監視する分散型の制度ということですので、取引所が破綻してもビットコインの価値が何らかの理由で下落してもどこからの保証もありません。

またはコンピュータ・ネットワークのトラブルが生じて、すべてが消えてなくなってしまう危険性もはらんでいますがその時、誰かに責任を問うこともできません。

システム上の問題では今後ビットコインの取引量が増大すると、システムが処理しきれなくなる可能性があります。これはビットコインが普及するためには、確実に解決しなければならない問題となります。

しかし、ビットコインは、何か問題があった場合に問題を解決するための施策を行う責任者がいません。だから意思決定をする際に明確な中心者がいないため意見がまとまらなず統制が取れないという問題を抱えています。

まとめ

世界的にも利便性や安定性に優れていると評価され、注目を浴びている仮想通貨ビットコインですが、上げてみればたくさんのリスクがあります。仮想通貨やビットコインはまだまだ歴史が浅い分野ですのでなおさらですね。

しかし、送金手数料が安いことや国家が信用できない場合のリスクヘッジ手段としてなどの優れた面もたくさんあり、実際に必要性を認められて普及している通貨ですので、これから改善の方向に向かっていくのではないかと思われます。

現状、ビットコインは他の金融商品と比較して最高の投資環境であると判断しそこに魅力を感じて多くの人がトレードに参加しています。今後も増える可能性があります。

何事にもリスクはつきものですのでしっかり認識することが大事ですね。よく調べてデータや情報を精査し、自分なりに理解した上で納得してから初めてはいかがですか。もちろん傍観者でもいいかと思いますが、少額からでも参入すれば興味度が全然変わってきます。毎日チャートを見るようになるでしょう。でも「リスクは全て自己責任」であることを肝に銘じておいて下さい。