⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆さんは全世界でビットコインを実際に保有して使っている人口がどれくらいいるかご存知でしょうか。日本では名前しか知らないという人がとても多いですね。

なんと!海外での利用者は数百万人だそうです。日本はたったの30万人です。日本は少ないですが世界中でビットコイン人口が増えていることは間違いありません。

日本では使える店舗も少なく、ビットコインを持つ必要性も感じられないのが現状でしょうね。でも使える店舗が増えれば利用者も増え、また、利用者が増えれば店舗も増えるといる循環になれば、一気にビットコイン人口も増えるでしょうね。そんな時コンビニがビットコインに対応していれば、利用率は一番高いでしょうね。

今回はそのような周りの期待が大きいコンビニでのビットコイン対応について、ビットコインはコンビニで購入が可能なのかについて話を進めていきます。

ビットコインはどんな通貨

仮想通貨は世界共通通貨ですが、その中でもビットコインは仮想通貨の基軸通貨となって、今や世界中の人が日常的に使っている通貨です。

中央管理機関、日本であれば政府のように通貨の発行主体や発行責任者がいないので、国の事情により貨幣を自由に増やすことができません。従って貨幣価値を操作されることがないという点んでは安心できます。

驚くほど送金の手数料が安いです。海外送金でも数円です。送金完了時間も数分で済みます。それに銀行を通さないので24時間365日、曜日に関係なくいつでもできます。国境を越えた個人間の送金でもとても簡単です。

ブロックチェーンの技術によってすべての取引履歴の記録が公開されているにも関わらず特定できない仕組みになっているので、改ざんや不正ができないようにもなってます。つまり透明性と匿名性を両方合わせもっているところが優れていると評価されるところです。

ビットコインは発行量が2100万ビットコインと決められています。もし無限に発行され、量が増やされたとすれば通貨の価値はさがりインフレになることは予想できますね。上限があるということは価値が守られるということなのです。

ビットコインは世界共通貨ですので、どこの国へ行っても両替する手数料や手間もなくスマホをかざすだけで支払いが済みます。この利便性が評価されて世界中に普及しています。

こんなに利便性のあるビットコインなので、コンビニ決済などの環境が整い次第では日本でも振り向かれていくのではないでしょうか。

ビットコインはコンビニで購入可能?

これまでの購入方法

2016年5月頃はまだコンビニでビットコインを購入することはできませんでした。このころインターネットと銀行口座を使って購入手続きをしていました。それ以外にはビットコインのATMしかありませんでした。そのATMも東京に1台あるだけでした。

ですから、現在もまだ一般には国内取引所でビットコインを購入する場合は銀行口座から日本円を取引所に入金しておいて、それをビットコインに換金する方法がほとんどです。

コインチェックがコンビニ決済を導入

2016年9月コインチェックが日本円入金機能にコンビニ決済とペイジー決済(パソコン:携帯電話、ATMからの支払いができるサービスのこと)を導入たことにより可能となりました。ただし、コンビニでビットコインが売っているわけではありません。

「コンビニでビットコイン購入可能」と聞けばだれもが直接売っていると勘違いしますよね。それは違います。つまり、コンビニから取引所へ日本円を入金できるというサービスです。そこからその預けた日本円でビットコインを購入するという流れになります。

コインチェックは「日本で一番簡単にビットコインを買える取引所」というキャッチコピーの通り、1日5万円までの入出金であれば、運転免許証などの本人確認書類を提出しなくても、電話番号の登録(SMS認証)だけで利用できます。とても簡単で手間が省けますね。

ローソン、ミニストップ、セイコーマート、及びファミリーマートに対応しています。

深夜や週末などでも24時間入金できて、しかもすぐに口座に反映されます。ビットコインのレートは値動きが大きいので365日24時間取引が可能であることは投資を目的にしている人たちにとっては大変心強いサービスであると思います。

コンビニ決済は銀行口座を持っていない、又は使いたくない人に最適です。

入金までの手続き

先ず自宅などでスマホを使ってで手続きを行います。

本人確認(あらかじめしておく)の後、まずビットコイン取引所のアカウント内に入り「入出金」、「クイック入金」「コンビニから入金する」などの必要な情報を入力します。

アカウント作成に必要なのは基本的にメールアドレスのみです。Facebookアカウントと連携している取引所ではFacebookアカウントからの登録も可能で、その方法であれば1分でアカウントを作成することも可能です。

続いてコンビニのロゴが書かれている画面でコンビニを選択すると、「お客様番号/オンライン決済番号」が出てきますので、メモを取るか写メをとるなどで控えましょう。これで申請完了です。

ここからはこれを持ってコンビニに行って支払います。(控えた番号が支払いの時に必要になります)

ちなみに手数料が必要です。入金したい金額+手数料を支払う事になります

あとはビットコイン取引所で金額が反映されるのを待つのみです。時間がかかる時もあり、ビットトコインの価格の変動のスピードに追い付かないこともあります。購入したいときに、この手続きをするのではなく、時間に余裕をもってあらかじめ入金しておいた方が得策でしょう。

今はまだ限られたところだけですが、これからはどこの取引所でもコンビニで手軽に購入できるサービスが始まってくると思われます。

コンビニで入金するメリット

ビットコインをコンビニで購入する方法ですがビットコイン取引所への入金をコンビニで支払う事によって購入が可能になります。その後取引所からビットコインを購入します。

日本円を入金する際などは一定以上の金額では本人確認が必要となります。これは本人確認書類を提出することで犯罪防止対策とするためのものです。

銀行口座を持っていなくても入金が可能です。安全面で銀行登録をしたくないという人には最適です。クイック入金扱いなのですぐに入金したい場合は反映が早いです。

チケット購入などの店舗専用端末か店頭での支払いなので慣れている人が多いと思います。また、現金での支払いが可能であるなど、比較的簡単で気軽にできるところが喜ばれる点です。

コンビニで入金するデメリット

手数料がちょっと高いかなという点と、もう一つは主にパソコンをもっていなくてペイジー決済ができない人と比較すると、コンビニまで行くという手間と時間がかかってしまう点がデメリットでしょうか。

海外ではコンビニが大活躍

台湾のコンビニでビットコイン対応店林立

日本の近隣国の台湾ではファミリーマートやセブンイレブンなどたくさんのコンビ二でビットコインを導入されています。今では1万店舗で可能になっています。対応店舗や業者も爆発的に増えています。

またファミリマートはファミポートを使ってビットコインを購入できるようになっているそうです。ファミリーマートは日本企業なのでもしかしたら、まだ需要の少ない日本ではなく台湾で試験的にされているのではないかという見方もあります。

そうだとすれば、本当に近い将来、日本のファミリーマートでもビットコインの購入が可能になるかもしれませんね。

ファミリーマートやセブンイレブンの他にも多くのコンビニ企業がビットコインの購入を可能にしています。

台湾のMaicoinという企業や他にBitEXがコンビニでビットコインが購入できるシステムを公開しています。Maicoinは1万店舗に広がっているそうですが、たくさんのコンビニが競合することが更なる認知度を上げているようです。

普及の背景にあるもの

台湾で出稼ぎ労働に従事するフィリピン人は約78000人ともいわれています。Micoinの創設者でありCEOのAlex Liuは、「出稼ぎ労働者にとって、ビットコインは送金に使うメリットが大きい。」と語っています。

同社はフィリピンの取引所Coins.phと提携を結んで、フィリピン人にとってもこのサービスは格安な手数料だけでなく少額送金が可能な点でも大きなメリットがあるとして更にこの事業に力を入れています。

まとめ

要するに今までと大きな違いは銀行口座を経由して購入するのかコンビ二で入金して購入するかの違いですね。とはいえ、24時間いつでも入金が可能であったり実際の手間や手軽さの差は大きいかもしれませんね。

しかし、海外ではすでにコンビ二設置してあるATMでビットコインが購入できますので、文字通り「ビットコインはコンビニで購入できる」ということですね。

全世界では台湾以外でも色々な産業でビットコインが普及しています。コンビニ業界ではメキシコセブンイレブンでは全店、インドネシアのセブンイレブン1万店などです。

アメリカでは全米にビットコインATMが設置するというニュースがすでに2016年5月に報道されています。

海外では銀行口座やクレジットカードを持ちたくても持てない人がスマホ一つで送金などの金融取引ができています。日本はその点で恵まれすぎてユーザーメリットが感じれれないのでしょう。一種の幸せボケかもしれませんね。

今後もっと普及すればファミリーマートやセブンイレブンの各店舗にATMが設置され、スマホなどをかざすだけでビットコインが購入できるようになる可能性はあるかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する