⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは?

ビットコインは怪しいのか?

2014年に、日本のメディアで華々しくデビューを飾りましたが、その内容はビットコインの取引所であるマウントゴックスの破綻という最悪のニュースでした。

当時のマウントゴックスと言えば、日本に本社があるのにも関わらず世界最大のビットコイン取引所でした。

そのマウントゴックスの社長が横領をしたという事で、逮捕され、取引所は破綻したのですが、その報道がまるでビットコインに問題があったかのような報道のされ方でした。

そのことがきっかけで日本では未だに、「ビットコインは怪しい」というような印象を持っている人が多い。

実際には、ビットコインの取引は「全て透明性が高く、盗むことは困難」であり、セキュリティが高いものです。送金中に限って言えば、最強のレベルのセキュリティであり、銀行送金などよりも信用できるものなのである。

しかし、ビットコインの良いところを証明しようとすると、技術的なワードを使わざるを得なくなり、かえって印象を悪くなってしまうことがある。

ビットコインとお金の違い

ビットコインと電子マネーはよく似ていますが、現金、紙幣には発行責任部隊の中央銀行などが存在します。

しかし、ビットコインには管理者や運営元が存在しないのです。

特定の誰かに管理されるわけではなく、複数のIT技術をもったプログラマーが管理し、価値を保証している状態になっています。

また、法定通貨は中央銀行が印刷する限り、無尽蔵に増やすことが出来るのですがビットコインは最初から発行上限枚数が決められているので2,100万枚以上は増やせません。

よって、ビットコインは需要がどの程度あるかで価値が決まり、価格に反映するシステムになっています。

マイニング

ビットコインの発行上限枚数が決められている話はしましたが、ビットコインは毎日少しずつマイニングされることによって新規に発行されています。

マイニングとは日本語では【採掘】と訳されます。

ビットコインを採掘するという事はどういうことかというと、これは完全な比喩表現なので実際に採掘するわけではありません。

【ビットコインを入手する行為】をマイニングと呼ぶ、と理解していただければ大丈夫です。

しかし、仮想通貨では誰かが取引をチェックしないと管理者がいないので困りますよね。

この皆の取引作業をチェックする作業を承認作業と言いますが、この承認作業こそをマイニングと言います。

では、なぜ承認作業をするとビットコインがもらえるのか?という事になりますよね。そもそも承認作業をするのには難解な計算式を解かなければいけないようになっているのです。

この問題を解くことによって承認することが出来て、ビットコインを報酬として入手出来るようになるのです。

仮に、難解な計算式を解いてやっとの思いで承認作業をしても、なんの報酬も無ければ誰も承認作業を行わなくなってしまいます。

それではビットコインのシステムが成り立たなくなるので、報酬として入手出来るようになっているのです。

ビットコインを保有するメリット

分散投資という目的

ビットコインは世界中で使われるように、という目標があって開発されていますが、ビットコインの取引は実際、中国人が8割以上を占めているとも言われています。

それは中国の国民が自国の通貨に対して不安を抱いている事の現れといえます。

また、中国以外でも、オランダ・カナダ・イギリスなど仮想通貨の発行を目指している国は複数あります。

日本円やアメリカドルなどのように法定通貨が、数日後には価値がなくなり、紙切れ同然になるなどの心配を抱える心配をしなくてもよい場合、仮想通貨に対しては興味・関心を示さなくなるでしょう。

しかし、中国国民のように自国の法定通貨に不安を抱えているのなら自分の資産を分散する目的でビットコインを保有することも増えていくでしょう。実際に、ギリシャのデフォルトのように国民が散々な目にあうのを身近に知っている人なら尚更、仮想通貨への関心が高まるでしょう。

平和な日本人の方々へのアンケートでは、約30%の人が【よく分からない】と答えており、【積極的に使いたい】と答えた人は約10%しかいなかったというデータがとれたそうです。

海外送金のメリット

ビットコインの特徴として、海外送金に便利だという事があります。

基本的に海外送金というのは非常に高い手数料をとられます。

しかも、日本からフィリピンに送金した場合、どこにそんな手数料を落としたのかも分からず支払っている状態も多々あると思います。

具体的に手数料はどこに落ちるのかを確認してみましょう。

①日本の銀行→日本の他銀行

三井住友銀行から東京三菱UFJ銀行に送金する場合は、送金手数料は三井住友銀行の利益となります。

②日本の銀行→海外の銀行

海外送金にかかる手数料は送金元の日本の銀行にも受け取る側の海外の銀行にも手数料を支払う事が分かりました。

③ビットコイン→ビットコイン

ビットコインも送金する際に、わずかな手数料をとられます。

銀行の場合は、手数料は銀行の利益になりますが、ビットコインの場合はどうでしょう?

それは、新規ブロックに埋め込まれるそうです。そうすることで、うまく循環するシステムになっているようです。

具体的な手数料の金額

10万円を送金した場合の手数料を比較してみましょう。

日本の銀行→日本の銀行

ATMを利用して送金した場合、420円かかります。日本の銀行は海外でも非常にサービスのレベルが高く、品質も高いと評判です。

日本の銀行→海外の銀行

日本から海外の銀行に送金する場合は、日本の銀行への手数料と海外の銀行への手数料と2つ支払わなければいけません。

日本の銀行に支払う送金手数料は5,500円になっています。

海外の銀行に支払う手数料は1,000~3,000円ほどかかるようです。

高いですね。下手したら10,000円近くになってしまいますよね。

ビットコイン→ビットコイン

ビットコインウォレット→ビットコインウォレット

この場合は数円~数十円程度しかかからないです。

海外送金する事があるなら誰でもこの方法を選択すると思いますし、この送金中のセキュリティは最強ですので安心です。

さらにメリットを付け加えるとすれば、ビットコインの送金なら365日24時間可能であるということだ。

個人間でも、わざわざ銀行に行かなくても済むし、送金にかかる時間も銀行送金よりかは早くできるので助かりますよね。

まとめ

ビットコインが怪しいかどうかと言えば、その決済システムは全く怪しくないと言える。

ただ、投機目的で保有した場合は、短期で見たときに儲かるのか?と言われるとそれは分からない、としか言えない。

今までのビットコインの値動きも非常に激しいもので、1週間で数万円分上昇したり、逆に数時間で数万円分下落したこともあった。

かなり値動きは激しいので、長期的な視点で保有していたほうがリスクは少ないのではないかな、と個人的には思います。

また、中国の富裕層がビットコインの保有、取引を行っていることから中国政府のビットコインへの規制などもビットコインの価格に影響を及ぼしてきた。

国や中央機関に管理されないといっても、正直中国政府の方針などには影響を受けているのが事実です。

投機目的で保有するのなら、そのあたりの外部環境要因もしっかりと調べておいたほうが良いと思います。

長期的な視点では仮想通貨市場というのはどんどん拡大していくと思うので、保有しておくと儲かる確率は高いと期待しています。

投資する方々は、しっかりとご自分で調べてもらって自己責任で挑んでみてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する