⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインとは何か?

仮想通貨

ビットコインは何かを言うと、【仮想通貨】です。

通貨として公式に認められている国もあれば、そうでない国もありますが、それは法律上正式に認められているかどうかの問題だけで、円やドルと交換が出来るという点では世界共通で、通貨という認識で間違いないと思います。

仮想通貨には取引所がネット上で存在します。そこでのビットコインの単位はBTCと表記されています。

基本的にどの仮想通貨もアルファベット3文字で表記されており、最初はどれがどの通貨なのか分からなくなるかもしれません。そんな仮想通貨の種類は600種類以上存在していると言われており、その数は年々増加しています。

また、それに伴い仮想通貨を利用した詐欺事件も多いようで、法律が整備されていない状態ですから、何が本物で何が詐欺なのかも自分で判断しないといけないのがつらいところですね。

ビットコインの特徴

ビットコインは世界中で日常的に使用されることを目的として開発された仮想通貨です。

実際にコインとして存在するのではなく、スマホやPCの中にウォレットを作って、そこで管理するという流れになります。

送金している途中のセキュリティは最強と言われている仮想通貨ですが、ウォレットの保管時などのセキュリティは最強ではなく、また取引所などのお金がよく滞留する所に保管しているとハッキングされた場合になくなってしまうというリスクも抱えています。

そして、その辺のことは自己責任の範疇になるので、2重認証などのセキュリティ強化に努めなければいけませんし、取引所に保管するのではなく自分のウォレットで管理することがセキュリティ上重要です。

ブロックチェーン

ビットコインの事を調べていると、決まって出てくるのがブロックチェーンと言われるワードです。

ブロックチェーンとはビットコインの送金履歴データです。そして、その取引履歴はビットコインネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存される仕組みになっています。

ブロックチェーンは、取引記録を1つのブロックにまとめて、それをチェーンのように保存しています。

チェーン上に繋げることによって、データを変更、改ざんすることが不可能となります。

マイニング

ビットコインは、一定期間ごとに、全ての取引記録を台帳に追記するのですが、全ての取引データとの整合性を取りながら正確に記録することが求められています。

その整合性をとる作業はコンピュータによる計算で可能なのですが、膨大な計算量が必要となります。

量も膨大で、且つ、正確性も求められることからかなりの高性能スーパーコンピュータでしかマイニング出来ない状態になっています。

この追記作業の手伝いをしてくれた人で、追記処理を成功させた人に、見返りとしてビットコインが支払われます。

つまり、マイニングへの報酬としてビットコインは支払われるという流れになっています。

この一連の流れを金の採掘に似ていることから、ビットコインの採掘(マイニング)と呼んでいます。

ビットコインの購入方法

ビットコインの入手方法

①購入

取引所でビットコインをトレードして入手する方法。

②マイニング

マイニングされていないビットコインブロックを採掘して、その報酬としてビットコインを入手する方法。

③収入

対価として、ビットコインを入手する方法

上記の方法が、ビットコインを入手する方法です。

主な取引所では、【ビットフライヤー】【コインチェック】などがあります。

投資の問題点

ビットコインの危険性

ビットコインを投機の対象と見た場合、他の金融商品と比較します。仮想通貨の市場そのものが最近、急激に拡大していることから投機の対象としては非常に魅力的な市場と言えると思います。

通貨としての安定した価値があるかというと、現状はあまりにも値動きが激しいので適しているとは言えない状況です。特に2016年の値動きは物凄かったですよね。

年初は1BTC45,000円あたりからのスタートでしたが、年末には140,000円を超えるまでになりました。

この事は、ビットコインにそれだけの価値があると認める人が多くなっているということですが、通貨としての価値は変化しすぎてかなり不安定ですね。

送金リスク

ビットコインは送金にかかる手数料が銀行よりも格段に安く、送金自体にかかる時間も銀行送金に比べればはるかに速いです。

そのうえ、送金手続きは365日24時間可能ですので、その点は銀行とは比較いならないほど便利になっています。

だからこそ、悪用される危険性もあり、管理に国や中央機関も関与していないので、盗まれることへのリスクは個人が持っておかなければいけません。

国の中には、ビットコインの取引を規制したり、禁止したりする国もあります。

それは自国の法定通貨からビットコインへの流入を防ぐ為でもありますが、あまりにも規制や禁止する国が増えてきたらビットコインに価値を感じる人々が少なくなってきて、必然的に価値減少の状態になっていくと思われます。

ウィンクルボス兄弟のETF

ウィンクルボス兄弟がNasdaqでのビットコインETF上場を諦め、BATS global Exchangeに切り替え上場を目指していた。

BATS Global Exchangeはthe Winklevoss Bitcoin Trustのような上場投資信託(ETF)を目指す企業にとってはとても人気があり、スタートアップの企業が多いのも特徴の1つです。

価格が1株ビットコインの10分の1になる見込みで、上場予定日が決定した後に市場価格から決められることになっている。

もし上場が認可されたら、世界初のビットコインETFとして公開市場で取引されるようになっていました。投資家は、直接ビットコインを購入するよりもETFに投資したほうが透明性が高く、税金対策もしやすいため一定の需要が見込める状態です。

ETF否決

上記のETF承認は却下されてしまい、3月11日にはビットコインの価格が急落しました。

一時的ではありましたが、約17%のマイナスが発生して、驚きを隠せませんでした。

現在(2017年3月18日)は1BTC 126,000円で推移しており、別のETHが1ETH4,600円まで暴騰していることからETF否決の影響が残っていると言わざるを得ません。

ビットコインの変動要因

ビットコインはこれまでも激しい値動きを繰り返してきましたが、主に中国の富裕層の影響を強く受けているという印象が強い仮想通貨だと思います。

中国はこれまでも繰り返しビットコインの規制を行っていますが、その度にビットコインの価格は変動します。

国や中央機関などに運営されているわけではないので、影響はそれほど受けないと言いながらも保有している大部分がどこかの国に集中していたら、そういったニュースは値動きの参考になると思います。

まとめ

仮想通貨と一言でいっても、数百種類もありますのでどれを保有するかもリスク管理の1つです。

ビットコインに限っていえば、今後もビットコインが拡大して普及していくかの動向を読まなければいけません。

少なからず外部環境要因も価格変動要因に含まれるので、特に中国の動きには注目が必要です。

今回のETF否決で見られた現象としては、ETHなどの他の仮想通貨へ流れることも大いにあり得ます。

皆さんも投資する場合は、以上の点をよく調べて自己責任で投資するようお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する