⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ネズミ講って何?

ビットコインがなぜねずみ講と呼ばれているの?

「ねずみ講」というのは俗称のことで、正式には「無限連鎖講(むげんれんさこう)」と呼びます。

「組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステムのことです。」と法律でも定められています。

つまり、商品の販売が目的ではなく、金品の受け渡しが目的となっています。紹介によって分配金を得、ピラミッドの頂点に位置する人が儲かり、下層部は儲からないシステムになっています。

このようなシステムが「ネズミ講」であり「無限連鎖講」です。

ただし、正確にはねずみ講でないマルチ商法やMLM(マルチレベルマーケティング)も区別なく、上層部の人が下層部の人より儲かるというシステムに注視してねずみ講とマルチ商法は全く一緒だと思い込んでいる人が多いです。

確かに似ていますが、この二つは法律的に全く違うのです。

ネズミ講とマルチ商法やMLMの違い

ネズミ講の仕組みは完全に犯罪(違法)で、マルチ商法やMLMは違法ではなく合法なのです。明確な違いはネズミ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となり、その報酬もネズミ算式にどこまでも拡大して終わりがありません。

一方、ビットコイン関連のネットワークビジネスは仮想通貨という商品を売っているので違法にはなりません。これが、大きな違いの1つですね。

法律的に違うとことは、「マルチ商法やMLM」は『連鎖販売取引』と言われていますが、ねずみ講は「無限連鎖講」とは内容も異なります。

連鎖販売取引は、「特定商取引法(特商法)の第33条」で定義される販売形態のことで、こちらに沿っている場合は「違法」にはならないのです。

ただ、基本的に「マルチ商法やMLM」は、連鎖販売取引と定義されるので、無限連鎖講である「ねずみ講」とは、法律的な扱いが違うわけですね。これが大きな違いの二つ目になります。

この2点が、ネズミ講と「マルチ商法やMLM」の主な違いになります。

ビットコインがねずみ講なのか?

ビットコインに限らず、人が設けたいと思時のやり取りにはネズミ講というものが切っても切り離せないのではないかと思ってしまいます。ですが先行して利益を抑えたいという意味では、確かに広い意味ではそういった意味合いもあるのかもしれません。ただこの記事ではネズミ講=犯罪という決めつけ方ではなく、経済活動として仕方がないという意味があるようにとらえられます。

ビットコインは色々な見解を様々な人が出しています。その中でもビットコインについて、あまりよく思っていない人の中には、ビットコインがネズミ講とまで呼んでいる人もいます。やみくもに反発するだけではなく、ビットコインとネズミ講の違いをきちんと理解しましょう。

ビットコインはねずみ講だ!

仮想通貨やビットコインのことを詳しく知らない人のほどんどはビットコインはネズミ講と断言しsています。おそらく知らない=怪しい、につながるのでしょう。何も知らずに反発するのではなく、ビットコインとネズミ講の関係を正しく理解していく必要があると思います。

ビットコインはねずみ講ではない!

中央発行機関を持たないビットコインはコインの発行はユーザー自身が行います。その内容は送金などの取引の承認作業です。

その承認作業が「採掘」(マイニング)です。採掘というのは例えば金を掘り出すようなイメージを持ちますが実際には膨大はコンピュータを使って取引の承認をすることなのです。

複雑な計算によって承認は可能となります。その労働に対する対価がビットコインだとすれば、ビットコインは、何らねずみ講とは無関係ということが考えられます。これは業務に対する報酬としてもらうものだからです。

一体にどこがねずみ講なのか。似ても似つかないのではないでしょうか。

ビットコインがネズミ講でない理由

現在ビットコインは国境がない世界共通通貨として世界中で普及しています。投機の域を超えて、多数のユーザーたちによって送金や商品の対価やビジネスに使われている効果的で利便性を認められた決済システムでもあります。

仮想通貨の基軸通貨として世界中の多くの人がビットコインを決済手段として認めている以上、ビットコインはネズミ講ではないと考えるのが自然な流れなのではないではないかと考えを持つ人もいます。

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、商品を売るための集客の方法が人づてによるものになっているビジネスというだけですがMLMを採用している

MLMを簡単に説明しますと商品の購入者を販売員として起用し、その販売員はさらに別の人を販売員として起用することができる。購入者を構成員として「多階層の販売員組織」を形成しながら、商品の販売活動を行っていくことを言います。

ビットコインの販売店ではそのMLMという販売法帆を照っているところがある。その紹介による報酬が得られるというスタイルがねずみ講とオーバーラップして、ここっを誤解されやすいとこrではないだろう。

ビットコインのことを知りつくした人がねずみ講ご行っているのではなく、ビットコインの販売会社が怪しいと思っているからビットコインねずみ講という結論に達しているように思います。

どう考えてもビットコインと名済み甲はh

振り返って考えてみるとやっぱりビットコインとねずみ講は無関係で、販売においてMLMという仕組みを採用して詳しいことを知らない人から見れば、そこにねずみ講のにおいがし、危ないという評価になるのではないかと思います。

最後の方は本当に理解し難く、聞いていても良くわからなかったのですが、ネットワーカー曰く、「ビットコインは世界的には絶対大丈夫?」なものとして扱われており、日本にはまだ情報が入ってきていないらしいです。

「ビットコインのネットワーキングビジネスは3か月前から始まったまだ新しいものなんです!」とのことでした。

まとめ

自分の中で「未来に投資したい」という思いがあるならば、しっかりビットコインのことを勉強して、今のうちに投資をしておくという選択肢を選んでいいかと思います。

以上、ビットコイン ねずみ講やネットワークビジネスが横行!?に関しての記事でした。

ビットコインは詐欺師からではなく、ビットフライヤーや簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckなどのきちんとした取引所で買えますので、良くわからないビジネスには騙されないようにしましょう。

でも理路整然と説明されたからと言って今まで持っていた感情がすっきりと「そうか。わかった」とまで意識を変えるのも難しいと思います。昔からいろいな詐欺事件もあって警戒心から脱出するのも容易ではないのがよくわかります。

それに、今も法の網を搔い潜って詐欺事件は横行しているのですから、警戒して丁度なのかもしれません

言葉が使われるため、あたかも無からコインを掘り出すかのような印象があるが、これは半分正しくて半分正しくない。何かを必死に計算し、あるものを見つけたらビットコインが手に入る、という部分は正しい。だが、それは黙々と埋蔵金を掘り起こすように行うものではない。

ビットコインは採掘という業務によって見つけることが前提条件となっています。これは言い換えればPCが行う労働としてとらえることができるはずです。この労働に対する対価というのがビットコインと考えると、ビットコインがネズミ講にはならないのではないかという考えが成り立つはずです。

 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する