⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨ビットコインはNHKやその他のテレビにも特集され日本でも少しづつ注目を浴びてきています。興味を持つ人も増えてきていますね。

世界では投資としても、経済不況に強い仮想通貨としても利便性においてもビットコインは普及の速度をはやめています。日本では現在日常的なショッピングで使うことはほとんどないですが、海外では日常的にもコンビニやタクシー他にもいろいろな分野でビットコインが評価され普及が進んでいます。

ビットコインの特徴を探ってみることにより、その魅力や注目を浴びている要因についても明らかになってくるのではないかと思います。そこから、「ビットコインは今後伸びるか」を考察していきます。

ビットコインとはどんなコイン?

ビットコインは今日本よりも海外で大きな広がりを見せています。それぞれの国の貨幣があるにも拘わらず、なぜビットコインが必要されているのでしょうか。メリットを明確にすることで伸びる要因を探ることになると思います。

ビットコインのメリット

インターネット上に存在する世界共通通貨

国が違えば使用している通貨も違います。普通はアメリカはドル、日本は円というようにそれぞれの国に法定通貨が存在しますが、ビットコインはインターネット上の世界共通通貨です。

通貨としての機能を果たすことから仮想通貨を「もの」や「サービス」ではなく「支払いの手段」「お金」として日本でも認められるようになりました。

また、世界共通通貨ですので、どこの国へ行っても両替する手数料や手間もなくスマホをかざすだけで支払いが済みます。この利便性は大きなメリットですね。

中央管理者がいない

法定通貨は政府や日本銀行のように発行主体や発行責任者が存在しますが、ビットコインはそのような中央で包括的に管理する機関が存在しません。一見不安定なようにも感じる人がいるかもしれませんが、そうではなくて管理下にないということが利点なのです。

国の事情によって自由に貨幣を増やすと貨幣の価値はさがります。従ってこれは通貨の価値が国に左右されないことを意味します。また多くの海外の国々では自国の通貨への不信感が原因で国や金融機関にコントロールされない仮想通貨ビットコインに目が向けられています。 

国の経済が危うくなってきている国ほどビットコインの必要性を強く感じて資産保全のためビットコインを購入しているケースが多いです。ここでもビットコインの必要性が求められ存在感を発揮しています。

送金手数料が安い、完了時間が速い

驚くほど送金手数料が安くて速いです。海外送金でも数円で完了時間は数分です。今までは送る側と受け取る側がそれぞれ約3000円かかかっていた取引でも数円のコストで可能になるのですよ。ビックリしない人や喜ばない人はいないでしょう。

ただ、送金の手数料は比較的安いのでそれほどのメリットは感じないかもしれませんが、それよりも24時間365日、曜日に関係なく数円の手数料で振り込みなどの送金が可能になることの方が日本ではメリットを感じますね。

今まで振り込みなどは銀行を通してしかできなかったのですが、仮想通貨ビットコインでは個人間でもたとえ国境を越えても簡単に送金が容易となっています。

データを安全に維持できる仕組み

ブロックチェーンは「取引を記録するための分散台帳管理技術」です。この技術によって改ざんや不正を防止することができます。また、すべての取引履歴が記載され公開されています。ですから極めて透明性が保たれていると言えます。

にもかかわらずの記録には個人情報は含まれず個人を特定することはできないのです。つまり透明性と匿名性を合わせもっているといえます。ここが優れていると評価されている点です。

インフレ懸念

ビットコインは発行量が2100万ビットコインと決められています。もし、国の経済事情により無限に発行されたら通貨の価値は下がりインフレになって破綻することは目に見えていますね。お金の価値が下がり紙幣も紙切れ同然になった国もあります。

しかし上限が決まっていて、現在は1500~1600万ビットコイン発行されているそうですが、この先ビットコインの優位性を多くの人々が認め需要が多くなった場合、価値は上がるしかないです。つまり将来的に見て伸びていくのではないかと考えられます。

デメリット

一方で、ビットコインにはいくつかのデメリットもあります。しかし、ほとんどがメリットの裏返しにも取れるような項目が多いことに気づきました。 

ビットコインは投機的側面があり価格の変動が激しくて危険という見方もある反面、価格変動が大きいことはトレードにより大きな利益を生みやすいという意味も含まれます。目的によってはこの点を評価する人もいます。資産の保全という観点からみると法定通貨の円の方が適していると思われます。

国家や銀行に左右されないということは、国による価値の補償がないということです。つまり、ビットコインに何が起きようと、国は補償してくれないといえます。 しかし国が関与していなければ、経済事情により通貨を発行したり、そのことで通貨の価値が下がる心配はありません。大事な資産を守ることになつとも考えられます。

銀行とは異なりビットコインには匿名性があるため、マネーロンダリングに利用される可能性を指摘する人もいますが。ただ、誰もがすべての取引記録を見ることができるということは、究極的にはお金の動きを辿っていくことができ、むしろ「限りなく透明な仕組み」だということも考えられます。これも評価としては両面性を持っていると思われます。

他にも危険が伴うために注意しなければならない点はいくつかあります。日本で「仮想通貨の取引所であるマウントゴックスが経営破綻」との事件が大々的に報じられたことはご存知の方が多いでしょう。「ビットコイン危ない!」と報じられたのですが、危ないのは取引所のことなのです。取引所の不正行為のためにたくさんの人が大事な資産をなくしてしまった例です。

「仮想通貨の取引所を登録制にして監督強化する」との法整備が今進行中です。まだ整っていないことにより必ずしも安全な状態で運営されているとは言えない取引所ですから、ビットコインなどの資産は自己管理が絶対必要です。

家からでも簡単にインターネットやスマホで送金などの取引ができますが慣れていないと、長いアドレスや細かい金額を打ち間違うことがあります。一字間違っても修正ができず目的が果たせないことがあります。それにうっかり関係のないところを触ってしまっても資産がパッとなくなってしまう危険性もあります。慎重を期すことが大事です。

ビットコインは強固なセキュリティを確保するためにのシステムを使っているので、交通事故などのアクシデントが起きた場合に困るという人もいます。本人しか知らない秘密鍵が分からなくなってしまうと、相続ができなくなってしまう可能性があるからです。これは普段からそのような事態を避けるために秘密鍵を家族に伝えておくなどの対策をとっておくことで避けられるのではないでしょうか

ビットコインが伸びる要因

クレジットカードより優位

日本ではまだまだ現金主義の人が多くてクレジットカードやその他のカードを十分うまく使いこなしているとは言えませんが、海外ではキャッシュレス化が相当に進んでいます。これは2020年の東京オリンピックを視野に入れて日本政府も訪日外国人に向けて仮想通貨も含めてキャッシュレス、IC化を促進しています。

また、店側にとっても手数料の大幅に削減にもつながるため、ビットコイン対応の店舗が増えつつあります。オリンピックまでには加速度的に対応店舗が増えることはことは予想されます。

自国の通貨不信

自国の通貨が信用できない国ではので資産をビットコインに換える人々が増えています。ドルに対する不信感から、米国でも投資家や企業のトップの人たちがこぞってビットコインを購入しています。世界では他にもたくさんの国で経済危機が起こっています。もしそれらの国のお金の向かうとことがビットコインだとすればその価値は上がるのは確実でしょうね。この点で投資とし有望と考えられます。。

政府による法整備

日本政府が2016年より仮想通貨などに対する法整備を進めています。。仮想通貨を貨幣として認定するなど、日本政府でさえ仮想通貨を無視できない段階にきています。ビットコイン人口がたくさんになってきているからこそルールが必要となります。従ってその法規制の必要性は普及していることへの証拠とも受け取れます。普及することがイコール伸びるということですね。

他にも取引所を登録制にする、仮想通貨の消費税を非課税にするなど利用者保護と普及に向けての法整備を進めています。国が認めると安心する日本人は多いです。ここで認知度が上がれば仮想通貨の利用に弾みがついて価値も上がってくるでしょうね。価値が上がることイコール伸びるということでsね。

オリンピックでビットコイン大活躍

海外から訪日外国人がたくさんやってくる2020年のオリンピックは大きなビジネスチャンスです。世界共通通貨であるビットコインをもって来日してくると予想され、日本の店舗ではすでに対応店舗は少づつ増えていますが、2017年~2020年にかけては倍増に倍増を重ねて増えてくるでしょう。当然ATMもできます。オリンピックの頃にはそのATMに長蛇の列ができるイメージが十分可能です。その頃には日常的に生活の場面でもビットコインを利用しているほど普及しているかもしれません。

需要が増えると価値は上がる

将来的にニーズのあるものは評価され価値は上がります。ビットコインは上限が2100ビットコインと決められた通貨です。価値が上がって需要が増えると、ますます上昇していきます。弾みがついて、需要と上昇が繰り返されると雪だるま式に価値が上がってくるでしょうね。本当にどこまで行くのかが楽しみですね。

 まとめ

ビットコインのメリットを考察する中で利便性や安全性など価値が上がる要因はたくさんあったと思います。現在でもビットコインの価値は上昇進行中です。短期的にはもちろん下がることも当然ですが、中長期的には間違いなく上がっていくでしょう。多くの人がそのように予想しています。

ビットコインの認知度が上がり良さを正しく認識した時、ビットコインを保有したいと思う人が増えてくるでしょう。保有したい人が増えれば増えるほどビットコインの価値は上がっていきます。

オリンピックの頃には気づけばビットコインが当たり前に使える日本になっているかもしれないと私は思います。当然それだけ普及が進むということは価値も上がっていると考えられますね。

 おそらくじわじわと少しずつ伸びてくるのではなく、インターネットや携帯電話の普及の時のように火がついたら急激な進展を見せるだろうと思います。

デメリットもありましたが、これだけ世界中の多くの人に使われ、高い評価を受けている仮想通貨ビットコインです。この先も価値を上げて伸びていく可能性が高いです。少しでも保有すると興味が全く違ってきます。今のうちに少しでも保有されてはいかがでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する