⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今現在進行中の仮想通貨プレセールといえば、『ノアコイン(NOAH COIN)』がまず真っ先に挙げられるでしょう。

これはこの新しい仮想通貨の開発・運営を担うために組織された国際的な投資機関『ノア・ファウンデーション(NOAH Foundation)』が中心となって、フィリピン社会が現在抱えている経済的な課題を解決し、今後の経済成長を支えるためにフィリピンの政財界の全面的な協力の下、官民一体となって取り組んでいる国家的な経済計画『ノア・プロジェクト(NOAH PROJECT)』で基幹通貨として使用される、イーサリアム(Ethereum)をプラットフォームとした最新の暗号通貨です。

目下その第1期のプレセールが日本とフィリピンの2か国において先行して進行中で、1月11日に始まったこの第1期分として事前に割り当てられていた予定発行額が発売後数日間で完売してしまい、急遽第4期分の予定発行残高から回してその後の注文に応じているほどの活況を呈しています。

当初2月19日までの日程で予定されていたノアコイン・プレセール第1期の販売期間は、上記の様な圧倒的な人気と共に、価格や配当率などの条件の最も有利な第1期期間の内に購入しておきたい投資家たちからの強い要望に応える形で3月19日まで1か月間延長されたということですから、その人気ぶりが伺えます。

フィリピン政府要人と財閥のバックアップ

実はこの『ノアコイン(NOAH COIN)』の開発はロドリゴ・ロア・ドゥテルテ現大統領やヤサイ外務大臣を始めとするフィリピン政界の大立者やフィリピン航空(Philippine Airlines)を始め、フィリピンを代表する企業グループを傘下に治める大財閥『LT Group』を率いるフィリピン経済界屈指の大富豪Lucio Tan氏* など、フィリピン経済界を代表する財界人達の全面的な協力と支援の下に運営されています。正にフィリピンの政財界を挙げての国家的プロジェクトなのです。

* 注)Lucio Tan   フィリピン屈指の企業群『LTグループ』の創設者であり、総帥としてグループ企業を率いる大富豪。フィリピン富裕層ランキングのTop 5 に毎年名を連ねる。経営する企業にはフィリピン航空(Philippine Airlines)、ASIA BREWERY、PNB SAVINGS BANK、DMCI HOMES LEASING SERVICESなど飲料・アルコール事業から銀行業、不動産などグループ傘下の企業群のビジネス分野は多岐にわたる。

不動産開発事業のオーナーとして、後述のノアシティ(NOAHCITY)の開発にもプロジェクト・リーダーの一人として携わっている。

この様に『ノアコイン』の開発と普及には、フィリピン政府要人と経済界の中心人物が並々ならぬ意欲とコミットメントをもって深く関わっていることが分かります。

それではなぜ、この新仮想通貨の開発・普及にフィリピンの政財界がそこまで後押ししているのか、その理由を探ってみましょう。

フィリピン経済の特徴 — OFW(海外出稼ぎ者)たち

フィリピンはアジア太平洋諸国の中では唯一、英語を公用語とする国です。そのため一般の人々は現地語であるタガログ語の他に英語を解するため、世界各国へ出かけて行って仕事を探し、得た賃金を本国の家族へ送金する「出稼ぎ労働者」がたいへん多く、フィリピンの経済の大きな特徴となっています。

その渡航先は、近隣の英語圏の国であるオーストラリアやニュージーランドのみならず、香港、シンガポール、インド、UAE をはじめヨーロッパ、北アメリカなど文字通り全世界に及び、その数は年間300万人に達すると言われています。

このようなフィリピンの海外出稼ぎ労働者は Overseas Filipino Workers (OFW) と呼ばれ、フィリピン経済の一端を担う大きな経済基盤であり特徴となっています。

OFWたちが毎年海外で働いて賃金として得る外貨は毎年およそ約2兆5,100億円(フィリピン中央銀行による2013年度試算)にも及びます。これはフィリピンのGDPの約10%に相当する膨大な金額です。

それだけの多額の外貨を大勢のフィリピン人労働者たちが海外で稼ぎ出し、そして得たお金をフィリピン国内の家族に送金しているのです。またその送金額は、毎年1,500億円ずつ増加しているとも言われています。

フィリピン経済の足かせ — 多額の送金手数料

フィリピンの海外労働者OFW達によるフィリピンへの「送金」のために、毎年膨大な額の「海外送金手数料」が支払われています。銀行振込みによる海外送金のための手数料だけでなく、銀行以外の「海外送金サービス」が使われることも多いため、その手数料割合も高くなっています。

これはフィリピン国民の間での銀行口座保有率が約30%と、未だに大変低いことが原因となっています。その結果OFWたちの多くは国の家族への送金に銀行よりも手数料の高い「海外送金サービス」業者を利用することになります。

例えば『「ウェスタンユニオン」のような送金サービスを利用すると手数料として送金額の約10~12%がかかってしまいます。毎年3兆円にのぼるOFWによる海外からの送金のうち、およそ3,500億円にも及ぶ膨大な金額がフィリピン国内へ流入することなく、送金手数料として海外の銀行や送金サービス機関の手に落ちてしまっているのです。

OFWたちが海外で仕事をして得た貴重な外貨を、高額の送金手数料によって大きく目減りさせることなく丸々フィリピン国内へ送金できるようにと考えだされたのが、仮想通貨を使っての際に海外金融機関の手に落ちてしまう送金手数料をなくし、丸々フィリピン国内に回収するために考え出されたのが、送金を「暗号通貨」で行い、その「暗号通貨」自体も新たに創りだして普及させようという計画です。

こうして、フィリピンの社会経済的な特徴とも言えるOFW達による海外からの送金時の莫大な損失を無くしてフィリピンに還流するようにして労働者の手元に残るお金を保全しフィリピン経済全体がより潤うようにしようと、フィリピン政府及び財界人の支援で立ち上げられた機関が、冒頭でご紹介した『ノア財団』です。

ノア財団の目的はノアコインの開発・普及だけではありません。むしろ、ノアコインの開発は「目的」というよりは「手段」であるということができます。

本当の目的は、上述の様に現在のフィリピン経済が直面しているある意味での「無駄」を無くして、フィリピン国民の実質的な収入を確保し、フィリピン社会全体としてもフィリピン国民が海外で稼いだ外貨を余すところなく国内へ確保することによって大きな増収とするところにあります。こうしてフィリピン社会全体の経済を活性化し、経済成長へと導く大きなビジョンを実現しようとしているのです。

ノア財団が主導し、フィリピン政財界がパックアップする経済振興策の全体構想はその名をとって『ノア・プロジェクト(NOAH PROJECT)』と呼ばれています。今現在進行中のノアコインのプレセールも、このノア・プロジェクト実現のための最初のスキームのうちの一つです。

新市街の開発とノアコインの流通基盤

ノア・プロジェクトの最大の特長の一つは、単にノアコインという新・仮想通貨を創出するだけではなく、その新仮想通貨を「地域通貨」として、ある市域全体で使用させようという壮大な計画とセットになっているという点です。

この「市域」というのは、マニラ郊外に広がっているおよそ40ヘクタールの広大な土地に建設が予定されている『ノアシティ』を指しています。

今はフィリピン航空の土地となっているこの場所にショッピングモールやエンターテインメント施設、ホテルやカジノを始めオフィスビルと高級レジデンスをもつ新市街を開発し、そこで使われるお金を『ノアコイン』に限定することによってこの新仮想通貨の流通基盤を整えようという、正に国家レベルの経済振興策がいま正に進められているのです。

この様に『ノアコイン』の開発には、たいへん明確な「目的」と流通・普及を促進するための社会的基盤の開発と整備という「手段」がしっかりと組み込まれ、フィリピンという国の政府と財界が「経済発展」という大きな目標のもとに結束して取り組んでいるという背景があります。その第一歩として、資金調達のためのプレセールが今現在この日本で成功裏の内に進行中というチャンスを、あなたもぜひ掴んでください。

≪参考:プレセール開催予定と発行価額≫

*期間

[第1期] 2017年1月11日~3月19日  日本/フィリピン

[第2期] 2017年4月 3日~5月28日    日本/フィリピン

[第3期] 2017年7月24日~10月1日 上記+中国/韓国/台湾他アジア各国

[第4期] 12月1日~2018年4月30日 全世界各国

[公  開] 2018年6月12日(フィリピン独立記念日) 全世界各国

*発行予定価額

総発行価額 2,160億NOAH

プレセール   432億NOAH

公開後発行 1,728億NOAH

[第1期]  23.11億NOAH   発行価額 $1.00

[第2期]  55.85億NOAH                 $1.14

[第3期] 111.88億NOAH                $1.18

[第4期] 241.16億NOAH                $1.22

*四期合計   432億NOAH

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する