⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

日本ではそれほど仮想通貨ビットコインの認知度は高くはありませんが、海外では大変普及していると言われています。今は順調に進んでいるビットコインですが、値動きは一般的には激しいと言われています。

そのような仮想通貨ビットコインに、2020年の東京オリンピックが与える影響はあるのでしょうか。国をあげて目指すオリンピックと仮想通貨ビットコインとはどれほどの関係があるのでしょうか。

オリンピックに向けて日本が仮想通貨に対して、どのようなとらえ方をして、どう変わっていくのか。ビットコイン決済とクレジット決済の比較などを取り入れながらビットコインの価値の動向を考察していきたいと思います。

ビットコインとは

日本なら円、アメリカならドルというそれぞれの国の貨幣があるにも拘わらず、なぜビットコインが必要されているのでしょうか。それは自国の通貨への不信感が原因と考えられます。国や金融機関にコントロールされる金融取引に限界をを感じている人が多いからです。

キャッシュレス時代と言われいますが、ビットコインとクレジットカードやデビットカードなどとは一見似ているようですが、両者は全く違います。クレジットカードなどは元を正せば、国が発行した円であるという点です。

ビットコインはどこの国の管理下にもなく、世界中で通貨として認められている世界共通通貨です。しかも、国や金融機関の仲介が必要ないため、手数料が格段に安く済みます。

日本よりも海外で価値が認められ普及が進んでいるビットコインですが、訪日したときの多くの外国人が決済ツールとして現金、電子マネー、ビットコインのどれを選ぶと思いますか。ただし、現金はあり得ません。

海外の人はほとんど現金を持ちません。「日本はハイテク化の進んだ国だから、何もかもが進んでいてキャッシュレス化も進んでいる」と思われていましたが、現金主義と聞いて嘲笑したそうです。クレジットカードを使わない日本人にまたまた驚いたそうです。

このように考えると訪日外国人は大量のビットコインをもって日本へ来るのではないかと考えられます。

オリンピックに向けて相場は上がる?

オリンピックに向けて海外から大量にやってくる人達が一番使いやすい決済手段は世界共通通貨であるビットコインではないだろうか。その仮定のもとにその理由を考察してみます。

 ターゲットはインバウンド

東京オリンピックに向けて東京ではすでにインバウンドを狙って、ビットコイン決済を可能にするための導入準備をしています。

インバウンドとは「入ってくる」「到着する」という意味で、例えば旅行業界においては「訪日外国人旅行」です。インバウンド市場と呼ぶ人もいれば、訪日外国人旅行市場、訪日外客市場、訪日外国人観光客市場などという呼ばれ方もあります。

東京オリンピックが近づくにつれて観光客は増えることは間違いないと予想する人が多く、これから訪日外国人をターゲットにビジネスを始める人も少なくないです。

対外国人相手にどのようなサービスが提供できるかがビジネスのカギになってくるのではないでしょうか。そこで、あらゆる決済手段を用意しておくことが大事と考えられています。オリンピックはまたとないビジネスチャンスとなるからです。

日本ではクレジットカードの占有率は高く、一人に何枚も持っている人もいます。海外ではクレジットカードを持っていない人が非常に多いです。そんな海外の人にとってビットコインでの決済が喜ばれるのは想像がつきますね。それに、そういう人たちは日本に来る前にビットコインで決済できる店舗を調べてくると思います。

その時にビットコイン決済不可であれば、結果的に客をキャッチできなくなります。そう考える時誰もがビットコイン決済を導入する方向で今から余裕をもって準備するでしょうね。

ビットコイン決済店増える

将来的にはオリンピックを見据えていますが、今もビットコイン決済が可能なところが増えています。ビットコイン対応店舗数は2016年で4.5倍増加し、2017年は20000店舗を目標としていますが、2018年~2020年の3年間は毎年倍増また倍増と増えてくるのではないでしょうか。ビジネスチャンスを逃したくないですものね。

ビットコインが使えるお店〈ビットコイン決済対応店舗〉Bitcoin日本語情報サイトで調べることができます。また世界中のビットコイン決済可能な店舗も検索できます。

政府が後押し

2016年の5月には仮想通貨に対する法案が可決しました、ビットコインの認知度が広まり、国が仮想通貨を貨幣であると認めざるを得なくなってきています、4年後(2020年)には仮想通貨に対する法が整備され、一般的な認知度も随分広がるのではないでしょうか。

認知度が広まれば、利用者も必ず増えます。ビットコインの利用者が増えれば相場が上がるのは必然的ですね。

既に国が仮想通貨を貨幣として認定し、仮想通貨が「貨幣の機能」を持つとともに公的な決済手段に利用できると位置づけましたが、さらに利用者保護のために仮想通貨の取引所を登録制にして監督強化するなど普及に向けて法整備を進めています。

それに加えて仮想通貨の消費税が非課税との決定によって仮想通貨の利用に弾みがつきそうであると見られています。

国は「キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上、利用拡大などの普及に積極駅に取り組んでいます。このため、訪日外国人の増加を見据えた海外発行クレジットカード等の利便性向上策、クレジットカード等を消費者が安全利用できる環境の整備及び公的分野での電子納付等の普及をはじめとした電子決済利用拡大等について、関係省庁において年内に対応策を取りまとめる。」としています。

このような国の政策が人々にとって一番影響力がありインパクトがあると思います。ですから国が後押ししてくれているようなものですでとても心強いですね。

ビットコインの優位性

クレジットカードより優位

ビットコインはクレジットカードと比較して基本利用料は無料で、決済手数料は1%。もちろんクレジットカードよりも手数料は安いです。

現金を持たない外国人に対して、ビットコイン決済は喜んでもらえることは間違いありませんし、決済手数料がクレジットカードの1315になるということは店側にとっても大きなメリットです。

クレジットカードは実際に入金されるまでブランクがありますが、ビットコインはほぼリアルタイム入金で価格変動のリスクもありません

リスクがなくメリットが多いビットコイン決済ですから、当然、訪日外国人向けにビットコイン決済に対応しない店はないでしょうね。

こうして、日本にも訪日外国人にとってもメリットは大きいのですから、オリンピック頃には、気が付けばビットコインが当たり前に使える日本になってるかもしれません。

キャッシュレス化進む

日本国内でも、ビットコインにより支払い可能なお店や、ビットコインを取り扱っているATMが出ています。ただし、まだ100か所程度ですから、まだまだ発展途上と言えます。。

欧米では現金払いする人はどんどん居なくなっています。外国人を日本に呼ぶためにはキャッシュレス化の推進は必要なことです。

2020年の東京オリンピック時の訪日外国人に向けて日本政府がキャッシュレス、IC化を促進しています。このように、訪日外国人によるビットコインなど仮想通貨の利用機会増加への対応に向け、今後は拡大していく可能性はあります

上がる理由、ずばり予想?

東京オリンピックでは海外観光客が一気に増えます。想像できないくらいたくさんの人で溢れるでしょう。例えば、選手村の近辺のたくさんのビットコインATMに長蛇の列を作るでしょう。周辺の飲食店などはビットコインでの支払いが当たり前になり、海外観光客で溢れビットコインでの支払いが当たり前になると予想されます。

現時点では、まだ少ないビットコインが使える店舗ですが、今後はどんどん増えていくことは間違いないと思います。

店舗だけではありません、世界中のネットショッピングがビットコイン決済を導入することは間違いありません。クレジットカード決済で非常に高い手数料を必要とされていましたがネットショッピング運営者たちから見れば手数料という大きな損失を回避できるのですから、間違いなくビットコイン決済を導入するでしょう。

あらゆるネットショッピングがビットコイン決済を導入すれば、相場はグッと上がることが予想されるのではないでしょうか。

外国人旅行客が増え、「ビットコインは使えないのか?]と質問する人も多いそうです。これはクレジットカードに変わる決済ツールになっているということですね。

将来的にニーズがあるものは買われ、そして価格が上がります。基本的にこの認識を持つことは重要です。 

ますます仮想通貨が生活の場面で利用できるイメージが鮮明になってきたように思います。

まとめ

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問の野口悠紀雄氏は「2020年の東京オリンピックで、東京に来た外国人がビットコインを使えないと知ったら、日本はなんて後進国なのか、と思われる」と述べて、2020年までに一部の人だけでなく、ビットコインを一般の人でも使えるシステムに整備しないと日本は世界から取り残されると懸念しています。

若し日本としてビットコインの導入がスムーズにいかなかったとすれば、日本はオリンピックという大きなビジネスチャンスを逃すことになります。

日本はアジアの中では経済的にはパイオニア的存在と見られているのですが、残念ながら仮想通貨界ではまだまだ発展途上と評価されています。もしこれから何もしなければ本当にその烙印を押されてしまうことになります。まずまずそんなことはあり得ないと信じていますが、、、。

国が法整備を整えて仮想通貨に対して太鼓判を押せば、信じられない程、急激に仮想通貨が普及すると思います。

オリンピックの頃には、気付けばビットコインが当たり前に使える日本になってるかもしれないと私は思います。当然それだけ普及が進むということは価値も上がっていると考えられますね。

専門家の見解をまとめてみると、かなり楽観的に受け止め、ビットコインのさらなる値上がりを予想する声が圧倒的に多いです。その中で最も強気な予想は、「香港のブロックチェーン・スタートアップ、ANXインターナショナルのケン・ローCEOによる、3万5000ドル(約409万円)という」です。これは希望的観測だという人もいます。

いろいろなプラス材料を述べてきましたが、2020年に向けてはオリンピック効果で上昇を続けるのではないかというのが結論ですね。もっといろいろと調べてみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する