⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆さん仮想通貨にはどのようなイメージをもっていますか。多分、これを見ている人のほとんどが知識量こそ異なるものの、仮想通貨を信用しているため「危険だけど自分で気を付けていけば大丈夫。」もしくは「上手くいけば億万長者だ。」とプラス側の思考に偏っている方が多いでしょう。

そしてそれは何も悪いことではありません。私はむしろそういった肯定的な考え方のほうが成功するとすら思っています。

でも、知らない人はそうではありません。根拠として無知である私の友人も「仮想通貨なんて全て偽物だ」とばっさり切り捨てていました。

しかしそれはとてももったいないことなんです。ですから今回は信用ならない方のためにも『はじまりの仮想通貨』とうたわれるビットコインについて詳しく説明していきたいと思います。

これで少しでも多くの方に「仮想通貨の全てが偽物なわけではない」ということをわかっていただけたら幸いです(#^^#)

広がる仮想通貨

物事を知るにはまず、その根源を知る必要があるといわれています。知らなければ推測や知識の活用ができないからです。なのでビットコインを知るためにも根源である仮想通貨について知っていきましょう。

仮想通貨=電子マネー?

これは言わずもがなNOです。確かに一見すると同じインターネット上に存在する電子的な通貨であるため、勘違いする気持ちもわからなくはありません。

でもこれらも決してイコールで繋がってるというわけではないので、当然違いはいくつかあります。

違いは以下の通りです↓

暗号通貨から法定通貨に換金が可能

今回、紹介対象であるビットコインがいい例ですね。取引所にてドルから円などのやり取りをしています。

つまり電子マネーの場合と仮想通貨(ビットコイン)の場合に分けて説明すると…

<電子マネーの場合>

国で使われている紙幣(日本でいう円のこと)を電子マネーにチャージ

チャージした金額内で購入が可能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<仮想通貨(ビットコイン)の場合>

仮想通貨であるビットコインを持つ

別の国であっても変換してくれるため、対応する店舗ならば世界中で自分が所有している範囲内の購入が可能

まとめてしまうとビットコインは国境がないため「世界中で使用可能」電子マネーはその国の法定通貨でなくてはならないため「国内で使用可能」ということです。

そして一方で類似点は所有している範囲内でしか購入できないということですね。

特定の場所に固定されていない

仮想通貨は独自で作ることも可能なので価値として保証できるものがありません。だから通貨としてはいまだに認められてないものが多く、あらゆる仮想通貨のほとんどが銀行や国家など特定の場所に依存していないのが現状です。

因みにビットコインは通貨であると閣議決定により認められ、仮想通貨法の制定も2016年5月に可決されました。

施行は1年以内の予定だったので本当に近いうちに施行されることが予測できますね!!

暗号化などの技術で守られている

先ほど私は仮想通貨を『価値として保証できるものがなく、依存していない』と言いました。では、一体何がそれらを証明しているのでしょうか。

その答えはシステム技術による信頼性です。仮想通貨はそれによって補われています。

今回もまたビットコインを例にして考えてみましょう。

<ビットコインに導入されるシステム技術>

1.ブロックチェーン技術

2.P2P分散化技術

3.ブルーフオブワークシステム

はい。1つ1つの説明は長くなってしまうため省きますが、基本的にこの3つを抑えとけば大丈夫だと思います。

はじまりの仮想通貨ビットコイン

ビットコインの始まりとその目的

ビットコインの始まりは2008年。謎の人物が匿名で発表した論文の内容とそれに興味を持ったエンジニアたちによって開発されました。

匿名希望の理由は、名前を出して誰か特定されてしまわないようにするためだったと私は考えています。銀行などにとって仮想通貨の誕生はそれほどまでに脅威だったんです。

そしてもし、これが全て意図的に行われたものならば…なんて考えたくもないですよね。ビットコインを考え出してしまった人も、作ってしまった人も羨ましいくらい天才ですよほんと。

まぁここまでビットコインが世界中に広まることさえ見越してこの人物が匿名を希望したのかは謎ですが…汗

ビットコインを誕生させた目的

ビットコインを制作した目的は勿論、経営者を困らせることではありません。

国から独立した通貨を作り、世界中で使用可能にすることでした。

法定通貨は国の財政に影響されるため、すぐに価値を失ったりします。基本景気は変動するものなので好景気が続きインフレ(好景気のまま上がり続ける現象)なんてめったに起こったりません。

つまり価値が変化するものなんて信用できない。だったら国が認めていなくとも安全性の高いシステム技術で信頼されるような世界の通貨を作ってしまおう、という根端です。

日本では今や名の知れた大企業から中小企業まで使用しているところがあるので、結果的にこの考えは成功していることがわかります。

ビットコインのメリットと課題

直接的な送金が可能

皆さんは一般に使用されている通貨が銀行などを経由して支払いされていることを常識として知っていますよね。

しかしビットコインは違います。

ビットコインの場合個人間で直接支払うことが可能なんです。例えるならばそう、現金などを直接会って相手に支払う感覚と同じ。

手数料が格安、もしくは無料

仮想通貨の説明でもいいました通り、大半の仮想通貨は特定の場所に固定されていません。どの企業、銀行にも依存していないのです。

そのため手数料はかからないことは何となく想像がつきますよね。これは今までの概念を覆した決済方法であるのでビットコインの最大のメリットといえるでしょう。

制限の存在がない

簡単にいってしまえば自由にお金の流通を行えるということです。銀行を使用した暁には煩わしいような手続きなどがたくさんありますから、制限の存在がないというのは非常に便利でいいメリットに思えます。

ビットコインの課題

メリットを最大限に活かせていない

まずビットコインのメリットは『直接送金可能』『手数料無料、格安』『制限なし』の3点でした。ですがこれらを最大限に活かすには、それを行う人間、そして導入する企業の2つが必須条件です。

どちらが足りないかわかりますか。

そう、導入する企業がまだ足りません。ビットコインが製作されてからはや9年ほどたち、導入している企業が増加しているのは目に見えてわかります。

しかし、更に良いビットコインを作り出すには、メリットを最大限に活かすには、もっと導入する企業が必要なんです。

ビットコイン同士でしか決済できない

世界中で使用可能といっても円が円でしか決済できず、ドルもドルでしか決済できないようにビットコインも双方がビットコインでなければ使用できません。

これもまた導入する企業が必要がということに繋がりますよね。なにせ通じる相手同士でなければ決済できないのですから。

まとめ

ビットコインはもう価値が上がるところまで上がってきています。だからこれからさらに伸びることがあるのか、といわれれば正直謎です。

でもそれは裏を返せば本物であることの証明にもなります。これから購入していくかはあなた次第ですが、初心者からしたら最も安全で手を出しやすいのはいうまでもなくビットコインなのでしょう。

最後に、ビットコインは仮想通貨の中で1番主流な仮想通貨なので情報もたくさんあります。この情報以外からも引き出して自分自身で決めていくことが重要ですよ。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する