⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインで本当に儲かるのかどうかは一番知りたい話題ではないでしょうか。現在はかなり順調に価値を上げているビットコインですが「先はどうなるのか」「どんなメリットあるのか」など不安に思っている方も多いかもせれません。

意外と知られていないのですが、日本でも結構な広がりをみせています。「仮想通貨ビットコインがどれだけの普及しつつあるのか」「仮想通貨ビットコインって儲かるのか」などの話題で考察していきたいと思います。

仮想通貨ビットコインとは?

暗号通貨(仮想通貨)はこんなに便利。暗号通貨を使うことのメリットを簡単にまとめてみました。

国境がない(世界中で使える)

国が違えば、使用している法定通貨も違います。普通はアメリカはドル、日本は円というようにそれぞれの国に法定通貨が存在しますが、ビットコインはインターネット上の世界共通通貨です。世界共通なのでどこでも簡単に使えます。この利便性がメリットです。

個人間でかんたんに「直接」送金ができる

今までは振り込みなどは銀行を通してしかできなかったのですが、ビットコインならスマホを使えば家にいて、たとえ国境を越えても簡単に個人間で送金ができます。

日本の銀行では時間外であれば自分のお金を出金するのでさえ手数料がかかりますが、ビットコインなら時間や曜日に関係なく、24時間365日決済が可能なのです。

送金スピードが速く、手数料が安い

国内の送金よりも顕著なのが海外送金の場合のありがたさです。銀行などを利用した海外送金の場合は多額の手数料がかかってしまいます。10万円で約3000円位です。しかも送金した側も受け取った側も両方で手数料が必要となります。でもビットコインなら少ない手数料で数分で完了します。ビットコインは絶対お得なのは明らかですね。そう考えると送金手数料の安さと完了時間の速さは大きなメリットですね

 手数料が大きな収入源になっている日本の銀行にとっては脅威でしょうね。でも利用する私たちにとってはとても大きなメリットと言えますね。

送金ではないですが、両替手数料も馬鹿にはなりません。2020年海外から沢山来日してくるオリンピックを想定したとき、それぞれ自国の通貨をもってきた外国人は日本で使うために円に換え、帰る時には残ったお金をまた自国の通貨に交換しなければなりません。当然その度毎に手数料が必要です。その手間も面倒と言えます。

その点ビットコインであればそんな無駄なお金と時間はいらなくて、しかもスマホひとつでキャッシュレスで決済できるのですからどれだけ喜ばれることでしょう。その頃までには仮想通貨ビットコインがもう少しは日本人に浸透しているのではないかと思います。 

中央管理機関が存在しない

ビットコインの世界は従来の法定通貨のように中央機関に依存していません。政府や中央銀行が仮想通貨を発行しているわけではないのです。つまり、ビットコインを包括的にコントロールできる権力はなく、政府や銀行によって資金が脅かされることはありません。これは、中央機関に縛られない自由な通貨だからです。

ビットコインは銀行を介さず自分で保有管理し、取引を行うことができます。銀行という管理機関がなくてもその代わりにビットコインはコンピュータのネットワークに参加している者全員で通貨を管理する仕組みになっています。

発行主体がないということは、国の事情によって通貨を発行したりはできないので価値を変動されてしまうことはありません。世界共通の通貨なのでどこの国でも同じ価値で利用することができます。 

自国の通貨が信用できない場合に、ビットコインが代わりとして普及することも大いにあります。

儲かると考えられる理由は?

今現在、仮想通貨が全世界や日本国内でどれだけ広まっているかご存知ですか?

意外と知られていないかもしれませんがこんなに広まっています。

必要とする人が多い

仮想通貨ビットコインは日本では認知度も高いとは言えないですが、海外では世界中に普及が進んでいます。世界ではあらゆる分野でビットコイン決済を必要とされています。少し例をあげてみます。

英国のカンブリア大学で学費の納付。マレーシアやアメリカのニューヨークではタクシー料金を。アメリカケンタッキー州の警察長がお給料の支払いに。ドイツのエネルギー会社が公共料金の支払いを可能に。カリフォルニア州では不動産取引の支払いに。ニューヨークでは駐車違反の罰金の支払いに。インドネシアのバリ島の旅行会社の代金の支払いに。アメリカ赤十字社が寄付の受付を開始するなど、これはほんの一部です。

また、世界のコンビニでは台湾のコンビニ、メキシコのセブンイレブン全店、インドネシアのセブンイレブンが10000店舗以上なぞです。

また、誰もが耳にしたことのある世界的に有名な大手企業がその可能性と利便性を研究し導入を決定しています。

WorldPress(世界最大のホームページ作成企業)Expedia(世界最大の旅行予約企業)DELL(世界最大のパソコン販売企業)Ebay (世界最大のオークション運営企業)などです。

あげればきりがないほどですが、これだけ話題になり広がりを見せているということは世界中のたくさんの人が将来性に期待していることの表れだと思います。

意外!国内の広がり

普通に生活しているだけではなかなか気が付きませんが、ビットコインは現在、日本国内だけでもかなりの普及が進んでいます。

日本では公共料金をビットコインで支払える初の電力会社が出現したことが大きな話題になりました。大手の企業ではありません。この動きによって公共料金のビットコイン支払いへの対応はどんどん加速していくと考えられています。

去年から今年にかけて日本でも、いろいろな店舗や飲食店がビットコインの使用が可能になっています。インターネットショッピングなどの業界の参入も相次いでいます。対応店舗数は2016年で4.5倍増え、2017年の目標は20000店舗らしいです。

ビットコインが一気に流通量を増やしたことで大手企業が参入しています。現在では「Apple」「MicroSoft」「楽天」など、世界や日本を代表するような企業がすでにビットコイン決済に対応しています。なんと、ビットコイン決済対応企業はすでに1000社を超えています。

ごく最近の企業の動きとしては2016年3月、「DMM.com」がビットコイン決済の受付を開始しました。また、「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」この3大メガバンクがフィンテックに着手し始めました

普通に生活しているだけではなかなか気が付きませんが、ビットコインは現在、日本国内だけでもかなりの普及をみせているのですよ。

アフリカでは必需品

アフリカのような発展途上国ではビットコインの利便性を追求することは同じですが少し目的が違ってきます。多くの人が銀行の口座を持っていません。日本のように銀行やATMがすぐ近くにあるわけでもなく、送金などの手段としては「低コストで国際送金を行いたい」というニーズを満たすべくビットコインの優位性が注目されています。

ここではスマホの占有率が高いです。ですから、銀行サービスの必要性よりもそれを超えてスマホのウォレットを作成の方が普及しています。もしかして、日本のように銀行口座の普及が進んでいる国々よりも先にビットコインの定着が進む可能性ななくはないです。

アフリカではビットコインの利用が急激に進んでいて、ビットコインが生活に必須のものとなりつつあるようです。

発行枚数が決まっている=価値が上がる

ビットコインは発行数の上限が決まっています。しかし、法定通貨は国の経済が悪くなると、新しい通貨を発行できます。ビットコインは発行数を2100万ビットコインと決められていますのでインフレ懸念は低く、ビットコインの価値が下がり続ける心配は少ないと言えます。しかも計画的に新規に発行されています。

ベネズエラのハイパーインフレーションなど、国の経済が破綻したとき信用が大きく揺らぎ貨幣の価値は下がりました。この国では自国の通貨よりもビットコインを安全な通貨として評価され現実にビットコインに両替されています。

経済の混乱や先行きの不透明さはビットコインにとってはプラス材料となっています。日本は借金大国であるにもかかわらず円を信じている人が多いのでこの国のような深刻さはないようです。しかし、いつ同じようなことになるかわからないですので資産のリスク分散をしている人も多いですね。このような自国の経済状況に左右されないの安心感が仮想通貨ビットコインのメリットと言えるでしょう。

このことから、考えられるのは、ビットコインはもともと希少性がある通貨だということです。すでにビットコインは、発行数は1500万枚~1600万枚は発行済です。残りが少なくなってくると今まで以上に希少価値が上がり、ビットコイン自体の相場が上昇トレンドに向かう要因となり相場も上昇していくことがが予測されています。

自国の通貨を信用できない

ビットコインを初めとする暗号通貨(仮想通貨)はなぜこんなにも世の中に普及していってるのでしょうか?

ひとつには自国の通貨を信用していない人(アルゼンチンや、キプロスなど)が、ビットコインに目が向いてしまうのですね。

米国ではドルに対する不信感から、お金持ちであるはずの投資家やITベンチャーのトップらが、こぞってビットコインなどの仮想通貨を買っています。

日本の円では、まだ考えにくいことですが、自国の通貨に信頼できない国は欧米諸国でも増えています。それらのお金が向かうところがビットコインだとすると、その価値はまた高騰を続けるのは確実でしょう。投資先としては有望と言えるでしょう。

日本政府(法整備)が後押し

日本では2014年2月28日に仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」が経営破綻するという事件がありました。これは日本での仮想通貨に対するイメージをどん底につき落としました。「仮想通貨=信頼性に欠ける」との疑惑が日本中に広がりました。しかし、世界での利用者も増えその後は安定した上昇ムードです。今は日本政府も法制を整え、利用者保護と普及の両立をめざす構えで法整備が進んでいます。

仮想通貨法によりビットコインは貨幣として認定されました。法規制を始めるということは日本政府でさえ仮想通貨を無視できない段階にきているという意味の表れなのです。法規制というルールを必要とされるのもっ普及が進んでいる証拠なのです。ビットコインは今からが期待できます。

投資としての参入者が増える

ビットコインといえば、いまはやはり中国マネーの動きが見逃せません。ビットコインは投機マネーが流入しやすいという面があり、中国もビットコイン投機が盛んです。世界有数の取引所もたくさんあります。最近では米国の資産家や企業なども盛んにビットコインに投資しているようです。

世界中で投資が盛んであるということは多くの人がビットコインの将来性をかっているわけです。その流れはもはや変えられない状況にあると考えられます。

変動は儲けのチャンス

日本でも。日常的な利用よりも、。今の段階ではほとんどが投機の目的で持っている人も多いです。。

ビットコインは投機に適しています。価値が常に変動しますので、その上下で儲けを得ることができます。また、現在では仮想通貨への注目が高まっていることから、より高騰する可能性があります。

ビットコインがなぜ投機の手段として魅力的なのかと言えば、ズバリ変動率の大きさです。ビットコインなどの仮想通貨は、政府管理下の通貨ではありませんから、どうしてもボラタリティが高くなり常に価値が変動します。変動率が大きいほど瞬時に莫大な利益を上げることができるので投機目的の人からは絶好のチャンスともみられるのです。

このように価値が常に変動しますので、その上下する中でタイミングを狙って売り買いをすると儲けを得ることができます。しかし、グットタイミングをキャッチするのはそう簡単ではないかもしれません。

2016年の初め頃の予想では1年で1ビットコインが10万円近くまでは高騰すると囁かれていましたが的中しています。今予想されているのは2017年には2000ドル、日本円にして最近のレートで換算すれば22万万円~23万円くらいです。その予想を信じたとすれば今13万円~14万円ですから、今買っておけば儲かるのではないでしょうか。

現在でもビットコインの価値の上昇は進行形です。短期的に考えると下がって損をすることもあるでしょうが、中長期的には金額の大小はあるにしても儲かることは間違いないと思いませんか。

「上がる」とたくさんの人が予想をしていますが、先のことは誰にもわかりません。売り買いのタイミングの判断によっては大きな損失を被ることも可能性は大ですので、あくまでも自己判断、自己責任で慎重に進めてください。

まとめ

広がり続ける暗号通貨(仮想通貨) の爆発的普及はすぐそこかもしれません。なぜかと言えば、前例があるからです。インターネットや携帯電話の普及時も最初はさざ波のように遅々として進みませんでした。

しかし火がつくと急激な普及が進み携帯電話では今や100%以上の所持率となっています。仮想通貨も同じ道筋を辿るのではないでしょうか。誰もが当たり前のようにこの仮想通貨ビットコインを持ち始めるのではないかと思っています。

投機としてのビットコインの評価はいかがでしたか。これだけの上昇の材料がそろっていれば、ビットコイン大丈夫でしょう。ならば保有して儲かる率も高いのではないかと思います。少しはもって見ると興味も倍増しますよ。是非仮想通貨ライフを楽しんでいただきたいと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する